メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

コンタクトレコードを操作する

更新日時 2021年 7月 16日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotでコンタクトレコードを作成することで、チームは、自社がやり取りする担当者の情報を簡単に記録および取得でき、全員が同じ情報を共有できます。

コンタクトレコードを作成したら、コンタクトレコードを操作することでコンタクトに関する情報を保存、維持できます。

コンタクトレコードを表示する

  • HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトのインデックスページで、操作するコンタクトを見つけ、その名前をクリックします。会社のレコードが表示されます。

概要とアクション

左側のパネルには、コンタクトレコードのプロパティーと、レコードに対して実行できるアクションが表示されます。詳しくは、アカウントアクセス権が付与されているユーザーがすべてのユーザーとチームに対して表示される左側のサイドバーをカスタマイズする方法についての説明を参照してください。

  • 上部で、レコードのプライマリープロパティーを表示して編集します。プロフィール写真をクリックしてコンタクトの画像を更新し、edit鉛筆アイコンをクリックしてコンタクトの名前を編集することができます。このセクションで、コンタクトのEメールの右側にあるduplicateコピーアイコンをクリックして、Eメールアドレスをクリップボードにコピーします。

: レコード画像は、HubSpotアカウントでコンタクトや会社を識別するために内部で使用されます。コンタクトと会社はレコード画像を表示できません。

  • 左側のパネルの右上にある[アクション]ドロップダウンメニューをクリックします。
    • フォロー:レコードをフォローする場合にクリックします。既定では、所有するすべてのレコードをフォローします。レコードをフォローすると、レコードの更新に関する通知が送信されます。
    • すべてのプロパティーを表示:レコードのすべてのプロパティーを表示する場合にクリックします。
    • プロパティーの履歴を表示:レコードのプロパティー値の履歴を表示する場合にクリックします。
    • Googleで検索:Googleでコンタクトの名前と会社を検索する場合にクリックします。
    • EメールのオプトアウトコンタクトへのEメール配信を無効にする場合にクリックします。
    • アクティビティーを復元:クリックすると過去90日以内に削除された関連エンゲージメントを表示し、復元します。
    • マージ:コンタクトレコードを別のレコードにマージする場合にクリックします。
    • 削除:コンタクトレコードを削除する場合にクリックします。詳しくは、削除中に失われるデータについての説明を参照してください。
  • プライマリープロパティーの下で、それぞれのアイコンをクリックしてレコードを操作します。
  • [このコンタクトについて]セクションでコンタクトのプロパティー値を表示して編集します。詳しくは、このセクションに表示されるプロパティーを編集する方法についての説明を参照してください。管理者は、HubSpotアカウントのユーザーのセクションをカスタマイズすることもできます。
    • プロパティー値を編集するには、プロパティーの上にカーソルを置き、 edit(鉛筆アイコン)をクリックします。
    • 特定のプロパティーの履歴を表示するには、プロパティーの上にカーソルを置いて[詳細]をクリックするか、または下にスクロールして、[プロパティーの履歴を表示]をクリックします。すべてのプロパティーの変更履歴が表示されます。
    • すべてのプロパティーを表示するには、[すべてのプロパティーを表示]をクリックします。

      record-about-panel
  • [コミュニケーションのサブスクリプション]セクションでコンタクトのサブスクリプションを表示して編集します。このセクションを利用できるのは、GDPR機能が有効になっている場合のみです。詳しくは、コンタクトのサブスクリプションの追加についての説明を参照してください。
  • [ウェブサイトのアクティビティー]セクションで、コンタクトのウェブサイトとのやり取りを表示します

コンタクトタイムラインのアクティビティー

中央のパネルには、コンタクトに関連するアクティビティーが時系列順に表示されます。最新のアクティビティーが一番上に表示されます。以下の方法で、アクティビティーを表示して絞り込むことができます。

