メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

シーケンスでのコンタクトの登録/登録解除にワークフローを使用する

更新日時 2022年 5月 31日

対象製品

Sales Hub Enterprise
Service Hub Enterprise

コンタクトベースのワークフローを使用して、シーケンス登録と登録解除を自動化します。 

ワークフローを使用すると、対象となる条件に基づいて連絡先を順番に登録することができます。例えば、コンタクトがミーティングの予定を立てるためにフォームを送信したときや、ミーティング後にフォローアップを行いたいときなどです。

あまりターゲットにされていない状況では、シーケンス登録の自動化はしない方がよいでしょう。

  • 最近取り込んだコールドリードがアクティブになっている場合。
  • 100人以上のコンタクトを登録する必要がある場合。 
  • 作成日が今日であるなど、個人を特定できない登録条件を使用している場合。

制限事項

シーケンス登録を自動化する際は、次の制限事項に留意してください。
  • コンタクトは一度に1つのシーケンスにしか登録できません。
  • ユーザーが1日の送信制限を超えた場合、そのコンタクトはシーケンスに登録されません。コンタクトはアクションをスキップします。
  • ワークフローで使用されているシーケンスが削除された場合、そのワークフローではシーケンスにコンタクトを登録しなくなります。
  • ワークフローアクションで使用するシーケンスでは、プレースホルダートークンを使用することは推奨されません。なぜなら、コンタクト登録前にトークン値を設定することができず、プレースホルダのテキストでメールが送信されるからです。

ワークフローを使用してコンタクトをシーケンスに登録する

注:シーケンス送信者として選択できるのは、有料の「Sales Hub」または「Service Hub Enterprise」シートが割り当てられ、接続済みの個人受信トレイを使用しているユーザーのみです。

ワークフローでシーケンス登録を設定するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存のワークフローを編集する場合は、ワークフローの上にカーソルを重ねて[編集]をクリックします。または、新規ワークフローの作成方法を参照してください。
  • ワークフローエディターで、+プラスアイコンをクリックしてアクションを追加します。
  • アクションパネルで、「順番に登録する」を選択します。 
  • アクションを設定します。
    • [シーケンス]ドロップダウンメニューを使用して、コンタクトを登録するシーケンスを選択します。
    • [送信者]ドロップダウンメニューを使用して、シーケンスの送信者としてリストするユーザーを選択します。
    • [Send from Email(送信元Eメール)]ドロップダウンメニューを使用して、送信者のEメールアドレスを選択します。
  • [保存]をクリックします。

ワークフローを使用してコンタクトをシーケンスから登録解除する

Unenroll from sequence workflow actionを使用すると、現在アクティブになっているシーケンスからコンタクトを登録解除することができます。ワークフローを使用してコンタクトをシーケンスから登録解除するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存のワークフローを編集する場合は、ワークフローの上にカーソルを重ねて[編集]をクリックします。または、新規ワークフローの作成方法を参照してください。
  • ワークフローエディターで、+プラスアイコンをクリックしてアクションを追加します。
  • アクションパネルで、「 Unenroll from sequence」を選択します。 
  • [保存]をクリックします。

 

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.