メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

個人用EメールをHubSpotに接続する

更新日時 2021年 8月 5日

対象製品

すべての製品とプラン

個人用EメールをHubSpotに接続すると、CRMからの1対1のEメール送信、CRMのログへのEメール返信記録シーケンスEメールの送信を行ったり、受信トレイ内でセールスツールにアクセス可能になるHubSpot Salesをインストールしたりできます。個人用のEメールを接続することにより、HubSpotに対し、貴社のEメールサーバーを使用してコンタクトにEメールを送信することを許可していただくことになります一部のHubSpotツールでは、個人用Eメールを接続する必要があります。HubSpotでは、複数の個人用Eメールを接続して、ユーザーにEメールの送信に使用してもらうことができます。

チームの共有アドレスは、複数のユーザーがアクセスして顧客とのコミュニケーションに使用できるEメールアドレスです。チームの共有アドレスをコミュニケーション受信トレイに接続すれば、チームが1か所でEメールの表示、管理、および返信できるようになります。チームの共有アドレスをHubSpotに接続する方法をご覧ください。または、HubSpotでのさまざまな受信トレイの接続に関するガイドをご確認ください。

始める前に

Eメールの接続プロセスに関連する用語の定義を以下に示します。 

用語 定義
Eメールアカウント/Eメールアドレス Eメールクライアントにログインし、コンタクトにEメールを送信するために使用するEメールアドレス。会社のEメールアドレス(your.name@hubspot.com)などです。
Eメールクライアント Eメールにアクセスするために使用するアプリケーション。場合によっては、EメールクライアントとEメールプロバイダーが同じであることがあります(たとえば、GmailはEメールプロバイダーであり、Eメールクライアントでもあります)。
Eメールプロバイダー GmailやOffice 365などの、Eメールを送受信するためのサービス。

個人用EメールをHubSpotに接続するには、次の要件を満たす必要があります。

  • 「セールスアクセス」権限または「アカウントアクセス」権限。 
  • 個人用Eメールには、ユーザーに専用で、チーム内で共用しないEメールを使用してください。会社のEメールアドレスなど、コンタクトへのEメール送信に日常的に使用するEメールアドレスを使用します。
  • ご使用のEメールアドレスがどのEメールプロバイダーでホスティングされているかを確認し、該当するプロバイダー用のHubSpot接続手順に従ってください。IT部門に問い合わせるか、またはMxToolboxを使用してEメールドメインのEメール サービス プロバイダーを検索することができます。

注:HubSpotではActiveSyncとの接続はサポートされませんが、EメールクライアントでActiveSyncを使用している場合は、HubSpot-Exchange接続を使用してアカウントを接続します。現状、HubSpot-Exchange接続はベータ版ですので、ご注意ください。

mxtoolbox-screenshot

注:セキュリティーの設定によっては、MxToolBoxの結果にEメールプロバイダーではなくセキュリティーシステムが表示されることがあります。例えばMimecastを使用している場合、プロバイダーとしてMimecastが表示されます。貴社のITチームに問い合わせて、Eメールのホストを確認してください。

Gmailアカウントを接続する

注:エイリアスが設定されているGmail受信トレイを接続する場合、Eメール作成時の送信者ドロップダウンメニューにエイリアスが自動的に表示されます。エイリアスをGmailアカウントに設定してから、受信トレイを接続する必要があります。

GmailアカウントでGoogleの高度な保護機能プログラムを有効にしている場合は、受信トレイをHubSpotに接続できません。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。 
  • [Eメール]タブをクリックします。 
  • [個人用Eメールを接続]をクリックします。
  • [Google/Gmail]を選択します。

  • Gmailの受信トレイをHubSpotに接続すると可能になる操作についての説明を確認した上で、[続行]をクリックします。
  • Gmailアカウントへのログインを求めるメッセージが表示されます。使用するGoogleアカウントのEメールアドレスを入力します。すでに1つ以上のGmailアカウントにログインしている場合は、接続するアカウントを選択します。
  • 必要な権限を確認してから、[許可]をクリックします。

  • 設定が再び表示され、Gmailの受信トレイがHubSpotに接続されたことを知らせるダイアログボックスが表示されます。

必須の開示事項:HubSpotとGmailの連携を使用することで、お客様は、お客様のアカウントに関連する情報にHubSpotがアクセスすることを許可するものとします。かかる情報には、コンタクト、Eメール、カレンダー、送信先リスト、件名、およびお客様のEメールで追跡されているURL(Eメールトラッキング機能を使用している場合)が含まれます。加えて、HubSpotは、お客様が連携したGmailアカウントから送信されたEメールを閲覧、変更、作成、および送信できるものとします。HubSpot製品は、通知機能を提供するために、Eメールの内容をスキャンし、お客様が追跡対象としたEメールを特定します。また、HubSpotは、Eメールへの返信、送信したEメール、Eメールのヘッダー、件名、送信先リスト、エイリアス、送信日時、およびEメール本文を保管します。お客様のEメールには、お客様のコンタクトの氏名、私的なやり取り、または財務状況もしくは医療に関する情報などの機密性の高い情報が含まれる場合があります。お客様は、お客様が追跡しているEメールのやり取りが、お客様のHubSpotアカウントを利用しているチームの他のユーザーに表示される場合があることを了解するものとします。

