メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

HubSpotで請求されるサブスクリプションを編集する

更新日時 2024年 1月 25日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub Starter, Professional, Enterprise
Sales Hub Starter, Professional, Enterprise
Service Hub Starter, Professional, Enterprise
Operations Hub Starter, Professional, Enterprise
CMS Hub Starter, Professional, Enterprise

この記事では、サブスクリプションを編集するための次の方法をご紹介します。

  • サブスクリプションの商品項目(価格、数量、割引など)を編集する
  • サブスクリプションの次回の支払い期日を編集する
  • サブスクリプションの支払い方法を更新する
  • 配信登録に関連付けされたコンタクトの更新

注:この記事は、アカウントのHubSpotサブスクリプションを編集するものではありません。HubSpotのサブスクリプションに含まれる製品を管理する方法をご紹介します

サブスクリプションの商品項目を編集する

お客さまからサブスクリプションのアップグレードまたはダウングレードのどちらが求められているかを問わず、サブスクリプションの内容を変更して対処し、解約を回避しなければならない場合があります。HubSpotでは、サブスクリプション サイド パネル内で、現在有効な、または予定されているサブスクリプションを編集することができます。 

例えば、次のように対処することができます。

  • 既存の商品項目の価格を変更する。
  • 購入者が契約に追加することに同意した商品項目を新たに追加する。
  • 購入者が契約から除外するよう求めている既存の商品項目を削除する。
  • 購入者が当初契約した商品項目の数量を増やす、または減らす。
  • 商品項目の割引を追加または削除する。

サブスクリプションを編集する際は、以下の制限事項をご確認ください。

サブスクリプションを編集するには:

  • HubSpot アカウントで、Sales > Payments > Subscriptionsに移動します。 
  • サブスクリプション一覧ページから、サブスクリプションの名をクリックします。
  • 右側のパネルで、右上の「アクション」をクリックし、「サブスクリプションを編集」を選択します。

    サブスクリプション・パネルのアクション-サブスクリプションの編集
  • サブスクリプションエディターで、サブスクリプションを更新します。
    • 新規商品項目を追加するには、右上のAdd line itemをクリックし、Select from product library ( ProfessionalまたはEnterpriseのみ) またはCreate custom line itemを選択します。右のサイドバーで、商品項目の詳細を設定し、[保存]をクリックします。

注:新たに追加された商品項目に対する請求は、サブスクリプションですでに設定されている請求頻度に応じて行われます。例えば、サブスクリプションの請求が毎月行われる場合、追加した商品項目に対する請求も毎月行われることになります。これは、製品ライブラリーから異なる請求頻度に設定された製品項目を追加する場合にも当てはまります。新しい商品項目は、サブスクリプションの残りの期間についても請求されます。[この注記を更新してください]。

    • 商品項目を削除するには、商品項目にマウスポインターを合わせて、[アクション]をクリックし、[削除]を選択します。
    • 商品項目の価格、数量、割引を編集するには、商品項目エディターで、それぞれに対応する列を使用します。
    • 商品項目の名前、SKU、説明、単価を編集するには、その商品項目の名前をクリックします。右側のパネルで、商品項目の詳細を編集し、[保存]をクリックします。

subscription-editor

  • デフォルトでは、変更は次の請求サイクルに適用されます。変更を即座に適用し、保存時に自動的に比例配分額を徴収または返金するには、「変更を案分調整」スイッチをクリックして切り替えてください。、サブスクリプションの変更を日割り計算するについて詳しくはこちらをご覧ください。
  • 変更を行った後、左下にある[保存]をクリックして変更内容を保存します。変更は、次回の請求サイクルからサブスクリプションに適用されます。
  • 表示されるダイアログボックスで、社内用のメモを残す必要がある場合はそのメモを入力します。これらのメモは、関連付けされた取引、コンタクト、会社のタイムラインに追加されます。また、リストワークフローレポートなどの他のツールでも、最終修正理由プロパティーを通じて、これらのメモにアクセスすることができます。完了したら、[サブスクリプションの更新]をクリックします。

