メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

Eメールサブスクリプションタイプをセットアップする

更新日時 2021年 3月 10日

対象製品

Marketing Hub  Starter, Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

サブスクリプションタイプは、Eメールを通じてコンタクトとコミュニケーションするための法的根拠を表します。コンタクトはEメール設定を管理できるため、受信を希望するEメールにのみオプトインします。

マーケティングコンタクト機能へのアクセス権を付与されている場合は、マーケティングコンタクトにのみマーケティングEメールを送信できます。この仕組みについて詳細をご確認ください。

ご注意ください:カスタムサブスクリプションタイプはHubSpot CRMアカウントでは使用できませんが、アカウントでGDPRツールを有効化している場合、コンタクトに手動で「マーケティングEメール」または「セールスEメール」サブスクリプションタイプを追加できます。



サブスクリプション設定とタイプの仕組み

サブスクリプションタイプの機能は、GDPRを有効化しているかどうかに基づいて異なります。

  • GDPRを有効化している場合:
    • オプトアウト機能のみに頼るのではなく、サブスクリプションタイプでは3つのステータスをキャプチャーし、コンタクトのコミュニケーションに対する同意が明確に示されます。各サブスクリプションタイプについて、以下の3つのステータスのいずれかが表示されます。
      • オプトイン
      • オプトインもオプトアウトもしていない(既定)
      • オプトアウト
    • 各サブスクリプションタイプのステータスは、コンタクトレコードの左側にある[コミュニケーションサブスクリプション]セクションに保存されます。 
    • サブスクリプションタイプには、コミュニケーションで果たす役割を明確に定義するための「プロセス」と「オペレーション」も含まれます。
  • GDPRを有効化していない場合:

サブスクリプションタイプのステータスは、ワークフローで個別に手動で、または一括で更新できます。API経由でも更新できます。

コンタクトとのコミュニケーション

アカウントでGDPRツールを有効化していて、アカウント設定で[コミュニケーションに法的根拠があるコンタクトへのマーケティングEメールの送信のみを許可します]チェックボックスをオンにしている場合、ステータスが「オプトイン」となっているコンタクトにしかEメールを送信できません。

コンタクトは、そのサブスクリプションタイプへの同意の通知が記載されたフォームを通じ、該当するEメールサブスクリプションタイプに対してオプトインできます。手動で法的根拠を適用する場合、コミュニケーションの法的根拠も選択します。既存のコンタクトとの同意を確立する必要がある場合は、Eメール設定を更新するためのリンクが記載されたEメールを送信するか、承認パスキャンペーンを実行できます。

アカウントでGDPRツールを使用していない場合、ステータスが「オプトイン」または「オプトインもオプトアウトもしていない」となっているコンタクトにEメールを送信できます。そのサブスクリプションタイプをオプトアウトしたコンタクトには、Eメールは配信されません。各サブスクリプションタイプについてサブスクライブを希望しているコンタクトをトラッキングするには、フォームカスタムプロパティーを使用することができます。

上記のGDPR設定以外に、マーケティングコンタクト機能へのアクセス権を付与されている場合は、マーケティングコンタクトにのみマーケティングEメールを送信できます。

サブスクリプションタイプをセットアップする

Eメールサブスクリプションタイプは、設定を使用して作成、管理できます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで[マーケティング]>[Eメール]の順にクリックします。
  • [サブスクリプションタイプ]タブをクリックします。
  • [サブスクリプションタイプを作成]をクリックします。
  • このサブスクリプションタイプの名前と用途に関する簡単な説明を入力します。
  • アカウントでGDPR機能を有効化している場合、オプションでサブスクリプションタイプを設定して、サブスクライバーに連絡する方法や理由を明確に示すことができます。
    • [サブスクリプションの目的]ドロップダウンメニューをクリックして、サブスクリプションタイプの[目的]を選択します。この目的は、関連付けられているサブスクライバーに送信予定のEメールの性質に広範に一致するものです。HubSpotマーケティングブログで、一般的なサブスクリプションタイプについて詳細をご確認ください。
    • [コミュニケーションの方法]ドロップダウンメニューをクリックして、サブスクライバーに連絡する計画についての方法を選択します。
    • コンタクトがサブスクリプションタイプをレビューすると、最初にコミュニケーションの目的と方法が表示され、その後サブスクリプションタイプの名前と説明が表示されます。サブスクリプションタイプがどのように[プレビュー]に表示されるかを確認できます。
  • [保存]をクリックします。 

create-email-subscription-type

  • [サブスクリプションタイプ]タブで、サブスクリプションタイプをクリックおよびドラッグ&ドロップして並べ替えます。これにより、サブスクリプション設定ページでのサブスクリプションタイプの表示順序を制御します。

rearrange-subscription-types-1

注:海外のコンタクトがある場合、マーケットプレイスの多言語サブスクリプション設定モジュールを使用すると、ブラウザー設定で選択されているユーザーの優先言語でサブスクリプション設定が表示されます。

サブスクリプションタイプを編集する

サブスクリプションタイプの情報を変更するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 画面左のサイドバーメニューで、[マーケティング]>[Eメール]の順にクリックします。
  • [サブスクリプションタイプ]タブをクリックします。
  • タイプの上にカーソルを置いて、[編集]をクリックします。

edit-email-subscription-type

  • 必要に応じて変更を行い、[保存]をクリックします。

ご注意ください: アカウントでGDPRを有効化している場合、既定のサブスクリプションタイプ(「セールス」「サービス」など)の[サブスクリプションの目的]フィールドまたは[コミュニケーションの方法]フィールドを編集することはできません。

 

サブスクリプションタイプのコンタクトプロパティーを管理する

新しいサブスクリプションタイプを作成すると、対応する[Eメールをオプトアウト:[Eメールサブスクリプションタイプ]]コンタクトプロパティーが作成されます。

このプロパティーはコンタクトレコードで直ちに表示されますが、既存のコンタクトでは次のいずれかの操作が行われるまでプロパティー値が設定されません

  • コンタクトを別のコンタクトとマージする。
  • コンタクトがEメールアドレスプロパティーを変更する。
  • コンタクトが、そのEメールタイプから明示的にオプトインまたはオプトアウトする。
  • 連携によって(つまりパブリックAPI経由で)、そのコンタクトがEメールタイプからオプトインまたはオプトアウトしたと明示的にマークする。

サブスクリプションタイプを変更すると、この既存のコンタクトプロパティーが更新されます。サブスクリプションタイプの名前を変更すると、対応するプロパティーの名前が変更されます。サブスクリプションタイプを非アクティブとしてマークすると、対応するプロパティーがコンタクトレコードから非表示になることになり、逆の場合も同様です。