メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Reports

通話記録の追跡用語に関する報告

更新日時 2021年 11月 16日

対象製品

Sales Hub Enterprise
Service Hub Enterprise

カンバセーション・インテリジェンス(CI)を使用してトランスクリプションされた通話をレポートするための追跡用語を設定します。通話中に用語が出てくると、そのデータがカスタムレポートビルダーで利用できるようになります。追跡された用語をレポートすることで、コールの傾向や営業チーム全体の成長の機会をより明確にすることができます。

以下では、レポート用に追跡用語を設定する方法と、通話レポートにアクセスする方法をご紹介します。

トラック用語の追加

注意:追跡用語を追加・編集するにはスーパー管理者である必要があります。

追跡された用語を追加するには

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[アクティビティー]に移動します。
  • Calling」タブの「Tracked Terms 」セクションで「Edit tracked terms」をクリックします。

    tracked_terms
  • 右のパネルで「+カテゴリーの追加」をクリックします。 
  • カテゴリー名を入力してから、テキストフィールドに追跡用語を入力します。
  • カテゴリーにトラック用語を追加するには、「+トラック用語を追加」をクリックします。 
  • [保存]をクリックして変更内容を保存します。

追跡された用語を追加すると、HubSpotは今後の通話でその追跡された用語の追跡を開始します。HubSpotは、過去の通話から新たに追跡された用語を追跡することはありません。

コールレポートの作成

カスタムコールレポートを作成して、トラッキングされた用語やカテゴリーのデータを含むコールの洞察を得ることができます。

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • [カスタムレポートを作成]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[カスタム レポート ビルダー]をクリックします。 
  • プライマリデータソースのドロップダウンメニューをクリックし、「Call」を選択します。
  • レポートを作成したい他のデータソースを選択し、右上の「Next」をクリックします。その後、レポートビルダーが表示され、レポートの作成を続けることができます。

また、HubSpotのレポートライブラリに含まれている標準的な追跡用語レポートを使用することもできます。レポートライブラリから追跡用語レポートをダッシュボードに追加するには

  • HubSpotアカウントにて、[レポート] > [レポート]の順に進みます。
  • Report library」をクリックします。
  • 右上の検索バーに追跡用語を入力します。
  • 標準的な追跡用語のレポートが表示されます。レポート名の下の「Save report」をクリックします。 レポートライブラリからダッシュボードにレポートを追加する方法については、こちらをご覧ください。

トラッキング・ターム・レポート

CIを使った通話の確認についてはこちらをご覧ください。