お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローに再登録トリガーを追加する

更新日時 2020年 11月 9日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional

既定で、レコードは、ワークフローの登録トリガーの条件を初めて満たしたとき、または手動で登録されたときのみワークフローに登録されます。レコードがワークフローに再登録されるようにするには、再登録トリガーを使用します。

再登録トリガーの動作

再登録トリガーをセットアップする際は、次のことを認識することが重要です。
  • 再登録が有効になっている場合、手動再登録によってか、または少なくとも1つの選択した再登録トリガーに合致するかのいずれかによって、レコードをワークフローに再登録することができます。
  • 再登録トリガーを満たすレコードは、再登録時にワークフローの初期登録トリガーも満たしている場合にのみ登録されます。
  • 手動で再登録するレコードについては、登録する初期登録トリガーを満たしている必要はありません。
  • すでに登録されているレコードが、ワークフローに再登録されることはありません。
  • プロパティーフィルターis knownを再登録に使用している場合は、次の2つの方法でレコードを再登録できます。
    • プロパティーに値が設定されていなければ、値が設定されます。
    • プロパティーがある値から別の値に更新されます。たとえば、リードからサブスクライバーへのコンタクトのライフサイクルステージの変更は、ライフサイクルステージが既知の場合に受け入れられます。このコンタクトのライフサイクルステージが更新されるたびに、それらがワークフローに再登録されます。
  • レコードは、再登録トリガーに合わせて更新されるたびに再登録されます。たとえば、再登録トリガーがリストメンバーシップに基づいている場合、リストに参加するとコンタクトが再登録されます。コンタクトがリストに残る場合、ワークフローを完了するたびに再登録されるということはありません。コンタクトがリストから外れた場合、そのリストに再び参加したときにワークフローに再登録されます。 
  • レコードがワークフローに再登録されると、再びすべてのワークフローアクション(自動配信Eメールの受信など)を完了することとなります。
  • 登録トリガーは日付または数値で絞り込むことができますが、再登録には適用されません。例:
    • 日付:ワークフローに、「コンタクトは2019年1月1日から2019年2月1日までのホームページ上の送信フォームを記入しました」という登録トリガーが含まれています。再登録では、日付範囲は考慮されません。代わりに、コンタクトは、フォームが日付範囲外にある場合でも、そのフォームを送信したときはいつでも再登録されます。
    • 数値:ワークフローに、「コンタクトは、なんらかのページでなんらかのフォームを過去に最大5回記入しました」という登録トリガーが含まれています。コンタクトがフォームを記入した回数が再登録では考慮されません。代わりに、コンタクトは、フォームを送信したときにいつでも再登録されます。
  • すべての登録トリガーが再登録に使用されるわけではありません。利用可能な再登録トリガーの詳細を確認してください。

コンタクトベースのワークフローに再登録トリガーを追加する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • コンタクトベースのワークフローの名前をクリックします。
  • [コンタクト登録トリガー]ボックスをクリックします。

contact-enrollment-trigger-box-select

  • 右側のパネルで、[再登録]タブをクリックします。
  • [以下のいずれかが発生した場合に、登録トリガーの条件を満たすコンタクトの再登録を許可する]チェックボックスを選択してオンにします。
  • 再登録に使用するトリガーを選択します。再登録に使用可能なトリガーの詳細を確認してください。
  • [完了]をクリックします。
  • [保存]をクリックします。 

再登録トリガーを会社、取引、チケット、見積もり、またはカスタム オブジェクト ベースのワークフローに追加する

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 会社ベース、取引ベース、チケットベース、または見積もりベースのワークフローの名前をクリックします。
  • [[オブジェクト]登録トリガー]ボックスをクリックします。
  • 右側のパネルで、[再登録]タブをクリックします。
  • [再登録]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
  • 再登録に使用するトリガーを選択します。再登録に使用可能なトリガーの詳細を確認してください。
  • [保存]をクリックします。


利用可能な再登録トリガー

登録トリガーを再登録に使用できるかどうかは、トリガーと演算子のタイプによって異なります。以下は再登録に使用できる登録トリガーのリストです。

注:プロパティーは、ワークフローと同じタイプである場合にのみ再登録に使用できます。たとえば、会社ベースのワークフローでは、再登録に会社プロパティーしか使用できません。

