メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

ソースプロパティを使用したコンタクトの更新とフィルタリング

更新日時 2021年 11月 15日

対象製品

すべての製品とプラン

コンタクトが行ったアクションに基づいて、HubSpotは「オリジナル」「最新」のソース値を自動的に更新します。これらの値は、手動で編集することもできます。連絡先の「オリジナル」または「最新」のソースがわかれば、ソースソースのドリルダウンプロパティを使用して、リストやワークフローなどのHubSpotツールで連絡先をセグメント化することができます。

コンタクトのオリジナルソースの値が変更されたことに気づき、その理由を知りたい場合は、オリジナルソースの履歴を確認して、変更の原因を知ることができます。

ご注意:連絡先の「最新のソース値」は、2021年11月15日時点での最新のものです。 最新のソースプロパティのすべての履歴データがバックフィルされているため、最新のソースプロパティフィルタを使用するHubSpotツールに一時的な影響が出る可能性があります。関連するアクティビティが30,000件以上ある連絡先では、「最新」のソースプロパティは更新されません。

HubSpotによるオリジナルソース値の自動更新を理解する

訪問者がお客様のサイトにアクセスすると、HubSpotは訪問者の活動を追跡し、訪問者のブラウザにトラッキングクッキーを設定することで、訪問者を固有の訪問者として識別します。HubSpotは、訪問者がCRMに連絡先として追加される前から、サイトでの活動を追跡することができます。訪問者が連絡先として追加されると、HubSpotは新しい連絡先レコードを以前に追跡されたアクティビティと関連付けようとします。HubSpotが以前の匿名の訪問者の活動と新しい連絡先を一致させることができた場合、Original sourceプロパティが更新され、連絡先が最初にサイトを訪れたときのソースが反映されます。

次のシナリオは、コンタクトのオリジナルソースの値が変更される場合の例です。

  1. 3月には、Googleの検索結果をクリックして、あなたのサイトに初めてアクセスした人がいます。HubSpot はその訪問者のブラウザーにトラッキング Cookie を設定します。
  2. あなたのサイトでいくつかのページを閲覧しましたが、フォームを送信しませんでした。HubSpotはクッキーを使用してそのサイトの活動を追跡し、サイトを再訪した場合に同じ訪問者として識別することができます。しかし、この訪問者はまだHubSpot CRMのコンタクトになっていません。
  3. 7月にはCSVファイルから連絡先として取り込んでいます。これにより、オリジナルソースオフラインソースとして設定されます。
  4. 9 月に、コンタクトが次のいずれかを実行すると:
    • サイトでフォームを送信する、または
    • HubSpot アカウントから E メールを送信して、サイトにリダイレクトされる E メール内のリンクをクリックする。
  5. HubSpot はこのコンタクトと前のサイトのアクティビティを関連付けます:
    • コンタクトのトラッキング Cookie がフォーム送信を通じて渡される。または、
    • アイデンティティ・トラッキングは、HubSpotのメールに含まれるリンクから、ブラウザにすでに設定されているトラッキングクッキーと一緒に送信されます。
  6. コンタクトのオリジナルソースオフラインソースからオーガニックサーチに変更される。これは、あなたのサイトに最初に触れたのが3月のGoogle検索であり、7月のCSVファイルによるインポートよりも早かったためです。

コンタクトの「オリジナル」または「最新」のソース値を手動で更新する

オリジナル」または「最新」のソースプロパティオプションは編集できませんが、コンタクトのソース値を既存のトラフィックソースのいずれかに手動で変更することができます。連絡先の「オリジナル」または「最新」のソースを編集すると、ソースのドリルダウンプロパティがクリアされます。

連絡先の編集権限を持っている場合、以下のことができます。

  • 個々のコンタクトレコード内でソースのプロパティ値を編集することができます。
  • 複数の連絡先のソースプロパティ値を一括して編集することができます。
  • プロパティ値の設定」アクションを使用して、ワークフロー内の連絡先のソースプロパティ値を編集することができます(Professional およびEnterpriseのみ) 。

ソースプロパティを使用したコンタクトのセグメント化

の値を使って、HubSpotのツールで連絡先をセグメント化することができます。オリジナルの最新のソースのプロパティ値とドリルダウンようなHubSpotのツールで連絡先をセグメント化するためにを使用できます。保存されたビュー , リスト , ワークフローカスタムレポート .

連絡先の「元のソースまたは「最新のソース」が「オフラインのソース」の場合、ソースのドリルダウン2の プロパティには、値のラベルまたは内部名が表示されます。値の内部名称がある場合は、値の左側に情報アイコンが表示され、アイコンにカーソルを合わせると表示されます。この値を使って連絡先をセグメント化する際には、ラベルの代わりに内部名を使用してください。ビューを保存しました。リストを作成します。ワークフローまたはカスタムレポートを作成します。

注意:info情報のアイコンがない場合や、ここでの値がダッシュボードに表示されているものと一致する場合は、内部の値がありません。その値をそのままフィルターに使うことができます。

ソースプロパティのコンタクトの値を見つけるには

  • HubSpotアカウントで[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
  • コンタクトの名前をクリックします。
  • About」セクションの下部にある「View all properties」をクリックします。  
  • 検索バーに「オリジナルのソース」または「最新のソース」と入力すると、ソースソースのドリルダウンプロパティが表示されます。 
  • ドリルダウン2のプロパティを使用している場合は、プロパティ値の横にある情報インフォメーションのアイコンにカーソルを合わせると、内部の値が表示されます。

contact-about-view-all-properties