お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

アクティビティをレコードに関連付ける

更新日時 3月 18, 2019

レコードのタイムラインのアクティビティは他のレコードに関連付けることができます。アクティビティが別のレコードに関連付けられている場合、そのレコードのタイムラインに同じアクティビティが表示されます。

既定では、レコードのタイムラインに関連付けられているコンタクト、会社、5 つの最新の取引のアクティビティが含まれます。E メールスレッド内の追加の返信は、スレッド内の最初の E メールと同じレコードに関連付けられます。

1 つのアクティビティを 1 つのレコードから別のレコードに関連付けることも、新しい取引やチケットレコードの作成時に複数のアクティビティを関連付けることができます

1 つのアクティビティを別のレコードに関連付ける

  • アクティビティの上にカーソルを置き、アクティビティの右上にある[関連付けられている]レコードをクリックします。

  • [すべてのレコード]フィールドに、このアクティビティを関連付けるレコードの名前を入力します。テストしているドメインの横にあるチェックボックスを選択します。このアクティビティはそのレコードのタイムラインに表示されます。レコードを選択解除してアクティビティを関連付けることもできます。

複数のアクティビティを新しい取引またはチケットに関連付ける

  • 右上の[取引を作成]または [チケットを作成]をクリックします。
  • 右側のペインで、 セクションで取引/チケットを関連付けます。をクリックします [会社] または [コンタクト] ドロップダウンメニューで、[会社]または[コンタクト]を検索して、新しいオブジェクトに関連付ける会社またはコンタクトを選択します。
  • これらのレコードのアクティビティを新しいオブジェクトに関連付けるには、 [既存のレコード]から[タイムラインアクティビティを追加]を選択し、[この取引]/[チケット]のチェックボックスをオンにして 過去30日間のドロップダウンメニューで、レコードのアクティビティが新しいオブジェクトに関連付けられている 期間を選択します。

  • 他のフィールドを入力し、[作成]をクリックします。表示されたオブジェクトは、選択された期間に基づいて関連付けられているレコードから関連付けられているアクティビティを引き出します。

注: 2017年11月13日以前に作成されたすべてのアクティビティーは元の関連付けを保持しますが、タイムライン上でこれらのアクティビティーの関連付けを編集できます。