お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローで取引を作成する

更新日時 2020年 7月 29日

対象製品

Sales Hub  Professional, Enterprise

ワークフローを使用して、HubSpotで新しい取引を作成するプロセスを自動化すると、セールス担当者が行わなければならない管理プロセスを減らすことができます。

  • 右側のパネルで、[取引を作成]を選択します。
  • オブジェクトの既存の所有者を取引の担当者として割り当てるには、次の手順に従います。
    • コンタクトベースのワークフローで、[取引の割り当て先]ドロップダウンメニューをクリックし、[コンタクトの既存の担当者]を選択します。コンタクト担当者のプロパティは既定で選択されています。カスタムの担当者プロパティがある場合は、[どの所有者ですか?]ドロップダウンメニューをクリックし、そのプロパティを代わりに選択します
    • 他の任意のワークフローで、[割り当て先*]から[(オブジェクト)の既存所有者]を選択し、ドロップダウンメニューをクリックして、現在のオブジェクトに基づいてHubSpotユーザーを選択します。
  • 特定の所有者を割り当てるには、次の手順に従います。
    • コンタクトベースのワークフローで、[取引の割り当て先]ドロップダウンメニューをクリックし、[特定のユーザー]を選択します。[どの所有者ですか?]ドロップダウンメニューをクリックし、HubSpotユーザーを選択します。
    • 他のタイプのワークフローで、[担当者を指定]を選択し、ドロップダウンメニューをクリックして、HubSpotユーザーを選択します。
  • [取引名][取引パイプラインとステージ][クローズ日][金額]のそれぞれを設定します。
  • 取引に関連付けられているオブジェクトを選択します。これらの関連付けは、ワークフローに登録されるオブジェクトに対して相対的なものです。
  • 取引の追加のプロパティを設定するには、[別の取引のプロパティーを設定]をクリックします。
  • 現在のオブジェクトのプロパティを新しい取引のプロパティにコピーするには、次の手順に従います。
    • コンタクトベースのワークフローで、[コンタクトのプロパティーを取引のプロパティーにコピー]をクリックします。
    • 他のタイプのワークフローで、[プロパティーを取引のプロパティーにコピー]をクリックします。
quote-workflow-create-deal
  • 左下にある[保存]をクリックします。

ご注意ください:コピーするには、コピー元とコピー先のプロパティにフィールドタイプとの互換性がなければなりません互換性のないプロパティは、ワークフローアクションでターゲットプロパティのオプションとして表示されませんワークフローでプロパティ値をコピーできる互換性のあるコピー元およびコピー先プロパティの詳細をご確認ください。

ワークフローを確認して有効にすると、[取引の作成]アクションを実行するすべてのオブジェクトに対して取引が作成されます。
/jp/workflows/how-can-i-create-deals-with-a-workflow