お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Tickets

チケットステータスとアクションを自動化する

更新日時 2019年 10月 31日

対象製品

Service Hub  Professional, Enterprise

チケットの自動化をセットアップして、チケットステータスを HubSpotの最新状態に維持する。これにより、サービス担当者がチケットに対して起こすべき次のアクションを理解することができます。

フォーム送信が受信されたコンタクトにアラートを送信するためにチケットが初めて作成されたときにEメールを自動的に送信するなど、特定のアクションを自動化することもできます。

チケットステータスを自動化する

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [サービス][チケット] に移動します。
  • [修正するパイプラインを選択]セクションで、既定のパイプラインの名前をクリックし、自動化するパイプラインを選択します。
  • [自動化]タブをクリックします。
    • 新規会話のチケットを作成する:Eメールがコミュニケーション受信トレイに受信されるたびにチケット作成をトリガーするには、スイッチをクリックしてオンに切り替えます。この設定は受信トレイ設定によって決定されるため、スイッチがグレーアウトしている場合は、[受信トレイ設定を管理]をクリックしてこの設定を更新します。
    • アウトバウンドメールのチケットステータスを変更する:チケットレコードからコンタクトにEメールが送信されたときにステータス変更をトリガーするスイッチをクリックしてオンに切り替え、ドロップダウンメニューをクリックしてチケットステータスを選択します。
    • インバウンドリプライのチケットステータスを変更する:コンタクトがチケットレコードから送信されたEメールに返信したときにステータス変更をトリガーするスイッチをクリックしてオンに切り替え、ドロップダウンメニューをクリックして変更するチケットステータスを選択します。

注:
  • コンタクトに送信されたEメールの場合、ユーザーがチケットレコードからEメールを送信した場合にのみチケットステータスが自動的に変更されます。Eメールがコンタクトレコードから送信された場合、ステータス自動化はトリガーされません
  • コンタクトからの返信については、お客さまがチケットが作成されたスレッドと同じスレッドに返信する場合にのみ変更されます。コンタクトによって送信された他のEメールは、チケットステータスを変更することはできません。

チケットアクションを自動化する

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [サービス][チケット] に移動します。
  • [修正するパイプラインを選択]セクションで、既定のパイプラインの名前をクリックし、自動化するパイプラインを選択します。
  • [自動化]タブをクリックします。
  • [チケットが特定のステータスに到達したときにアクションをトリガーする]セクションで、プラスアイコン add をクリックして、特定のチケットステータスのチケットベースのワークフローを作成します

  • 右側のパネルで、チケットが特定のステータスに入力されたときに発生するアクションを選択します。たとえば、チケットが新しく作成されたときにコンタクトにトランザクションEメールを送信するために[チケット通知を送信]アクションを設定することができます。このアクションについて詳細を確認してください。