メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

コンタクトをマーケティングコンタクトに設定する

更新日時 2021年 6月 16日

対象製品

Marketing Hub  Starter, Professional, Enterprise

HubSpotでは、潜在顧客に関する情報をコンタクトレコードに保存して管理します。ただし、そのすべてをマーケティングする必要はありません。

その場合、マーケティングコンタクトのリクエストおよびマーケティング対象となるコンタクトのみに対しての支払いができます

注:HubSpotアカウントにMarketing Hubのサブスクリプションがある場合でも、マーケティングコンタクトへのアクセス権がない場合があります。カスタマーサクセスマネージャーに連絡して、アクセス権を得てください。

特定のコンタクトをマーケティング対象として設定し、また他のコンタクトをマーケティング対象外として設定することにより、コンタクト契約数に追加するコンタクトの数、HubSpotアカウントでのマーケティングの対象コンタクトと対象外コンタクトの数を制御することができます。現在のコンタクト契約数のマーケティングコンタクト数を表示する方法について詳細をご確認ください。

HubSpotマーケティングツールの処理対象は、マーケティングコンタクトのみです。マーケティングコンタクトの既定のプロパティーを使用してマーケティングコンタクトを追跡します。

コンタクトがマーケティングコンタクトであると判断されたなら、それ以降、同じ期間内にマーケティング対象外として設定することはできません次の更新期間のために事前にコンタクトをマーケティング対象外として設定する方法について詳細をご確認ください。

マーケティングコンタクトにのみ使用できるツール

HubSpotアカウントのマーケティングツールで処理できるのは、マーケティングコンタクトのみです。

ワークフロー

ワークフローにアクセスできる場合、Eメール送信や広告オーディエンスへの追加広告オーディエンスからの削除など、ワークフローの中のすべてのマーケティングアクションで処理できるのは、マーケティングコンタクトのみです。

マーケティングEメール

クラシックまたはドラッグ&ドロップエディターでマーケティングEメールを送信したりスケジュールしたりする予定の場合、Eメールを受信しないコンタクトがあることに気付く場合があるかもしれません。

  • [送信または配信予約]タブで、右側の[内訳を表示]をクリックします。
  • 右側のパネルで、これらのコンタクトがEメールを受信しない理由、および理由ごとのコンタクト数を確認することができます。可能性のある理由の1つは、コンタクトがマーケティング対象外として設定されていることです。
保存済みビューを使用してマーケティング対象外コンタクトを特定し、それらをマーケティングとして設定することにより、マーケティングEメールを送信できるようにすることができます。そのようにすれば、現在の期間の請求可能コンタクト数上限のカウントに含められるようになります。

注:他のタイプのEメールについては、1対1のセールスEメールコミュニケーションからのチャット履歴Eメール登録EメールチケットキックバックEメールトランザクションEメールお客様のフィードバックアンケートなど、マーケティング対象外コンタクトに引き続き到達可能です。

広告

広告コンタクト リスト オーディエンスを作成する際に、広告ネットワークに送られないコンタクトがあることに気付く場合があるかもしれません。マーケティング対象外コンタクトの数を含め、理由ごとのコンタクト数を確認できます。

リスト内のマーケティング対象外コンタクトを特定し(「マーケティング コンタクト ステータス」のプロパティーで並べ替えるなど)、それらをマーケティングとして設定することができます。コンタクト リスト オーディエンスがすでに作成されている場合、マーケティングとして更新されるコンタクトは、自動的に広告ネットワークとの同期が実行されます。これらのコンタクトは、請求可能コンタクト数上限のカウントに含められます。

既存のコンタクトをマーケティングとして設定する

マーケティング コンタクト ステータスを更新する権限が付与されている場合、いつでもマーケティング対象外コンタクトを更新してマーケティングコンタクトにすることができます。それら新たに設定されたマーケティングコンタクトは、現在の期間の請求可能コンタクト数上限のカウントに含められます。

注:ひとたびコンタクトがマーケティングとして設定されたなら、次の更新日の前にコンタクトをマーケティング対象外に戻す手段はありません。実行できる唯一のことは、ウィザードで事前にマーケティング対象外として設定することだけであり、次の更新日にマーケティング対象外コンタクトステータスが適用されます。

複数のコンタクトを一括してマーケティングとして設定する

複数のコンタクトをマーケティングコンタクトとして設定するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • マーケティングコンタクトとして設定するコンタクトの横にあるチェックボックスを選択してオンにします。保存済みビューを使用するなら、適切なコンタクトを選択する上で役立ちます。
  • 表の一番上にある[続き]ドロップダウンメニューをクリックし、[マーケティングコンタクトに設定]を選択します。
  • ダイアログボックスで、更新するコンタクトのを入力し、[確認]をクリックします。

ワークフローを使用して自動的にコンタクトをマーケティングとして設定する

ワークフローツールへのアクセス権が付与されている場合、プロパティー値に基づいて自動的にコンタクトをマーケティングとして設定することができます。

このプロセスの概要を確認するには、以下の動画をご覧ください。

HubSpotアカデミーの全レッスンを見る:ワークフローの詳細

コンタクトのマーケティングステータスを設定するワークフローをセットアップするには、次の手順を実行します:

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存のワークフローを編集するには、ワークフローにマウスポインターを合わせ、[編集]をクリックします。または、新規ワークフローの作成方法を参照してください。
  • ワークフローエディターで、+プラスアイコンをクリックしてアクションを追加します。 
  • 右側のパネルで、[マーケティングコンタクトのステータスを設定]アクションを選択します。それから[値]ドロップダウンメニューをクリックし、[マーケティングとして設定]を選択します。
  • ワークフローをオンにしてあるなら、[マーケティングコンタクトのステータスを設定]アクション実行時に、登録トリガーを満たすコンタクトがマーケティングコンタクトとして設定されます。

フォームを使用して自動的にコンタクトをマーケティングとして設定する

フォームを作成する場合は、[作成されたコンタクトをマーケティングコンタクトに設定]スイッチをオンにすると、フォームを送信するコンタクトを自動的にマーケティングとして設定することができます。オンにすると、フォームを送信するコンタクト(既存のコンタクトも含む)は「マーケティング」として設定されます。この設定は、すべてのフォームで既定で有効になっていますが、フォームごとに設定を更新できます。

新しいコンタクトの既定のマーケティング コンタクト ステータスを設定する

コンタクトは、フォームやチャットフローなど、さまざまなHubSpotツールによって作成されます。これらのツールで作成されるコンタクトには、それぞれ既定のマーケティング コンタクト ステータスがあります。これらのリード獲得ツールの既定のマーケティング コンタクト ステータスの概要と、一部のツールで既定のマーケティング コンタクト ステータスを更新する方法について説明します統合によって作成されるコンタクトについては、既定のマーケティング コンタクト ステータスを設定することができます。