  • レコードの上部で、[すべて展開]または[すべて折りたたむ]をクリックして、すべてのタイムラインアクティビティーの詳細を展開するか、折りたたみます。

    expand-or-collapse-all
  • アクティビティーをタイプによってすばやく絞り込むには、上部のタブをクリックします。

activity-types-contact-record-2

  • [アクティビティー]タブで、[アクティビティーを絞り込み]ドロップダウンメニューを使用して特定のアクティビティーに絞り込むことができます。

  • 特定のユーザーまたはチームが所有するアクティビティーに絞り込むには、[すべてのユーザー]または[すべてのチーム]ドロップダウンメニューをクリックしてユーザーまたはチームを選択します。

  • 特定のアクティビティーを検索するには、右上の検索アイコンsearchをクリックします。以下のアクティビティーフィールドの条件の検索に基づいて、結果が返されます。

    • タスクの件名

    • タスク本文

    • メモ本文

    • コール本文

    • Eメールの件名

    • ミーティング本文

  • 特定のアクティビティーの詳細を折りたたむには、アクティビティーの左上にあるdown下矢印をクリックします。詳細を展開して編集するには、アクティビティーの左上にあるright右矢印をクリックします。

    collapse-activity-on-contact-record
  • アクティビティーの上にカーソルを置き、[アクション]をクリックし、アクティビティーをタイムラインの上部にピン留めするオプションを選択し、アクティビティーの履歴を表示するか、アクティビティーを削除します。
activity-actions-on-record

関連レコードと追加ツール

右側のパネルで、レコードに関連付けられている他のレコードとツールを表示します。セクションをドラッグして再配置できます。

関連レコード

これらの関連付けは、各レコードタイプのセクション(「会社」、「取引、「チケット」など)の下に表示されます。詳しくは、関連付けについての説明を参照してください。

コンタクトレコードを別のレコードに関連付けるには、次のようにします。

  • 関連レコードタイプセクションで[追加]をクリックします。

  • コンタクトに関連付ける新しいレコードを作成することも、既存のレコードをコンタクトに関連付けることもできます。
    • コンタクトを関連付ける新しいレコードを作成するには、[新規[レコード]を作成]タブでフィールドに情報を入力し、[作成]をクリックします。
    • 既存のレコードを関連付けるには、[既存の[レコード]を追加]タブをクリックして、レコードを検索し、検索結果の該当するレコードの横にあるチェックボックスをオンにします。[保存]をクリックします。

添付ファイル

コンタクトレコードにはファイルを添付するできます。記録されたEメールの一部としてコンタクトに送信された添付ファイルを表示することもできます。

リストメンバーシップとワークフローメンバーシップ

またHubSpotではオブジェクトと他のツールとの関連付けも確認できます。[リストメンバーシップ]セクションと[ワークフローメンバーシップ]セクションでは、コンタクトが含まれているリストワークショップの数が表示されます。

  • コンタクトが含まれているすべてのリストを表示するには、[リストメンバーシップを管理]をクリックします。[リストメンバーシップ]ページでは、非公開コンテンツの登録を管理できます
  • コンタクトが過去登録されていたワークフローと現在登録されているワークフローをすべて表示するには、[ワークフローメンバーシップを管理]をクリックします。[ワークフローメンバーシップ]ページでは、コンタクトをワークフローに登録できます。

プレイブック(「Sales Hub」または「Service Hub Professional」および「Enterprise」のみ)

コンタクトとコミュニケーションを取る際には、プレイブックをクリックして、対話のガイドとなる特定の事前定義の質問またはステップを表示できます。

Salesforce同期(「Professional」および「Enterprise」のみ)

[Salesforce同期]セクションには、コンタクトレコードがHubSpot-Salesforce連携を通じてSalesforceと同期されているかどうかが示されます。コンタクトがSalesforceと同期されていない場合、またはコンタクトが確実にSalesforceレコードに同期されているようにしたい場合は、[今すぐ同期]をクリックします。