メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

BCCまたは転送先アドレスを使用してEメールをCRMに記録します。

更新日時 2024年 1月 29日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpot Sales email extension or add-in を使うと、 HubSpotの外部からCRMに送信されたEメールを自動的にログ することができます。セールス拡張機能またはアドインを使用していない場合は、HubSpotのBCCアドレスまたは転送先アドレスを使用してEメールを手動で記録することができます。

BCCアドレスまたは転送先アドレスを使用してHubSpotに記録されるEメールには、Eメールの内容とそのEメールの全ての添付ファイルが含まれます。ログに記録されるEメールは、自動的に受信者のコンタクトレコード、そのコンタクトに関連付けられている会社レコードと最後に行った5件の取引レコードに関連付けられます。、Eメールの返信をHubSpotに記録する方法の詳細をご覧ください。 

注:Eメールの添付ファイルが50MBを超えていると、添付ファイルはCRMにログ記録されません。Eメール自体はCRMにログ記録されますが、添付ファイルはなくなります。受信トレイにEメール配信エラーも届きます。

BCCアドレスを使用する場合

EメールクライアントからEメールを送信する際に、EメールのBCC行にBCCアドレスを追加します。Eメールの内容は、HubSpotのコンタクトレコードに自動的に記録されます。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[アクティビティー]の順に移動します。
  • [Eメールの記録]タブをクリックします。
  • [BCCアドレス]フィールドの右にある[コピー]をクリックします。

copy-outgoing-bcc-address

  • Eメールの受信トレイに移動して、新しいEメールを作成します。
  • コピーしたBCCアドレスをEメールのBCC行に追加します。

送信されたEメールはHubSpotのコンタクトレコードに記録されます。Eメールの受信者がHubSpotのコンタクトレコードに関連付けられていない場合、新しいレコードが作成されます。

注:BCCアドレスを使用してEメールをログに記録した場合、HubSpotは、ログに記録されたEメールでCCされた相手の新しいコンタクトレコードをアカウントに作成します。ただし、Eメールで受信者がBCCになっている場合、そのEメールによって新しいレコードは作成されません。受信者がコンタクトとして存在している場合、そのEメールは既存のレコードにログ記録されません

 

BCCアドレスを使用してEメールをCRMにログ記録するための要件

EメールをCRMに記録するには、以下の条件を満たしている必要があります。

注:トラッキングせずにEメールクライアントでBCCアドレスを手動で使用する場合、HubSpotのコンタクトレコードにEメールが記録されるだけです。Eメールの開封やクリックがトラッキングされることはありません

 

転送先アドレスを使用する場合

転送先アドレスを使用して、Eメールの返信をコンタクトレコードのタイムラインに記録します。転送先アドレスは、受信したEメールをログに記録する必要がある場合に便利です。開始する前に、Eメールクライアントが転送機能でサポートされていることを確認してください。 

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[アクティビティー]の順に移動します。
  • [Eメールの記録]タブをクリックします。
  • [転送先Eメールアドレス]フィールドの右にある[コピー]をクリックします。

forward-address-incoming

  • Eメールの受信トレイに移動して、HubSpotに記録するEメールを開きます。
  • コピーした転送先アドレスにEメールを転送します。

転送されたEメールはHubSpotのコンタクトレコードに記録されます。Eメールの受信者がHubSpotのコンタクトレコードに関連付けられていない場合は、新しいレコードが作成されます。

転送先アドレスを使用して返信をCRMにログ記録するための要件

EメールをCRMに記録するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 個別の返信Eメールを転送することになります(Eメールチェーンに含まれる他のEメールは転送されません)。Eメールクライアントによって生成される転送メッセージヘッダーは、次のようになります。

forward-message

  • 元のEメールを送信した相手がCRMに記録されていない場合、その相手のEメールまたはEメールのドメインがNever Logリストに登録されていない限り、メッセージを転送するとコンタクトレコードが作成されます。
  • 転送されるメッセージは、HubSpotのサポート言語のいずれかである必要があります。 
  • 転送メッセージに、EメールのHTMLとプレーンテキストの両方のセクションが含まれていることが必要です。
  • Eメールサーバーが外部転送を許可していることが必要です。 

転送されるEメールについて、標準の書式はありません。Eメールの書式をHubSpotで処理できない場合、そのEメールはHubSpotにログ記録されません。手動でEメールのログをHubSpotに残す方法をご紹介します。

コンタクトまたはプロスペクトからEメール返信を受信した場合、かつ相手が受信者をCCにしていた場合、HubSpotはポータルでコピーされた受信者をコンタクトとして追加しません。

転送機能によってサポートされているEメールクライアント

転送されるEメールが上記の要件を満たしているのに、HubSpotにログ記録されない場合、そのEメールクライアントにはHubSpotの転送機能との互換性がありません。Eメールクライアントに転送機能との互換性がない場合、HubSpotのレコードにEメールを転送することはできません。

転送ツールとの互換性があるEメールクライアントを以下に示します。

  • Apple iPhone
  • Gmail
  • Apple Mail
  • Outlookデスクトップ2010-2019
  • Yahoo!メール
  • Samsung Mail
  • Apple iPad
  • Google Android
  • Windows Liveメール
  • Outlook.com
  • Thunderbird

BCCで送信されたメールまたは転送メールの送信者アトリビューション

BCCまたは転送アドレスを使用してEメールを送信する場合、どのユーザーがCRMに記録されるEメールの送信者と見なされるかは、以下のルールによって決定されます。ルールは優先順位の高い順に示されており、セールスレポートで報告されるユーザーのアクティビティーの合計として計算されるメールを決定します。

  1. 送信元Eメールアドレスが接続された個人用Eメールアドレスであるユーザーが1人のみの場合は、そのユーザーが送信者と見なされます。
  2. 送信元EメールアドレスがHubSpotのユーザーアカウントEメールであるユーザーが1人のみの場合は、そのユーザーが送信者と見なされます。
  3. 送信元Eメールアドレスがエイリアスであるユーザーが1人のみの場合は、そのユーザーが送信者と見なされます。
  4. 送信元Eメールアドレスが接続された個人用Eメールアドレスであるユーザーが複数いる場合は、そのEメールアドレスを最も長く接続しているユーザーが送信者と見なされます。

BCCアドレスを使用してHubSpot外からEメールをログに記録する場合、送信元EメールアドレスがHubSpotでチームの共有アドレスとして接続されているEメールアドレスであれば、チームの共有アドレスアカウントを最初に接続したユーザーがそのEメールの送信者と見なされます。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。