お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

接続されたEメールアカウントに適用される送信数制限

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotでは、接続されたEメールアカウントから送信される1対1のEメールとシーケンスEメールの両方に、1日あたりの送信数制限が適用されます。送信数制限に近づくかまたは送信数制限に達すると、HubSpotから通知が送信されます。これらの制限は過去24時間に対して適用され、特定の時点でにリセットされることはありません。

制限 定義
HubSpotの送信数制限 HubSpotに接続している受信トレイから送信される1対1のEメールの1日あたりの送信数制限。この制限は、個人の受信トレイまたはコミュニケーションツールに接続されたチームのEメールアドレスから送信されるEメールに適用されます。
シーケンスの日次送信数制限 シーケンス経由で送信される自動配信Eメールの1日あたりの送信数制限。送信数には、以前のシーケンス登録また新しいシーケンス登録により送信がスケジュールされているシーケンスEメールのすべてが含まれます。送信数制限はHubSpotサブスクリプションによって異なります。

 

HubSpotの送信数制限

接続している受信トレイから送信される1対1のEメールには、1日あたりの送信数制限があります。この制限は、パーソナル受信トレイまたは チーム受信トレイから送信されたEメールに適用されます。送信数制限が適用されるため、Eメールプロバイダーの送信レート制限を超えることはありません。HubSpotの送信数制限は、Eメールプロバイダーの制限によって異なります。

  • Gmail Free:1日あたり350件のEメール
  • Google Apps:1日あたり1000件のEメール
  • Office 365:1日あたり1000件のEメール
  • Exchange Inbox:1日あたり1000件のEメール
  • 汎用受信トレイ:1日あたり1000件のEメール

ExchangeまたはIMAPで接続された受信トレイに適用される制限は、メールクライアントによって異なります。GmailおよびOffice 365のレート制限についてご確認ください。

ご注意ください:プロバイダーのレート制限には、追加の制限が含まれる場合があります(帯域幅制限など)。したがって、割り当てられているEメール送信数を超えていないとしても、プロバイダーの制限に到達する可能性があります。さらに、同じOffice 365アカウントを複数回HubSpotアカウントに接続すると、すぐにレート制限に達してエラーが発生する可能性があるという点にもご注意ください。Office 365 Eメールは1ユーザーのアカウントに接続することをお勧めします。 

シーケンスの日次送信数制限

Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseService Hub ProfessionalまたはEnterpriseのいずれかのシートが割り当てられているユーザーの場合、シーケンスでの送信Eメール数の1日あたりの制限もあります。HubSpot製品・サービスカタログで送信数制限を確認できます。

シーケンスの送信数制限は、新しい登録の数ではなく、1日あたりのシーケンスEメールの送信数に基づいています。この制限には、コンタクトがシーケンスに新規登録される時点ですぐに送信されるEメールと、以前の登録によりスケジュール済みの送信がすべて含まれます。たとえば、シーケンスの1日の送信数制限が500件であり、特定の日にすでに450件のEメールの送信がスケジュール済みである場合、その日にさらに送信をスケジュールできる追加シーケンスEメールの数は50件となります。

HubSpotでは、制限にすでに達している状態でその日に送信するEメールでシーケンスを開始しようとすると、通知が送信されます。

シーケンスにコンタクトを登録するには、Eメール送信日付を更新する必要があります。

  • 1日の制限に近づくと、その日に送信可能な残りのシーケンスEメール数を示す黄色のエラーメッセージが右下隅に表示されます。

close-to-reaching-send-limit

  • 送信数制限に達すると、右下に赤色のエラーメッセージが表示されます。更新する必要があるEメールを確認するには、左側のパネルで[すべてのコンタクト]を選択します。Eメールステップが上部に表示されます。Eメールステップに移動し、ドロップダウンメニューを使用して送信の日付を更新します。

email-send-limit-update-email

また、シーケンスのスケジュール済みEメールをモニタリングすることで、送信のためにキューに追加されたEメールの数を判断することもできます。チームのシーケンスの送信動作をモニタリングするには、シーケンスの送信者スコアレポートを確認します。