メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Products & Quotes

カスタマイズされた見積もりテンプレートの作成と使用

更新日時 2022年 9月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

Sales Hub ProfessionalまたはEnterprise上でスーパー管理者権限を付与されている場合は、プロスペクトに送信する見積もりを作成する際に選択できるカスタマイズされた見積もりテンプレートを作成できます。編集可能なモジュールを使用すると、ビジネスのニーズに合わせてテンプレートのデザインとコンテンツを変更できます。カスタマイズされた見積テンプレートを使用すると、スケジュールされた支払いを設定して、支払いを時間とともに分割することもできます。お支払い予定について詳しくはこちらをご覧ください

HubSpotの無料ツールまたはSales Hub Starterツールを使用している場合は、アカウントに含まれる標準のカスタマイズ見積もりテンプレートのドメイン、ロケール、言語、テーマ設定を編集できます。ご契約内容に応じた上限については、HubSpotの製品・サービスカタログをご確認ください。

すべてのHubSpotサブスクリプションプランでは、デザインマネージャーを使用して見積テンプレートを作成および編集することもできます。HubSpotの開発者向けドキュメントでカスタムCMS引用テーマを開発する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。 

注:

  • すべてのアカウントには、見積テンプレートを作成および編集するためのデザインマネージャーへのアクセス権がありますが、見積を作成するためのテンプレートをカスタマイズして使用するには、Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseサブスクリプションが必要です。
  • 提案ベータを使用している場合は、デザインマネージャーのテンプレートを引用するために移行する必要があります。HubSpotの開発者向けドキュメントで移行方法の詳細をご覧ください

カスタマイズされた見積もりテンプレートを作成する(Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseのみ)

新しいカスタマイズされた見積もりテンプレートを作成するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[見積もり]の順に進みます。
  • [カスタマイズされた見積もりテンプレート]タブをクリックします。
  • [見積もりテンプレートのカスタマイズ]をクリックします。
  • 使用するテンプレートの上で、[選択]をクリックします。

choose-quote-template

  • 上部にある鉛筆の編集アイコンをクリックし、見積もりテンプレートの名前を入力します。
  • モジュールの内容を編集するには、左パネルでモジュールをクリックし、モジュールの内容を編集します。
  • 商品項目テーブルを編集するには、商品項目テーブルモジュールをクリックします。
    • 商品項目のプロパティーの順序を変更するには、プロパティーを別の位置にドラッグアンドドロップします。
    • 見積もりに小計、手数料、合計を表示しない場合は、値の横にあるチェックボックスをオフにします。

edit-line-items-on-custom-quote

  • 引き続き左パネルの編集可能なモジュールを開き、見積もりテンプレートに含まれる画像、テキスト、見出しを変更します。右側で、変更のプレビューを参照します。

注:コメントまたは規約モジュールを編集するときは、これらのモジュールに表示される購入者向けの規約またはコメントのトークンを削除しないでください。トークンが削除された場合、ユーザーが見積もりエディターのこれらのモジュールに含めるテキストは、公開された見積もりには入力されません。

navigate-custom-quote-modules

  • [設定]タブをクリックします。
  • 見積もりテンプレートの既定のドメインを設定するには、[ドメイン]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • テンプレート内のモジュールタイトルとラベルの既定言語を選択するには、[言語]ドロップダウンメニューをクリックします。テンプレートにすでに含まれているカスタマイズされたコンテンツは、言語を変更する際に削除されます。表示されるダイアログボックスで、[削除]をクリックして確認します。

注:リッチテキストモジュールで見積もりテンプレートに追加されたコンテンツは自動的に翻訳されません。サンプルデータもテンプレートプレビューでは翻訳されません。

  • 選択した言語に応じて、既定のロケールを日付と住所の形式に設定することもできます。[ロケール]ドロップダウンメニューをクリックして、ロケールを選択します。

language-locale-custom-quotes

  • 色、フォント、ボタン、バナーのスタイルを編集するには、[テーマ設定を編集]をクリックします。 edit - quote - theme - settings - thumb
    • 見積テーマで使用されるグローバルカラーを編集するには、をクリックして[グローバルカラー]セクションを展開します。ボタンの色またはバナーのテキストの色を編集するには、ボタン設定またはバナー設定セクションをクリックして展開します。16進数の値を入力するか、カラーピッカーをクリックして色を設定します。 
    • 見積テーマで使用されるグローバルフォントを編集するには、をクリックして[グローバルフォント]セクションを展開し、ドロップダウンメニューをクリックしてフォントを選択します。 
  • デザインマネージャーでテンプレートを編集するには、[CMSテンプレートの編集]をクリックします。
  • 見積もりテンプレートのカスタマイズが完了したら、[保存]をクリックします。

見積もりを作成する際に、カスタマイズされた見積もりテンプレートを選択できるようになりました。見積もりの公開後にコンタクトと見積もりを共有する方法をご確認ください。

custom-quote-template-used

カスタマイズされた見積もりテンプレートの管理

カスタマイズされた見積もりテンプレートを作成した後、設定でテンプレートを削除および複製できます。HubSpotの無料ツールまたはSales Hub Starterツールをご使用の場合は、標準のカスタマイズされた見積もりテンプレートのドメイン、ロケール、言語、テーマ設定を編集できます。

見積もりの作成時にドロップダウンメニューにカスタマイズされた見積もりテンプレートのみが表示されるように、標準の見積もりテンプレートを非表示にすることもできます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[見積もり]の順に進みます。
  • カスタマイズされた見積もりテンプレート]タブをクリックします。
  • カスタマイズした見積もりテンプレートを編集、複製、または削除するには、テンプレートの上で、[操作]ドロップダウンメニューをクリックし、[編集]、[複製]、または[削除]を選択します。

edit-customized-quotes

  • テンプレートを使用して見積もりを作成するには、テンプレートの上で、[テンプレートを使用]をクリックします。 
  • テンプレートを非表示にするには、[標準見積もりテンプレート]セクションの標準テンプレートの上で、[見積もりで非表示]をクリックします。見積もりを作成する際には、カスタマイズされた見積もりテンプレートと非表示が解除された標準見積もりテンプレートのみが表示されます。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.