このリストはすべてを網羅しているわけではありません。現在の登録トリガーを再登録に使用できるかどうかを確認するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックします。
  • [登録トリガー]ボックスをクリックします。
  • 右側のパネルで、[再登録]タブをクリックします。
  • 再登録に使用できない登録条件は、[以下の登録条件は再登録には使用できません]セクションに列挙されています。

注:アクティビティーとアクティビティープロパティーは、どのタイプのワークフローの再登録にも使用できません。

コンタクトベースのワークフロー

コンタクトベースのワークフローでは、以下のトリガーを再登録に使用できます。

注:コンタクトベースのワークフローでの再登録に計算プロパティーを使用することはできません。これには、[最近のコンバージョン][送信された実際のフォーム数]などの既定の計算プロパティーが含まれます。

  • コンタクトプロパティーは、特定の演算子と組み合わせて再登録に使用できます。
    • is knownを使用した任意のコンタクトプロパティー。
    • is equal toを使用したテキスト、数値、および日付プロパティー。
    • is any ofを使用した単一のチェックボックス、ドロップダウン選択、およびラジオ選択プロパティー。
    • is equal to all ofを使用した複数のチェックボックスプロパティー。
注:is any of演算子とis equal to all of演算子は、複数の値を取る場合は再登録に使用できません。たとえば、「Field of study is equal to any of Bionics or Catsitting」の単一のトリガーは、再登録に使用できません。代わりに、「Field of study is equal to any of Bionics」「OR Field of study is equal to any of Catsitting」の2つのトリガーに分割する必要があります。
  • コンタクトはリストのメンバーです
  • コンタクトがフォームに記入しました。

注:再登録トリガーは日付または数値で絞り込むことはできません。再登録に絞り込みフィルターを適用する方法の詳細を確認してください

  • コンタクトは、次と等しいURLを過去に1回以上閲覧しました
  • コンタクトは、次を含むURLを過去に1回以上閲覧しました
  • コンタクトがイベントを完了しました

注:再登録には、プライバシー同意イベントを使用できません。

  • MailchimpやZoomを含む任意の統合トリガー。

会社、取引、見積もり、チケット、カスタムオブジェクトに基づくワークフロー

会社、取引、見積もり、およびチケットベースのワークフローでは、ワークフローオブジェクトに固有のプロパティーを使用した再登録のみを行うことができます。たとえば、会社ベースのワークフローでは、会社プロパティーに基づいてしか再登録できません。アクティビティーはプロパティーではないため、再登録に使用できません。

再登録に使用できるのは、以下のプロパティー演算子のみです。

  • is any of
  • has ever been any of
  • is none of
  • is equal to
  • is not equal to
  • has ever been equal to
  • has ever contained exactly
  • is greater than
  • is greater than or equal to
  • is less than
  • Is less than x days ago*
  • is less than x days from now*
  • is more than x days ago*
  • is more than x days from now*
  • updated in the last x days*
  • not updated in the last x days*
  • is before date
  • is after date
  • is between
  • is not between
  • is known
  • is unknown
  • contains exactly
  • doesn’t contain exactly
  • starts with
  • ends with

*会社、取引、見積もり、およびチケットベースのワークフローの再登録において以下のフィルターのうちのいずれかを使用する場合、特別なルールが適用されます。

  • Is less than x days ago
  • is less than x days from now
  • is more than x days ago
  • is more than x days from now
  • updated in the last x days
  • not updated in the last x days

登録に、フィルターで使用されている指定期間内にレコードが更新されても、それらのレコードは再登録されません。登録後に、指定された時間が経過したら、それ以降は再登録の対象となります。

例:

  • Lifecycle stage updated in the last x days(過去5日間にライフサイクルステージが更新された)という条件を満たす場合に、ワークフローが会社を再登録するように設定されています。
  • ライフサイクルステージが顧客に更新された後、会社が登録されます。 
  • 3日間後、会社のライフサイクルステージが再度更新されます。
  • ワークフローに会社が再登録されることはありません。経過した3日間は、登録から5日間という枠内にまだ入っているからです。
  • 1週間後、会社のライフサイクルステージがエバンジェリストに更新されます。
  • 元々指定されていた5日間が登録から経過したため、会社はワークフローに再登録されます。