お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

BCCまたは転送先アドレスを使用してEメールをCRMに記録します。

更新日時 2020年 9月 24日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotセールスEメール拡張機能を使用すると、HubSpot外部からCRMに送信されたEメールを自動的に記録できます。セールス拡張機能を使用していない場合は、HubSpotのBCCアドレスまたは転送先アドレスを使用してEメールを手動で記録することができます。

BCCアドレスまたは転送先アドレスを使用してHubSpotに記録されるEメールには、Eメールの内容とそのEメールのすべての添付ファイルが含まれます。ログに記録されるEメールは、自動的に受信者のコンタクトレコード、そのコンタクトに関連付けられている会社レコードと最後に行った5件の取引レコードに関連付けられます。HubSpotへのEメールの返信のログ記録についての詳細をご確認ください。

注:Eメールの添付ファイルが30MBを超えていると、添付ファイルはCRMにログ記録されません。Eメール自体はCRMにログ記録されますが、添付ファイルはなくなります。受信トレイにEメール配信エラーも届きます。

BCCアドレスを使用する場合

EメールクライアントからEメールを送信する際に、EメールのBCC行にBCCアドレスを追加します。Eメールの内容は、HubSpotのコンタクトレコードに自動的に記録されます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[統合]>[Eメールの統合]の順に進みます。
  • [ログとトラッキング]タブをクリックします。
  • [BCCアドレス]フィールドの右にある[コピー]をクリックします。

bcc

  • Eメールの受信トレイに移動して、新しいEメールを作成します。
  • コピーしたBCCアドレスをEメールのBCC行に追加します。

送信されたEメールはHubSpotのコンタクトレコードに記録されます。Eメールの受信者がHubSpotのコンタクトレコードに関連付けられていない場合、新しいレコードが作成されます。

注:BCCアドレスを使用してEメールをログに記録している場合は以下のようになります。
  • HubSpotは、トラッキングされたEメールでCCされた相手の新しいコンタクトレコードをアカウントに作成します。ただし、Eメールで受信者がBCCになっている場合、そのEメールによって新しいレコードは作成されません。受信者がコンタクトとして存在している場合、そのEメールは既存のレコードにログ記録されません
  • 複数のユーザーが同じEメールを個人受信トレイとして接続すると、BCCアドレスを使用してログに記録されるEメールは、いずれかのユーザーにランダムに帰属することになります。これはチームのアクティビティレポートに影響することがあります。その場合はCRMからEメールを送信するか、またはEメールをコミュニケーション受信トレイでチームのEメールアドレスとしてEメールを接続することが推奨されます。

 

BCCアドレスを使用してEメールをCRMにログ記録するための要件

EメールをCRMに記録するには、以下の条件を満たしている必要があります。

注:トラッキングせずにEメールクライアントでBCCアドレスを手動で使用する場合、HubSpotのコンタクトレコードにEメールが記録されるだけです。Eメールの開封やクリックがトラッキングされることはありません

 

転送先アドレスを使用する場合

転送先アドレスを使用して、Eメールの返信をコンタクトレコードのタイムラインに記録します。転送先アドレスは、受信したEメールをログに記録する必要がある場合に便利です。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[統合]>[Eメールの統合]の順に進みます。
  • [ログとトラッキング]タブをクリックします。
  • [転送先Eメールアドレス]フィールドの右にある[コピー]をクリックします。

forwarding

  • Eメールの受信トレイに移動して、HubSpotに記録するEメールを開きます。
  • コピーした転送先アドレスにEメールを転送します。

転送されたEメールはHubSpotのコンタクトレコードに記録されます。Eメールの受信者がHubSpotのコンタクトレコードに関連付けられていない場合は、新しいレコードが作成されます。

Eメールに返信してからEメールスレッドをHubSpotに転送すると、そのEメールはコンタクトのレコードに記録されません。Eメールに返信するとEメールヘッダーが変更されます。この形式のヘッダーは、転送先アドレスではサポートできません。

 

転送先アドレスを使用して返信をCRMにログ記録するための要件

EメールをCRMに記録するには、以下の条件を満たしている必要があります。

  • 個別の返信Eメールを転送することになります(Eメールチェーンに含まれる他のEメールは転送されません)。Eメールクライアントによって生成される転送メッセージヘッダーは、次のようになります。

forward-message

  • 元のEメールを送信した相手がCRMに含まれていない場合、そのEメールまたはEメールドメインが[ログに記録しない]リストに含まれていない限り、メッセージを転送するとコンタクトレコードが作成されます。
  • 転送メッセージは、HubSpotでサポートされている言語のいずれかで作成されている必要があります。
  • 転送メッセージに、EメールのHTMLとプレーンテキストの両方のセクションが含まれていることが必要です。

転送されるEメールが上記の要件を満たしているのに、HubSpotにログ記録されない場合、そのEメールクライアントにはHubSpotの転送機能との互換性がありません。転送されるEメールについて、標準の書式はありません。Eメールの書式をHubSpotで処理できない場合、そのEメールはHubSpotにログ記録されません。Eメールクライアントに転送機能との互換性がない場合、HubSpotにEメールを手動でログ記録する方法について詳細をご確認ください。

コンタクトまたはプロスペクトからEメール返信を受信した場合、かつ相手が受信者をCCにしていた場合、HubSpotはポータルでコピーされた受信者をコンタクトとして追加しません。

/jp/settings/log-email-in-your-crm-with-the-bcc-or-forwarding-address