お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts
Deals
Companies

インポートエラーのトラブルシューティング

更新日時 2020年 7月 15日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotにレコードをインポートするときに、エラーが発生する場合があります。エラーファイルをダウンロードするか、エラーの詳細を表示して、インポートファイルを正しくセットアップしたことを確認するか、またはSalesforceで問題を修正できます。 

ファイルのインポートエラー

  • HubSpotアカウントで、コンタクト、会社、取引、チケット、または製品に進みます。
  • 右上の[インポート]をクリックします。
  • エラーが発生したファイルインポートにカーソルを置き、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[エラーファイルをダウンロード]を選択します。
  • ダウンロードしたzipファイルからCSVファイルを取り出し、CSVファイルを開きます。
  • このファイルのError code(エラーコード)ヘッダーの下に表示されるエラーコード、Reason(理由)列に表示されるエラーの原因、および以降の列に表示されるエラーのあるオブジェクトの詳細を確認します。

エラーコード、エラーの詳細、および考えられる解決策のリストを以下に示します。

Invalid Enumeration Option(無効な列挙オプション)

インポートファイルに、列挙プロパティーの既存の選択肢と一致しない無効な値が含まれています。

インポートによってレコードが作成または更新されますが、列挙プロパティーには値が含まれません。

HubSpotのプロパティーとインポートファイルを比較して値の誤りを特定したら、正しい値でインポートファイルを更新して再インポートするか、影響を受けたレコード上でプロパティー値を直接更新します。

Failed Validation(Invalid Email)(検証失敗(無効なEメール))

インポートファイルに、一般的なEメールアドレスの形式(例name@domain.com)に準拠していないEメールアドレスが含まれています。インポートによってレコードが作成されず、また既存のレコードは更新されません。 

正しいEメールの値でインポートファイルを更新して再インポートします。

Failed Validation(Deal Stage or Pipeline)(検証失敗(取引ステージまたはパイプライン))

インポートファイルの取引ステージプロパティーに、HubSpotの既存の取引ステージに一致しない無効な値が含まれていました。インポートによってレコードが作成されず、また既存のレコードは更新されません。

正しい取引ステージでインポートファイルを更新して再インポートするか、HubSpotに取引ステージを追加します。

Could Not Parse Number(数値を解析できません)

インポートファイルの数値プロパティーに、数字以外の文字を含む値が含まれていました。インポートによってレコードを作成または更新できますが、数値プロパティーには値が含まれません。

正しい値でインポートファイルを更新して再インポートするか、影響を受けたレコード上でプロパティー値を直接更新します。

Could Not Parse Date(日付を解析できません)

インポートファイルに、インポート中に選択した形式に一致しない日付値が含まれていました。インポートによってレコードを作成または更新できますが、日付プロパティーには値が含まれません。

正しい値でインポートファイルを更新して再インポートするか、影響を受けたレコード上でプロパティー値を直接更新します。

Duplicate Row content(重複する行の内容)

インポートファイルに重複オブジェクトが含まれていることがHubSpotによって検出されました。インポートによって新しいオブジェクトは作成されません。

インポートファイルから重複を削除し、再インポートします。

Header and row sizes don’t match(ヘッダーと行のサイズが一致しません)

インポートファイルで、ヘッダーがない列にデータが含まれています。ヘッダーがない列のデータはインポートされません。

列のデータをインポートする必要があると確認した場合は、インポートファイルに適切なヘッダーを追加して再インポートします。

Multiple companies with this domain(このドメインに複数の会社が一致しています)

インポートファイルの「会社のドメイン名」の値に、HubSpotアカウント内の複数の会社が一致しています。インポートによって会社レコードは更新されません。

会社ホームで該当する「会社のドメイン名」の値を検索して、重複する会社を見つけます。会社レコードをマージするか、それらのいずれかを削除してから、ファイルを再インポートします。

Invalid Alternate ID(無効な代替ID)

インポートファイルに、Eメールアドレスとしてインポートされた無効な値が含まれています。インポートによってレコードが作成されず、また既存のレコードは更新されません。

正しいEメール値でインポートファイルを更新し、再インポートします。

Unknown bad request(不明で誤りのあるリクエスト)

インポートファイルに、HubSpotアカウント内の既存のレコードと一致しない無効なレコードIDが含まれています。データが既存のレコードに一致しないため、インポートによってレコードを更新できません。

IDを再確認し、正しいオブジェクトIDでインポートファイルを更新します。

Multiple owners found(複数の担当者が検出されました)

インポートファイルに、複数ユーザーに一致する「担当者」の値が含まれていました。これは通常、名前で発生します(例:HubSpotアカウントにJohn Doeというユーザーが2人存在し、インポートファイルに「John Doe」という名前が含まれている場合)。インポートによって新しいレコードを作成できますが、担当者プロパティーは空白のままになります。

担当者の名前をEメールアドレスに置き換えてインポートファイルを更新して再インポートするか、影響を受けたレコード上でプロパティー値を直接更新します。

Invalid Object ID(無効なオブジェクトID)

インポート中に、オブジェクトIDを使用して既存のレコードを更新するチェックボックスが選択されました。しかし、ファイルにリストされているオブジェクトIDはHubSpotの既存のIDに一致しませんでした。

オブジェクトIDが正しいことを確認してください。HubSpot上の既存のオブジェクトを更新しない場合は、インポート処理中にチェックボックスを選択しないでください

Salesforceインポートエラー

  • HubSpotアカウントで、コンタクト、会社、取引、チケット、または製品に進みます。
  • 右上の[インポート]をクリックします。
  • エラーが発生したSalesforceインポートの上にカーソルを置き、[インポートエラーを表示]をクリックします。 
  • [インポートエラー]のテーブルで、エラーの上にカーソルを置き、[詳細を表示]をクリックして詳細情報を表示します。

salesforce-import-errors-view-details

右側のパネルには、エラーの説明とともに、解決情報が表示されます。エラーの影響を受けたレコードのリストも表示されます。レコードのリンクをクリックしてレコードにアクセスし、必要に応じて変更を行います。 

salesforce-import-error-details

/jp/crm-setup/troubleshoot-import-errors