お客様がGmailアカウントをIMAP(または一般的な受信トレイ接続)経由で接続している場合、サブスクリプションサービスがアクセスできるのは、Eメールアドレス、パスワード、サーバー情報、Eメールのメタデータ、およびメッセージ本文のみとなります。また、IMAP経由でお客様のGmailアカウントを接続した場合、その他のG Suiteアプリケーションに接続する必要はありません。

Office 365アカウントを接続する

注:Office 365 共有メールボックスをHubSpotに接続することはできません。Office 365 GCC HighおよびDOD環境も、HubSpotでサポートされていません。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。
  • [Eメール]タブをクリックします。 
  • [個人用Eメールを接続]をクリックします。
  • 次に、[Office 365]をクリックします。

  • Office 365の受信トレイをHubSpotに接続すると可能になる操作についての説明を確認した上で、[続行]をクリックします。
  • Office 365アカウントへのログインを求めるメッセージが表示されます。使用するOffice 365アカウントのEメールアドレスを入力します。すでに1つ以上のEメールアカウントにログインしている場合は、接続するアカウントを選択します。
  • 接続の確認および完了のために、設定が再び表示されます。Office 365の受信トレイがHubSpotに接続されたことを知らせるダイアログボックスが表示されます。

必須の開示事項:OutlookをHubSpotと連携することにより、HubSpotは、お客様のアカウントに関連する情報にアクセスするようになります。かかる情報には、コンタクト、Eメール、カレンダー、送信先リスト、件名、およびお客様のEメールで追跡されているURL(Eメールトラッキング機能を使用している場合)が含まれます。HubSpotは、通知機能を提供するために、Eメールの内容をスキャンし、お客様が追跡対象としたEメールを特定します。HubSpotは、Eメールへの返信、送信したEメール、Eメールのヘッダー、件名、送信先リスト、エイリアス、送信日時、およびメッセージの本文を保管します。お客様が追跡しているEメールのやり取りは、お客様のHubSpotアカウントを利用しているチームの他のユーザーに表示されます。

IMAP経由で受信トレイを接続する

受信トレイをIMAP経由で接続する場合、前もって貴社のIT担当者と共に技術的要件を確認してください。接続する前に、すべての技術的要件を満たす必要があります。また、接続する前にHubSpot Salesのプライバシー概要を確認することもできます。

注:Eメールアカウントをコミュニケーション受信トレイに接続しようとしている場合、GmailまたはOffice 365でホスティングされている受信トレイを接続する必要があります。コミュニケーション機能では、IMAP接続がサポートされません

HubSpotでは、Amazon SESAmazon WorkMailのどちらもサポートされません。このいずれかのEメールプロバイダーを使用したEメールの接続に問題が発生する場合は、EメールプロバイダーをGmailまたはOffice 365に切り替えることをお勧めします。

IMAPを利用して受信トレイを接続するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。
  • [Eメール]タブをクリックします。
  • [個人用Eメールを接続]をクリックします。
  • [その他のメールアカウント]を選択します。
  • 受信トレイをHubSpotに接続すると可能になる操作についての説明を確認した上で、[続行]をクリックします。
  • 次に、Eメールアカウントにログインする際に使用するEメールアドレスパスワードを入力します。ほとんどの場合、Eメールアドレスとパスワードの入力後に、HubSpotによってサーバーのIMAPとSMTPの設定が自動的に検出されます。または、貴社のアカウント管理者によってドメインのIMAP設定が構成済みの場合、IMAPおよびSMTPサーバー情報が自動的に入力されます。

注:Eメール受信トレイに2要素認証が使用されている場合、サードパーティーアプリのパスワードを入力する必要があります。サードパーティーアプリ(Yahoo MailiCloudなど)のパスワードを生成する手順については、該当するEメールプロバイダーが提供しているドキュメントをご確認ください。2要素認証で受信トレイを接続する方法については、コミュニティーをご覧ください。

  • 検出されない場合は、[詳細オプション]をクリックし、次のサーバーの情報を入力してください。ユーザー名着信メール(IMAP)、および送信メール(SMTP)。また、必要に応じて[セキュアでない証明書を許可する]の横にあるチェックボックスをオンにすることもできます。Eメールクライアントでこのサーバー情報を検索する方法をご覧ください。
  • [受信トレイを接続]をクリックします。
  • 接続が確認および確立され、受信トレイがHubSpotに接続されたことを通知するダイアログボックスが表示されます。

注:Eメールの送信にMicrosoft Exchangeアカウントを使用している場合、ExchangeアカウントをHubSpotに接続する方法をご覧ください。現状、HubSpot-Exchange接続はベータ版ですので、ご注意ください。

必須の開示事項:お客様がEメールアカウントをIMAP(または一般的な受信トレイ接続)経由で接続している場合、HubSpotがアクセスできるのは、Eメールアドレス、パスワード、サーバー情報、Eメールのメタデータ、およびメッセージ本文のみとなります。加えて、IMAP経由でお客様のOutlookアカウントを接続した場合、マイクロソフトの他のアプリケーションに接続する必要はありません。