メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

ライフサイクルステージ(ベータ版)の作成とカスタマイズ

更新日時 2022年 8月 5日

In Beta

対象製品

すべての製品とプラン
ライフサイクル段階では、コンタクトと企業を分類しながら、販売とマーケティングプロセスのどこにいるかについてのコンテキストを提供します。スーパー管理者権限を持つユーザーは、カスタムライフサイクルステージを作成して、ビジネスを反映するカテゴリを通じて顧客のジャーニーを追跡できます。
固有のライフサイクルステージを追跡するために以前にカスタムプロパティを作成した場合は、カスタムプロパティを使用してライフサイクルステージプロパティに移行する方法について説明します。

注意:アカウントがベータ版にアクセスできる場合、フォームでライフサイクルステージを設定することはできません。 

ライフサイクルステージのカスタマイズ

取引先責任者と会社のライフサイクルステージを作成および編集するには:
  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで[オブジェクト]に移動し、[連絡先]を選択します。  
  • [ライフサイクルステージ]タブをクリックします。
  • 新しい ライフサイクルステージを作成するには、[ 追加]ステージをクリックします。 

編集ライフサイクルステージ更新済み

  • ステージを並べ替えるには、ドラッグ ハンドルをクリックし、ステージを新しい場所にドラッグします。
  • ライフサイクルステージを編集するには、ステージ上にカーソルを置き、[編集]をクリックします。右側のパネルで、ステージ名を編集し、[ライフサイクルステージを編集]をクリックして確認します。また、コードをクリックしてフェーズの内部IDを表示するか、[使用済み]タブをクリックして現在フェーズが使用されている場所を表示することもできます。
  • ステージを削除するには、ステージ上にカーソルを置き、[削除]をクリックします。削除しようとしているフェーズにレコードが含まれている場合、または他のHubSpotツールで使用されている場合は、レコードを新しいフェーズに移動したり、HubSpotツールで参照としてフェーズを削除したりする必要があります。
  • 特定のライフサイクルステージが使用されている場所を表示するには、[使用済み]列で番号をクリックします。右側のパネルで、[すべての[オブジェクト/アセット]を表示]をクリックして、ステージが使用されているレコードまたはツール(リスト、レポート、保存済みビューなど)に移動します。

lifecyle - stage - details

  • 完了したら、左下の[保存]をクリックします。取引先責任者または会社のライフサイクルステージプロパティを編集するときに、カスタムステージがオプションとして表示されるようになりました。レコードのライフサイクルステージを更新する方法について説明します。
ライフサイクルステージプロパティとそのカスタムステージを使用して、標準レポートとカスタムレポートの両方を含む、保存済みビューl ist、w orkflow広告、チャットフロー、レポートなどのHubSpotツールで取引先責任者と企業をセグメント化できます。HubSpotデータ同期を介してカスタムステージデータを同期することもできます。
 

注意:ライフサイクルステージプロパティに依存する計算プロパティは、新しいカスタムステージ(例: [ステージ]日付になった)に基づいて値を入力ません。既定のライフサイクルステージ名を再ラベル付けした場合でも、既定のライフサイクルステージに基づいて計算されたプロパティがサポートされます。この場合、関連する積み上げ集計プロパティは元の既定のステージ名を使用します。

カスタムプロパティからライフサイクルステージプロパティへの移動

ライフサイクルステージを追跡するためにカスタムプロパティを使用している場合は、デフォルトのライフサイクルステージプロパティを使用してに移行することをお勧めします。デフォルトのプロパティを使用してに戻るには:

  1. デフォルトのライフサイクルステージプロパティのカスタムライフサイクルステージを設定します。
  2. カスタムフェーズを使用して、レコードのライフサイクルフェーズプロパティの値を設定します。プロパティは、次のいずれかの方法で一括で設定できます。連絡先または会社のインデックスページから編集エクスポート、そしてライフサイクルステージプロパティの列を使用してレコードを再インポート、またはワークフローで[プロフェッショナルエンタープライズのみ]の[プロパティの設定]アクションを使用します。
  3. 以前にステージを追跡するために使用していたカスタムプロパティの値をクリアします。次のいずれかの方法で、プロパティの値を一括でクリアできます。連絡先または会社のインデックスページから編集エクスポートしてから、カスタムプロパティの空白の列でレコードを再インポートするか、ワークフローで[プロフェッショナルとエンタープライズのみ]の[プロパティをクリア]アクションを使用します。
  4. 以前使用していたカスタムプロパティを削除します。

デフォルトのライフサイクルステージプロパティを使用してに移行すると、 ライフサイクルステージを設定するための自動化をカスタマイズし、他のHubSpotツールでプロパティを使用できます。

記録ライフサイクルステージへの自動更新

ライフサイクルステージは、レコードの作成方法やその他のアクションに基づいて自動的に設定されます。デフォルトでは、次の動作が発生します。

注:以下のシナリオは、カスタムライフサイクルステージ(ベータ版)のアカウントにのみ適用され、以前のデフォルト動作とは異なる場合があります。ベータ以外のアカウントのデフォルトの動作の詳細については、こちらをご覧ください。

  • ブログサブスクリプションフォームで変換する連絡先は、他のライフサイクルステージが指定されていない場合、自動的にリードに設定されます。アカウントにリードステージがない場合、ライフサイクルステージの値は空白になります。
  • HubSpot販売拡張機能の連絡先プロファイルサイドバーに作成された連絡先には、デフォルトのライフサイクルステージは設定されません。
  • 取引先責任者インデックスページまたは関連付けられたレコードで手動で作成された取引先責任者は、表示順にアカウントの最初のライフサイクルステージに設定されます。
  • 他のアプリから同期された連絡先に設定するには、デフォルトのライフサイクルステージを選択する必要があります。同期された連絡先の既定のフェーズである場合、フェーズを削除することはできません。

記録ライフサイクルステージを自動的に設定

カスタムルールを設定して、レコードのライフサイクルステージを自動的に同期または設定することもできます。ライフサイクルステージの自動化を設定するには:

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで[オブジェクト]に移動し、[連絡先]を選択します。  
  • [ライフサイクルステージ]タブをクリックします。
  • 取引先責任者のライフサイクルステージを自動的に更新するには、[ 同期ライフサイクルステージ ]チェックボックスをオンにします。これにより、コンタクトのステージが前方に移動するだけで、後方に移動することはありません。

ライフサイクルステージ自動設定

  • 新しく作成された取引先責任者と会社の既定のフェーズを 設定するには、をクリックして、取引先責任者または会社が作成されたときのライフサイクルフェーズの設定を オンに切り替えます。[ライフサイクルステージの 設定] ドロップダウンメニューで、 ステージを選択します。この設定は、次の場合にのみ適用されます。
  • 取引が作成されたときに関連する取引先責任者と会社のデフォルトフェーズを設定するには、をクリックして、取引が作成されたときのライフサイクルフェーズの 設定を切り替え、 スイッチをオンにします。[ライフサイクルステージの 設定] ドロップダウンメニューで、 ステージを選択します。この設定をオンにすると、取引先責任者または会社のライフサイクルステージは、最初に関連付けられた取引が作成されると自動的に更新されます。
  • 取引が成立したときに関連する取引先責任者と会社のデフォルトフェーズを設定するには、をクリックして、取引が作成されたときのライフサイクルフェーズの 設定を切り替え、 スイッチをオンにします。[ライフサイクルステージの 設定] ドロップダウンメニューで、 ステージを選択します。この設定をオンにすると、取引成立時に取引先責任者または会社のライフサイクルステージが自動的に更新されます。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.