メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

HubSpot Sales Chrome拡張機能でコンタクトプロファイルを使用する

更新日時 2021年 10月 12日

対象製品

すべての製品とプラン

コンタクトプロファイルは、GmailのE メールアカウントで右のサイドバーペインに表示されます。コンタクトプロファイルを使用して、受信トレイを離れることなく、CRM内のコンタクトレコードに記録されているコンタクトに関する情報にアクセスできます。

拡張機能のコンタクト プロファイル セクションから、タスクや取引の作成などの特定のアクションを実行することもできます。

HubSpotのコンタクトデータベースの検索

コンタクトプロファイルを利用することで、受信トレイを離れることなくHubSpotに保存したコンタクトを検索することができます。

  • Gmailにログインします。
  • Gmail受信トレイの右側にあるサイドパネルで、スプロケットアイコンsprocketをクリックします。

contact-profiles-icon

注:Gmail受信トレイの右側にあるサイドパネルが非表示にされている場合は、コンタクトプロファイルにアクセスするためにサイドパネルを表示する必要があります。サイドパネルが表示されない場合は、右下の「サイドパネルを表示」をクリックします。

  • 特定のコンタクトを名前またはEメールアドレスで検索するには、検索バーに名前またはEメールアドレスを入力します。

search-for-a-contact

  • コンタクトの名前をクリックします。HubSpotのコンタクトレコードが、サイドバーに表示されます。
  • コンタクト プロファイル サイドバーで、HubSpotの保存済みフィルターを使用してコンタクトを検索することもできます。[すべてのコンタクト]ドロップダウンメニューをクリックし、保存済みフィルターを選びます。

注:アカウントでGDPRが有効になっている場合、コンタクトプロファイルはGmailの受信トレイで常に有効になります。

コンタクトプロパティーの編集と関連するタスクまたは取引の作成

コンタクトの[概要]セクション、取引、タスク、タイムラインなど、CRMに保存されているコンタクトに関する情報は、右側のサイドパネルに表示されます。コンタクトのプロパティーを編集したり、タスクや取引を作成したりできます。また、コンタクトプロファイルから直接電話をかけることもできます。

CRM内のコンタクトのレコードに直接移動するには、コンタクトの名前の下にある[CRMで開く]をクリックします。コンタクトがEメールの配信を解除している場合、Eメールアドレスの下にメッセージが表示されます。

clients-unsubscribe

コンタクトのプロパティーを編集する

コンタクトプロファイルでコンタクトのプロパティーを編集できます。プロパティーの変更は、CRM内のコンタクトのレコードにも適用されます。

  • [概要]セクションをクリックして展開します。ここに表示されるプロパティーは、HubSpotアカウントの既定として指定されています。
  • コンタクトのプロパティーの上にカーソルを重ねてedit鉛筆アイコンをクリックします。

edit-property-from-contact-profile

  • プロパティーの新しいを入力し、[保存]をクリックします。

コンタクト向けのタスクを作成する

コンタクトプロファイルから直接そのコンタクトに関連するタスクを作成できます。

  • コンタクトプロファイルで[タスク]セクションをクリックして展開します。
  • 展開すると、作成済みのタスクまたは自分に割り当てられた既存のタスクが表示されます。[追加]をクリックし、コンタクトを対象とした新しいタスクを作成します。
  • タスクの名前を入力し、タスクの期限日を選択します。
  • [保存]をクリックします。

create-task-from-contact-record

作成したタスクは、タスク インデックス ページとCRM内のコンタクトのレコードにも表示されます。

コンタクトの取引を作成する

  • コンタクトプロファイルで、[取引]セクションをクリックして展開します。
  • 関連する最初の10件の案件がここに表示されます。[追加]をクリックし、レコードの新規取引を作成します。
  • 各必須フィールドのを入力または選択します。新規取引を作成するときに表示されるフィールドを更新できます。
  • [取引を関連付ける]セクションで、[コンタクト]ドロップダウンメニューをクリックし、取引を関連付ける追加のコンタクトのチェックボックスをオンにします。必要に応じて、[会社]ドロップダウンメニューをクリックし、取引を関連付ける別の会社を選択します。
  • [取引を作成]をクリックします。
新規に作成された取引が、GmailのコンタクトプロファイルおよびHubSpotの取引のインデックスページに表示されるようになります。

電話をかける

コンタクトプロファイルからコールを開始することもできます。コンタクトプロファイルで、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[コール]を選択します。HubSpot内のコンタクトのレコードが表示され、[コール] ウィンドウが開き、すぐにコールを開始できます。

Eメール受信者をコンタクトとして追加する

HubSpotコンタクトデータベースに含まれていないユーザーをEメールで送信する際、コンタクトプロファイルで、[HubSpotに追加]をクリックしてHubSpotアカウントにコンタクトを追加します。コンタクトの追加後、Gmailアカウントをログアウトすることなく、サイドバーから直接編集コンタクトのプロパティーを編集できます。

アカウントで[HubSpot AIを使用してEメールからコンタクトの詳細を自動的にキャプチャーします]設定が有効になっている場合、HubSpotのAIにより、Eメールからコンタクトの情報がスキャンされます。コンタクトレコードに保存されていないデータがある場合、HubSpotは、コンタクトのプロパティーのうち欠落している部分に、Eメールの情報を設定します。HubSpotに保存する前に必要に応じて、プロパティー値をオーバーライドできます。

add-to-crm-from-contact-profiles

コンタクトプロファイルでの問題のトラブルシューティング

コンタクトプロファイルを確認しようとしてもGmailの画面右側のサイドバーにログインのメッセージが表示されて先に進めない場合は、ブラウザーと受信トレイの設定を変更しなければならない場合があります。

最初に、ChromeでCookieの設定を調整します。

  • Chromeブラウザーの右上にある3つの点またはラインのアイコンをクリックして[設定]メニューを開き、次に[設定]をクリックします。

  • スクロールダウンして[詳細設定]をクリックします。
  • [プライバシーとセキュリティー]のセクションで、[サイトの設定]をクリックします。Chromeの古いバージョンではこれは[コンテンツの設定]と示されます。
  • [Cookies]をクリックします。
  • [サードパーティーのCookieをブロックする]の設定は、必ずオフにしておきます。変更内容は自動的に保存されます。
  • [サードパーティーのCookieをブロックする]の設定をOFFにできない場合は、[許可]のセクションで[追加]をクリックし、[*.]getsidekick.com[*.].hubspot.com[*.]hsappstatic.netの3つを明示的に許可します。
  • Gmailを最新の情報に更新します。

また、Gmail Labsの中には、ベータ版の機能に変則的なフォーマットを使用しているために、HubSpot Sales Chrome拡張機能との互換性がないものがあります。具体的には、[Preview Pane]と呼ばれるGmail Labには、Gmailのコンタクトプロファイルとの互換性がありません。これを無効にすることで、コンタクトプロファイルのサイドバーが正しく表示されるようになるはずです。
  • Gmailを開きます。
  • 歯車アイコンをクリックし、[設定]を選択します。
  • [Labs]のタブをクリックします。
  • [プレビュー ペイン]を見つけて、この機能をオフにします。

上記の手順を行ってもコンタクトプロファイルが正しく表示されない場合は、その他のLabsもオフにしてみます。詳しくは、HubSpot Sales Chrome拡張機能のトラブルシューティングをご確認ください。