お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Inbox

コミュニケーション受信トレイのフォールバックEメールをカスタマイズする

更新日時 2020年 11月 4日

対象製品

すべての製品とプラン

アカウントを作成した時点でHubSpotは、コミュニケーション受信トレイをフォールバックEメールアドレスによりセットアップします。フォールバックEメールとは、まだ共有受信トレイを接続していない場合に、チケット自動化などの特定のHubSpotツールを使用できるようにするため、HubSpotによって提供されるEメールです。またフォールバックEメールは、共有受信トレイが突然コミュニケーション受信トレイから切断された場合にも使用されます。さらに、フォールバックEメールを使用することにより、受信トレイからEメール送信をすぐに開始することもできます。

フォールバックEメールの送信元アドレス、ルーティングルール、Eメール署名をカスタマイズすることができます。フォールバックEメールは、コミュニケーション受信トレイをセットアップする際に設定するか、または受信トレイ設定から有効にします。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[コミュニケーション]>[受信トレイ]に移動します。
  • [現在のビュー]ドロップダウンメニューから、編集する受信トレイを選択します。
  • 接続済みチャネルの下にフォールバックEメールが表示されます。フォールバックEメールの横にある[編集]をクリックします。

edit-fallback-email-address

  • 送信フォールバックEメールアドレスを送信用に有効にするには、[設定]タブで[メッセージの送信にHubSpot Eメールを使用]チェックボックスをオンにします。
  • 次に、[送信元]の設定をします。

注:複数のフォールバックEメールに同じ名前を使用することはできません。送信者名の値は、フォールバックEメールアドレスに一意である必要があります。 

    • 表示される送信者名をカスタマイズするには、[送信者名]ドロップダウンメニューをクリックし、オプションを選択します。
      • エージェントと会社名:このオプションを選択すると、ユーザーの名前と会社名が表示されます。テキストフィールドに会社名を入力します。
      • 会社名:会社名のみを表示するには、このオプションを選択します。テキストフィールドに会社名を入力します。customize-from-name-in-hosted-inbox
    • 送信元アドレスをカスタマイズするには、オプションの横にあるラジオボタンを選択します。
      • 既定の使用:有料アカウントのユーザーの既定の送信元アドレスは[ユーザー名]@[サブドメイン].hs-inbox.comとして表示されます。無料ユーザーの既定の送信元アドレスは[ユーザー名]@[サブドメイン].hubspot.inbox.comとして表示されます。
      • 送信元アドレスをカスタマイズ:表示するEメールアドレスをテキストフィールドに入力します。[確認]をクリックして、そのEメールへのアクセス権があることを確認します。default-hosted-inbox-from-address
  • 自分のEメールアドレスに送信されたEメールをコミュニケーション受信トレイに自動的に転送するには、[転送先アドレス]フィールドの横にある[コピー」をクリックします。次に、メールクライアント設定で転送先アドレスとしてコピーしたEメールアドレスを追加します。
  • 受信トレイから送信するEメールにチームのEメール署名を含めるには、[チーム署名を有効にする]チェックボックスをオンにします。

注:この署名は、コミュニケーション受信トレイから直接送信されたEメールにのみ適用されます。CRMでレコードからEメールを送信する場合は、[プロファイルと設定]で構成したEメール署名が適用されます。


      • シンプルエディター内のテキストボックスで、チームのEメール署名をカスタマイズします。
        • 下部のアイコンを使用して、テキストのフォーマットの成形、リンクの挿入、または画像を挿入を行います。
        • 送信者の氏名または名前に入力するパーソナライズトークンを挿入するには、[トークンを挿入]ドロップダウンメニューをクリックして[フルネーム]または[名]を選択します。コンタクトがチームのEメールアドレスからのEメールを受信すると、Eメールを送信したユーザーの名前がEメールの署名に表示されます。email-signature-in-conversations
  • 右側に、コンタクトの受信トレイで表示される[送信者名]、[送信元]および[Eメール署名]がプレビューとして表示されます。続いて、[保存]をクリックします。
  • 既定では、Eメールが受信トレイに転送されると、そのEメールは元の送信者のコンタクトレコードに記録されます。この設定を無効にして、Eメールを転送した送信者のコンタクトレコードにEメールが記録されるようにするには、[Eメールの転送の元の送信者を選択]スイッチをオフにします。 

choose-forwarder-instead-of-original-sender

  • ルーティングルールを設定するには、[自動化]タブをクリックします。
    • 既定では、受信したコミュニケーションは、チームがトリアージするために未割り当てのままになります。コミュニケーションを特定のユーザーとチームメンバーにルーティングする場合は、[自動的にコミュニケーションを割り当て]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
      • [割り当て先]ドロップダウンメニューをクリックし、ルーティングオプションを選択します。
        • 特定のユーザーおよびチーム:受信したEメールを、選択したユーザーまたはチームにルーティングします。[特定のユーザーおよびチーム]ドロップダウンメニューから、ユーザーまたはチーム名を選択します。
        • コンタクト所有者:受信Eメールをコンタクトの担当者にルーティングします。コンタクトのレコードには担当者が割り当てられていること、コンタクトがCookieでトラッキングされることが必要です。担当者がオフラインの場合、メッセージはEメールで訪問者の担当者に送信されます。
    • 新しいコミュニケーションのチケットを作成するには、[自動的にチケットを作成]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。
      • チケットのプロパティーをカスタマイズするには、[チケットを編集]をクリックします。
      • 右側のパネルでプロパティを編集し、[保存]をクリックします。
  • [保存]をクリックします。

設定またはルーティングルールに変更を加えた場合、そこから送信したEメールをコンタクトが受信すると、更新された送信者名、送信元アドレス、およびEメールの署名がコンタクトに対して表示されます。

コミュニケーション受信トレイに自動的に含まれるEメールアドレスに加え、別のチームEメールチャネルを受信トレイに接続すること、またはチームの追加のコミュニケーション受信トレイを作成することができます。