Contacts(コンタクト)とContact Properties(コンタクトプロパティ)のツアー

更新日時 June 29, 2016

必要条件

ソフトウェア: HubSpot マーケティング
サブスクリプション: Basic, Pro, & Enterprise

他の企業とかかわりを持つ会社であっても、消費者と直接やり取りする会社であっても、人に重点を置いていることに変わりありません。HubSpotのContacts(コンタクト)ツールは、あなたのビジネスと関係のあるすべての人や企業の情報を記録するための中心となるデータベースです。Contacts(コンタクト)ツールには、あなたのビジネスとやり取りのあるすべての人がコンタクトとして記録されます。

ビジネスにとって重要な人がウェブサイト上のフォームに入力すると、Contacts(コンタクト)ツールにコンタクト情報が追加されます。スプレッドシートとしてインポートしたり、[All Contacts(すべてのコンタクト)]から手動で追加することもできます。または、アカウントにセットアップしたAPI統合機能によって追加されます。Contacts(コンタクト)ツールは他の多くの機能と連携するため、HubSpotアカウントの中心となる機能です。フレキシブルで、リードや顧客を簡単に分析することができます。コンタクトの管理と、スマートコンタクトリストや静的コンタクトリストの作成には、Contacts(コンタクト)ツールとLists(リスト)ツールを使用します。

Contacts(コンタクト)ツールから、カスタムコンタクトプロパティを作成して、効果的なワークフローやマーケティングアクションを生成できます。コンタクトツールを使用して、会社とコンタクトとのインタラクションを見ることもできます。リードでも顧客でも、あるいは他のどんなライフサイクルステージにあっても、コンタクトの関心やニーズを把握するためには、コンタクトをトラッキングすることが重要です。

Contacts(コンタクト)ツールの機能とは?

すべてのコンタクト

Contacts(コンタクト)ダッシュボードとしても知られるすべてのコンタクトには、すべてのコンタクトのリスト、コンタクトが作成された日付、ランディングページでのコンタクトの最近のコンバージョン、カスタマイズ可能なその他の情報が含まれます。ダッシュボードから新しいコンタクトの追加、コンタクトのインポート、コンタクトリストの管理ができます。また、検索バーでリストメンバーシップまたはコンタクトプロパティごとに、すべてのコンタクトを検索できます。各コンタクトの横にチェックボックスがあります。1つまたは複数のコンタクトのチェックボックスを選択すると、上部に[Add to list(リストに追加)]、[Enroll in Workflow(ワークフローに登録)]、[Delete(削除)]の3つのオプションが表示されます。これらのボタンを使用して、選択したコンタクトをリストやワークフローに追加したり、コンタクトデータベースから削除したりできます。ダッシュボードは一目でコンタクトの合計数を確認したり、一か所でコンタクトに関するすべての情報を入手したりする簡単な方法です。

HubSpot Help article screenshot
HubSpot Help article screenshot

ダッシュボードに表示される列はカスタマイズできます。たとえば、各コンタクトのライフサイクルをすばやく判断できるので、ライフサイクルステージのカラムを選択して追加できます。カラムをカスタマイズするには、[Contacts(コンタクト)] > [All Contacts(すべてのコンタクト)]に移動します。

右側にある、[Edit Columns(列を編集)]ボタンをクリックして、表示するプロパティを確認し、[All Contacts(すべてのコンタクト)]ビューで表示するプロパティをチェックします。

HubSpot Help article screenshot

コンタクトの追加

コンタクトが多ければ多いほど、コンタクトを分析するためのプールは大きくなります。サンプルのサイズが大きいほど正確な分析ができるので、コンタクトのニーズや関心に応える能力を向上させるのにも役立ちます。

Lists(リスト)ツール(コンタクトメニューの下にある)で、[New contact(新規コンタクト)]ボタンをクリックすると、手動でデータベースに新しいコンタクトを追加できます。 すべてのHubSpotコンタクトに必須の1つのコンタクトプロパティはEメールアドレスです。 Eメールアドレスがないと、コンタクトを作成できません。  

HubSpot Help article screenshot

次にその人について分かっている情報を入力して、アカウントにコンタクトを作成することができます。どの個別のコンタクトのContacts Overview(コンタクト概要)ページでも[Properties(プロパティ)]の下のプロパティにスターを付けることによってウィンドウに表示されるプロパティをカスタマイズできます(いずれかのコンタクトの名前をクリックすると、その人のContacts Overview(コンタクト概要)が表示されます)。

コンタクト概要の簡単なサマリー

HubSpot Help article screenshot

Contacts Overview(コンタクト概要)でコンタクトをクリックすると、コンタクトの情報やサイトとのインタラクションのサマリーが表示されます。このコンタクトのクイックビューで、コンタクトとのインタラクションを通して彼らの関心やニーズを簡単に把握できます。各コンタクトのプロフィールには、Contacts Overview(コンタクト概要)に表示するスター付きプロパティだけでなく、コンタクトのコンタクト、会社、ソーシャルメディア、Eメール、ウェブ分析、コンバージョン、Salesforce(該当する場合)情報が含まれます。コンタクトをリストに追加したり、ワークフローに手動で登録したり、Eメールのオプトアウトをしたりするなど、さらにアクションを起こすために、コンタクトのプロフィールを表示します。

Contacts Overview(コンタクト概要)でコンタクトを表示しているとき、役立つ分析形成をするために上顧客に注目しましょう。上顧客はウェブサイトと一貫したインタラクションがあり、ソーシャルストリームの結果に一致し(彼らはあなたの会社について話をしています)、ペルソナにぴったり適合しています。

このユーザーガイドの後半では、コンタクトプロフィールを使ってリードや顧客のインテリジェンスを収集する方法を学びます。 

コンタクト設定

Contacts Settings(コンタクト設定)では、新しいコンタクトの作成や既存のコンタクトプロパティを編集したり、コンタクトの表示オプションをカスタマイズしたり、Lead Scoring(リードスコアリング)ルールをデザインしたりでき、さまざまなライフサイクルステージについての詳細を読むことができます。プロパティやプロパティグループをニーズに合わせてカスタマイズし、プロパティの設定をパーソナライズすることができます。

Salesforce と連携し、Account (アカウント)同期がオンになっている場合、[Account Properties(アカウントプロパティ)]を使用して、HubSpotのアカウントプロパティとプロパティ グループを作成することもできます。Contacts Settings(コンタクト設定)ではSalesforceコネクターの設定やその他のHubSpotによって構築された連携の設定にもアクセスできます。

このガイドの次の記事では、カスタムコンタクトプロパティの作成と管理の方法を学びます。

HubSpot Help article screenshot

前の記事

次の記事