変更内容が保存されると、次のことが行われます。

  • 配信登録に関連付けられているコンタクト宛てに、配信登録の変更を知らせるEメールが送信されます。このEメールの内容は、次のようになります。

subscription-updated-email

  • HubSpotでは、サブスクリプションレコードも更新されて変更が反映されます。
    • レコードの[最終変更日]の下に、サブスクリプションが編集されて次回の支払いの後に変更が適用されるという注意書きが示されます。

      subscription-edited-note
    • [商品項目]セクションには、商品項目に対して行われた変更が表示されます。[現在の請求サイクルを確認]をクリックすると、購入者の現在の支払い対象が表示されます。

      updated-line-item-section
    • 変更が有効になると、月次経常収益および年間経常収益のプロパティーも変更に合わせて更新されます。

制限事項

サブスクリプションを編集する際は、次の点にご注意ください。

  • 編集できるサブスクリプションは、ステータスが「有効」または「スケジュール済み」のものだけです。
  • 次回の支払い日の前に余裕を持って購入者に通知できるよう、次回の支払い期日まで残り2日になると、サブスクリプションを編集できなくなります。 
  • 変更を日割り計算しない場合は、次の請求サイクルまでに必要なだけ変更することができます。サブスクリプションの次回の支払いは、正常に保存された最後の変更に基づいて回収されます。

サブスクリプションの支払い方法を更新する

お客さまがサブスクリプションの支払い方法を更新する必要がある場合、お客さま側で支払い方法を更新するためのリンクを手動で送信できます。 

お客さまに支払い方法の更新リンクを送信するには:

  • HubSpot アカウントで、Sales > Payments > Subscriptionsに移動します。 
  • サブスクリプション一覧ページから、サブスクリプションの名をクリックします。
  • 右側のパネルで、右上の「アクション」をクリックし、「支払い方法の更新」を選択します。

subscription-update-payment-method

  • ダイアログボックスで内容を確認してから、[リンクを送信]をクリックします。配信登録に関連付けられているコンタクトのEメールアドレスに、リンクが送信されます。お客さまに送信されるEメールには、次のようにリンクが記載されます。

manual-email-to-update-payment-link

購入者がEメールに記載されている支払方法の更新をクリックすると、チェックアウトページに移動し、そこでサブスクリプション内容を確認し、新しい支払方法を入力することができます。一度更新されると、新しい支払い方法は、今後のサブスクリプションのすべての自動支払いに使用されます。

サブスクリプションの次回の支払い期日を編集する

サブスクリプションの次回の支払い期日はサブスクリプションレコードで更新できるようになっているため、今後の支払いについてより柔軟に対応できます。次回の支払い期日を再スケジュールすると、支払いに関連付けられているコンタクトに確認Eメールが送信され、サブスクリプションレコードの[次回の支払い期日]プロパティーと[終了日]プロパティーに新しい請求サイクルが反映されます。

注:全てのサブスクリプションで次回の支払い期日を更新できるわけではありません。さらに詳細を表示するには、以下の制限セクションをご覧ください。

サブスクリプションの次回の支払い期日を編集するには:

  • HubSpot アカウントで、Sales > Payments > Subscriptionsに移動します。 
  • サブスクリプション一覧ページから、サブスクリプションの名をクリックします。
  • 右側のパネルで、右上の「アクション」をクリックし、「次回の支払日を編集」を選択します。

    subscription-edit-next-payment-date

  • 日付入力を使用して、次回の支払日を選択します。
  • デフォルトでは、更新された支払日の請求や返金は行われません。更新された請求サイクルの顧客を回収または返金するには、「変更を案分調整」チェックボックスを選択します。その後、HubSpotが請求する支払い方法とともに、回収または返金された金額の概要が表示されます。、サブスクリプションの変更を日割り計算するについて詳しくはこちらをご覧ください。
  • をクリックする。

