お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

HubSpot AIを使用してコンタクトのプロパティーを自動的に入力する

更新日時 2020年 10月 19日

HubSpotアカウントの[HubSpot AIを使用してEメールからコンタクトの詳細を自動的にキャプチャします]の設定を有効にすると、Eメールのデータがコンタクトのプロパティーに入力されます。この設定を有効にすると、コンタクトからEメールが送信されたときに、HubSpotがAI(人工知能)を使用してEメールの署名に含まれるコンタクト情報を確認します。Eメールの本文をスキャンして電話番号を特定することもできます。Eメールのデータがコンタクトレコードに保存されない場合、HubSpotは、コンタクトの空のプロパティーにEメールのデータを入力します。 

コンタクトの以下のプロパティーに値がない場合、HubSpot AIによりEメール署名に含まれる関連データが入力されます。

  • 電話番号*
  • 役職名
  • 携帯電話番号*
  • ファックス
  • 市区町村
  • 都道府県
  • 郵便番号
  • 番地

*HubSpot AIはEメールの本文と署名の両方をスキャンして電話番号を特定します。

注:現在、HubSpotのAIは英語、スペイン語、フランス語で作成されているEメールだけをスキャンできます。 

HubSpotのAIにより更新されたプロパティーの変更ソースはHubSpot AIになります。アカウントアクセス権限を持っているユーザーは、HubSpotアカウントでこの機能を有効または無効にできます。 

注:HubSpot AIが着信Eメールをスキャンできるようにするため、HubSpotに個人用Eメールを接続し、個人用Eメールの受信トレイの自動化を有効にする必要があります。HubSpot AIは、チームのEメールアドレスに送信されたEメールはスキャンできません。この機能では、新しいコンタクトの作成や既存のコンタクトデータの上書きは行われません。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで[コンタクトおよび会社]に移動します。
  • [コンタクト]タブで[HubSpot AIを使用してEメールからコンタクトの詳細を自動的にキャプチャします]をクリックして、この機能のオン/オフを切り替えます。

automatically-enrich-email-signature

注:この設定を有効にしてから実際に反映されるまでには最大10分かかることがあります。HubSpot AIは、この設定を有効にした後で受信する新しいEメールだけをスキャンします。Eメールを遡ってスキャンすることはありません。