お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Chatflows

ログイン訪問者とのチャット

更新日時 2020年 10月 19日

外部サイトでログイン機能を使用している場合、またはHubSpotでホストされている非公開のページ、ブログ記事、またはナレッジベースコンテンツにアクセスするためにメンバー登録が必要な場合は、コミュニケーション受信トレイでログイン訪問者を識別することができます。受信トレイで訪問者とチャットしている間は、その名前やEメールアドレスなど、訪問者に関する既知の情報にアクセスできます。この情報を使用することにより、メッセージコンテンツをパーソナライズすることができます。 

訪問者の識別をセットアップする

外部でホスティングされているウェブサイトでログイン機能を使用している場合は、チームの開発者と協力することにより、情報をHubSpotに送信するように、訪問者の識別APIをセットアップする必要があります。HubSpotの開発者ドキュメントで、訪問者の識別APIについての詳細をご確認ください。

HubSpotでホストされているページ、ブログ記事、またはナレッジベース記事でメンバー登録機能を使用している場合、すでにサインインしている訪問者は、チャットウィジェットにより自動的に認識されます。

注:HubSpotでメンバー登録機能を使用できるのは、Service Hub ProfessionalEnterprise、またはCMS Hub Enterpriseのアカウントのユーザーのみです。訪問者の識別APIをセットアップするには、ProfessionalまたはEnterpriseのアカウントが必要です。 

受信トレイでログイン訪問者を表示する

受信トレイ内のログイン訪問者から送信されたメッセージに応答すると、右側のサイドバーにコンタクトレコードが表示されます。それぞれのレコードから得られる情報を使用することにより、パーソナライズされたメッセージで返信することができます。過去のメッセージがあればそれらも表示されるため、そのコンタクトの過去のコミュニケーション全体の記録が保たれます。

identify-a-logged-in-visitor

ログイン訪問者をターゲットにする

この機能を使用することにより、ログイン訪問者に対してのみ表示されるようにチャットフローのターゲットを設定することもできます。チャットフローのターゲットルールの設定について詳細をご確認ください。

logged-in-targeting-rules