    edit-next-payment-date-confirmation

次回の支払い期日が更新されると、HubSpotは新しい次回の支払い日を確認するEメールを購入者に送信します。

susbcription-date-confirmation-email

サブスクリプションレコードの[次回の支払い期日]プロパティーと[終了日]プロパティーにも新しい請求サイクルが反映され、[最終変更]プロパティーに、支払い日が更新された日付が追加されます。

subscription-last-update-date

制限事項

  • のステータスがアクティブまたは予定のサブスクリプションに対してのみ、次回の支払期日を再スケジュールできます。支払いリンクおよび見積もりで、定期的な支払いのスケジュールを立てる方法をご覧ください。
  • サブスクリプションの支払いが1件でも処理中の場合、サブスクリプションの次回の支払い期日を再スケジュールすることはできません。 
  • 支払い日を変更して次回の支払い予定日と同日にすることはできません。
  • 購入者が連続して請求されることを避けるために、最後に支払いが回収された日から3日以内の日付に支払い日を変更することはできないようになっています。
  • 次回の支払いの前に余裕を持って購入者に通知するために、新しい支払い日を現在の日付から2日以内の日付にすることはできないようになっています。

配信登録に関連付けされたコンタクトの更新

配信登録は、一度に1つのコンタクトにのみ関連付けできます。しかし、配信登録に関連付けされたコンタクトを更新する必要がある場合は、配信登録のサイドパネルから更新することができます。例えば、契約期間中、当初の購入者が別の会社に移った場合、主要コンタクト・ポイントを更新する必要があるかもしれない。

配信登録に関連付けされたコンタクトを更新します:

  • HubSpot アカウントで、Sales > Payments > Subscriptionsに移動します。
  • サブスクリプションの名をクリックします。 
  • 右側のパネルで、「コンタクト」セクションまでスクロールし、+ Replaceをクリックします。

    サブスクリプション・パネル・リプレース
  • 既存のコンタクトを検索して選択するか、新規作成タブをクリックして、新しいコンタクトレコードを作成します。
  • [次へ]をクリックします。
  • カスタム関連付けラベルをコンタクトに割り当てるには、関連付けラベルの追加をクリックします。 
  • [保存]をクリックします。

関連付けされたコンタクトを更新すると、以下のようになります:

  • 今後、以下の通知が新しいコンタクトに送信されます:
    • サブスクリプション料の支払いに成功した領収書。
    • 支払いが失敗した場合の支払い方法更新Eメール。
    • 今後のサブスクリプション料の支払いリマインダー、オンに設定されている場合。
    • アップグレード、ダウングレード、次回支払日の更新など、サブスクリプションの変更に関する通知。
    • ユーザーによる支払方法の更新要求。
    • サブスクリプションのキャンセル
  • コンタクトの更新後に生成されたすべての支払いレコードは、新しいコンタクトレコードに関連付けされます。

サブスクリプション料金の日割り計算

サブスクリプションの商品項目や次回の支払期日を更新する際、日割り計算を有効にすることで、日割り計算された金額を自動的に回収または返金することができます。この結果、次の請求サイクルを待たずに、請求先とあなたの購入者に請求変更が即座に反映されます。 

注:

  • 配信登録の日割り変更を保存すると、配信登録に関連付けされているコンタクトにEメールが送信されます。
  • サブスクリプションは、まだ請求期間が開始されていないため、日割り計算はできません。その代わり、日割り計算を行わずに、予定されている契約を変更することができます。
  • 月額サブスクリプションの場合、日割り計算額は30日の請求サイクルに基づいて計算されます。年間サブスクリプションの場合、30日間の請求サイクルの合計に12を掛けます。


サブスクリプション()の商品項目()に加えた変更に日割り計算を適用する場合: 

  • 商品項目を増やしたり、決済機能をアップグレードする場合、HubSpotは自動的に登録されている支払い方法に日割り計算された金額を請求します。
  • 商品項目の削除や価格の引き下げによってサブスクリプションをダウングレードする場合、HubSpotは自動的に以前の支払額を日割りで返金します。

変更後、チャージまたは払い戻しは、支払いレコードの履歴セクションに表示されます。

支払詳細履歴

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。