Integrations

Salesforce オポチュニティを HubSpot と同期する

更新日時 2020年 10月 19日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise

Salesforce のオポチュニティをHubSpotで取引として同期する

始める前に

会社の同期がオフに切り替えられたときにSalesforceオポチュニティーによってHubSpot取引が作成された場合は、HubSpotとSalesforceがアカウント/会社データを同期できません。このデータには、オポチュニティーのアカウント関連付けが含まれます。
 
取引の関連付けが正しく同期されることを保証するには、オポチュニティーの同期を有効にするに以下の手順を実行することをお勧めします。
  1. 会社の同期がSalesforce統合に対して有効になっており、Salesforceアカウントのインポートが完了していることを確認します 。
  2. アカウントのインポートが完了したら、オポチュニティーの同期を有効にしてから、Salesforceオポチュニティーのインポートを実行します。取引の同期が有効になる前に作成されたオポチュニティーは、自動的にHubspotに同期されないため、Hubspotにインポートする必要があります。

 

HubSpot の取引プロパティは、以下の標準の Salesforce オポチュニティフィールドと同期されます。

  • 所有者
  • クローズ日
  • 名前
  • タイプ
  • 説明
  • 金額
  • ステージ

カスタムフィールドマッピングを作成すると、Salesforce オポチュニティフィールドと他の HubSpot 取引プロパティを同期することもできます。

注:複数通貨の組織内のSalesforceオポチュニティーはHubSpotに同期できますが、統合は通貨値を同期中に通貨間の変換を行うことができません。SalesforceとHubSpot間で数値のみが同期され、為替レートは適用されません。

オポチュニティ同期を有効にする

Salesforce内のオポチュニティーは、取引としてHubSpotに同期されます。オポチュニティーがSalesforceコンタクトレコードに関連付けられている場合は、同期された取引をHubSpot内の対応するコンタクトに関連付けるために同期が必要になります。そのためには、Salesforce内のコンタクトレコードがOpportunityContactRoleとしてオポチュニティーに関連付けられていることを確認してください。

HubSpot で作成された取引も、オポチュニティとして Salesforce と同期します。HubSpot コンタクトが取引に関連付けられている場合、対応する Salesforce コンタクトレコードは、OpportunityContactRoleとして Salesforce のオポチュニティに追加されます。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • [Salesforce]をクリックします。
  • [取引]タブに移動して、[取引を同期]のスイッチをオンに切り替えます。

salesforce-sync-deals

注:アカウントで取引の同期を有効にするには、統合ユーザーがSalesforce内のすべてのデータの変更権限とメタデータAPI関数を通したメタデータの変更権限のどちらかを持っている必要があります。

  • 同期がオンになったら、Salesforce内の各オポチュニティーレコードがHubSpot内の対応するパイプラインに同期されます。パイプラインに「Salesforce - [Salesforce内のレコードタイプID]」という名前が付けられます。Salesforceアカウントで1つのパイプラインしか作成されていない場合は、HubSpotで「Salesforce - 既定のパイプライン」という名前が付けられます。
multi-pipeline-salesforceSalesforce同期パイプライン内の取引のみがHubSpotとSalesforce間で同期されます。取引の同期を停止するには、Salesforceと同期していないパイプラインに取引を移動します。 

Salesforceのコンタクトをオポチュニティと関連付けると、統合が、取引のライフサイクルステージを更新します。また、最近作成されたオポチュニティの追加のプロパティを同期します。

注:HubSpot取引と同期しているSalesforceオポチュニティーを削除すると、HubSpot取引が削除されます。ただし、HubSpot取引を削除した場合は、対応するSalesforceオポチュニティーが削除されません

HubSpot に Salesforceオポチュニティをインポートする方法についてご確認ください。

オポチュニティと同期されるコンタクトプロパティ

Salesforce コンタクトがオポチュニティに関連付けられている場合、統合は 4 つの HubSpot コンタクトプロパティーを更新します。これらのフィールドは、リストまたはフィルターのセグメンテーションやカスタムレポートの作成に使用できます。

  • 関連付けられている取引: 関連付けられているオポチュニティの数。
  • 最初の取引の作成日: オポチュニティが作成された日付。
  • 最近の取引クローズ日: 最近成立したオポチュニティの成立日。
  • 最近の取引金額: このコンタクトに関連付けられている、最近作成された成立したオポチュニティの金額。
  • 売上高合計:各コンタクトに関連付けられているすべてのオポチュニティの売上高の合計。

注:[最近の取引金額]プロパティーは、最近クローズされた取引ではなく、コンタクトに関連付けられた、最近作成された取引から値を取得します。

会社としてSalesforce アカウントをHubSpot に同期する方法についてご覧ください。