メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローで分岐を使用する

更新日時 2021年 8月 30日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional

ワークフローで分岐を使用し、特定の条件に基づいて、登録されたオブジェクトを複数の経路に送信します。

ワークフローには、次の2種類の分岐があります。

  • If/then分岐:ワークフロータイプに応じて、プロパティー、アクティビティーなどに基づいて複数の分岐を手動で構成します。このタイプの分岐は、AND条件およびOR条件を使用して、登録されたレコードをさらに細かくフィルターするように構成できます。使用例を次に示します。
    • フォームを入力した登録済みコンタクトの分岐。
    • ボストンを拠点とし、かつ(AND)4つ以上の未処理の取引がある登録済み会社の分岐。
  • 単純分岐:プロパティーと前のアクションの結果に基づいて、複数の分岐を自動的に構成します。このタイプの分岐の構成には、AND条件とOR条件は使用できません。単純分岐ごとに、単一のプロパティーに関する最大250の固有の分岐を作成できます。使用例を次に示します。
    • タスクを作成し、そのタスクが完了するまでコンタクトを遅延するワークフローを作成する。この場合、単純分岐を使用して、タスクが完了したかどうかによりコンタクトをセグメント化できます。
    • リード割り当てワークフローの担当者ごとに自動的に分岐を作成する。

注:分岐条件が「ページビュー」などのアナリティクスに基づいている場合、分岐の前に80分の遅延を追加することをお勧めします。これにより、アナリティクスには更新のための十分の時間が設けられます。HubSpotアナリティクスの更新頻度についての詳細をご覧ください。  

ワークフローに分岐を追加する

分岐アクションをワークフローに追加するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存のワークフローを編集するには、ワークフローにマウスポインターを合わせ、[編集]をクリックします。または、新規ワークフローの作成方法を参照してください。
  • +プラスアイコンをクリックして新規アクションを追加します。add-an-action
  • 右側のパネルで、[If/then分岐]または[単純な分岐]を選択します。

分岐タイプを選択したら、分岐を構成します。

if/then分岐を構成する

[If/then分岐]アクションを選択した後、次の手順を実行します。

  • 右側のパネルの[分岐名]フィールドに、分岐の名前を入力します。
  • フィルタータイプを選択してから、if/then分岐の条件を選択します。if/then 分岐条件オプションは、登録トリガー条件オプションと同じです。
  • 条件を選択したら、[フィルターを適用]をクリックします。

複数分岐を追加

ワークフローを統合するために、if/then分岐アクションに最大20個の分岐を追加できます。登録されたレコードは、分岐が設定された順に各分岐に対して評価されます。たとえば、コンタクトが最初の分岐条件を満たしている場合は、他の分岐に対して評価されずに、YES分岐に進みます。if/then分岐を並べ替える方法を確認してください。

下のサンプルスクリーンショットでは、コンタクトが[ライフサイクルステージ]プロパティーに基づいて3つの分岐に対して評価されています。 

workflow-multiple-branches-example

if/then分岐アクションに複数の分岐を追加するには、次の手順を実行します。

  • 最初のif/then分岐条件を追加したら、[別の分岐を追加]をクリックします。

    workflow-add-another-branch
  • 新しい分岐の条件を選択してから、[フィルターを適用]をクリックします。
  • 分岐を複製するには、分岐の上にカーソルを置き、duplicate複製アイコンをクリックします。

    workflow-branch-clone
  • 完了したら、[保存]をクリックします。

いつでも、if/then分岐内の分岐を並べ替えることができます。

  • [If/then分岐]アクションをクリックします。
  • 右側のパネルで、分岐の上にカーソルを置き、青色のドラッグ アンド ドロップ バーをクリックして目的の場所までドラッグします。または、[続き]ドロップダウンメニューをクリックして、[上に移動]または[下に移動]を選択します。
  • [保存]をクリックします。

    workflow-if-then-branch-reorder

単純分岐を構成する

[単純な分岐]アクションを選択した後、次の手順を実行します。

  • 右側のパネルで、[分岐となるプロパティーまたは値]ドロップダウンメニューをクリックして、分岐条件を選択します。
    • 登録済みレコードのプロパティー値で分岐するには、[このワークフローの[レコード]]をクリックして展開し、プロパティーを選択します。
    • 前のアクションの結果で分岐するには、前のアクション名をクリックして展開し、アクションの出力を選択します。

      workflows-simple-branch-options
  • プロパティーまたは結果の値ごとに別の分岐を作成するには、[このプロパティーの各値に個別の分岐を作成]チェックボックスをオンにします。このオプションは、チェックボックスと選択タイプのプロパティーにのみ表示されます。

    workflows-simple-branch-create-separate-branches
  • [次へ]をクリックします。
  • 作成する分岐をセットアップします。
    • 分岐を追加するには、[+分岐を追加]をクリックし、値フィールドに分岐の値を入力します。
    • 分岐を削除するには、値の隣にあるdelete削除アイコンをクリックします。 
  • 分岐を作成するには、[保存]をクリックします。

分岐後にアクションを追加する

分岐を追加したら、各分岐の下にアクションを追加します。 

注意: 分岐条件が、ワークフローの前のアクションでコンテンツに関与する、コンタクトまたは関連付けられているコンタクトに基づいている場合(前のアクションで送信されたマーケティング電子メールを開くコンタクトなど)、コンテンツとの連携時間を確保するため、分岐のに遅延を追加してください。

  • +プラスアイコンをクリックして、「はい」の分岐または「いいえ」の分岐の下にアクションを追加します。以下の例では、コンタクトが[お問い合わせフォーム]フォームに入力した場合、「はい」の経路を進みます。[お問い合わせフォーム]に入力していない場合は、「いいえ」の経路を進みます。workflow-branch-form-submission
  • 必要に応じて、+プラスアイコンをクリックし、さらにアクションを追加します。登録済みレコードは、分岐内の最後のアクションの後にワークフローを完了します。

分岐をテストする

if/then分岐を個別にテストしたり、すべてのワークフローアクションをテストすることによりオブジェクトがすべての分岐をどう進んでいくかを確認したりすることができます。

注意:複数の分岐を含むif/then分岐は個別にテストできません。その代わり、テスト機能を使用することにより、ワークフローアクションのすべてをテストしてください。

単純分岐はすべてのワークフローアクションをテストすることでテストできます。