メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CRM Setup

カスタムオブジェクトの作成と編集(BETA)

更新日時 2022年 11月 22日

In Beta

対象製品

Marketing Hub Enterprise
Sales Hub Enterprise
Service Hub Enterprise
Operations Hub Enterprise
CMS Hub Enterprise

ビジネスにおいて、CRM の標準オブジェクトを超えるリレーションシップやプロセスが必要な場合、カスタムオブジェクトを作成することができます。を持つユーザはスーパー管理者権限を持つEnterpriseアカウントのユーザーは、カスタムオブジェクトの設定またはAPI経由でカスタムオブジェクトを定義することができます。

一度定義すれば、プロパティの作成、パイプラインの管理、カスタムオブジェクトと他のオブジェクトの関連付けをカスタマイズすることができます。カスタムオブジェクトは、マーケティングメールワークフローレポートなど、他のHubSpotツールで使用することもできます。

スーパー管理者権限を持つユーザーであれば、Manage and Visualize Your Data Modelベータ版にアカウントを登録することで、この機能へのアクセスが可能になります。

ご注意ご契約内容によっては、カスタムオブジェクトやプロパティの数に制限があります。適用される上限について詳しくは、HubSpot製品・サービスカタログをご覧ください。

始める前に

カスタムオブジェクトを定義する前に、それがお客様のビジネスやHubSpotのデータの品質にとって正しい選択肢であるかどうかを評価することが重要です。独自のオブジェクトを作成する前に考慮すべき質問には、次のようなものがあります。

  • カスタムオブジェクトの代わりに、既存のCRMオブジェクトとそのプロパティを使用してデータを整理することは可能ですか?
  • カスタムオブジェクトと既存のオブジェクトの間で、データの重複や不整合はないでしょうか?
  • 既存のオブジェクトに固有の機能で、使いたいものはありますか?例えば、マーケティングメールは連絡先にのみ送信可能で、他のオブジェクトには送信できません。
  • 既存のオブジェクトに接続された既成のレポートで、使いたいものがあるか?例えば、案件の属性レポートや売上予測は、他のオブジェクトではなく、案件に直接接続されます。

データの整理やカスタムオブジェクトを作成するタイミングについての詳しいガイダンスは、HubSpot Academyのこのレッスンを参照してくださいカスタムオブジェクトがお客様のアカウントに適しているかどうかを確認するには、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

用語集

カスタムオブジェクトを作成する前に知っておくべき用語やコンセプトがあります。

  • オブジェクト名:カスタムオブジェクトのタイトルです。複数形の名前と単数形の名前を定義するよう求められます。例えば、Companiesは複数形のオブジェクト名で、Companyはオブジェクトの単数形の名前です。
  • プライマリディスプレイプロパティ:オブジェクトのレコードに名前を付けるために使用されるプロパティ。これは、オブジェクトの主な識別プロパティです。デフォルトでは、インデックスページの最初の列として、また各レコードの左上に表示されます。例えば、会社名は、会社の主要な表示プロパティである。

プライマリディスプレイプロパティ

  • ラベル:レコードやインデックスページなど、HubSpot CRMに表示されるプロパティ名です。例えば、会社のプロパティであるCompany nameはラベルです。プロパティラベルは変更される可能性があるため、統合やAPIで使用するべきではありません
  • 内部名:統合やAPIで使用されるプロパティの内部値。例えば、Companynameプロパティの内部値はnameである。内部名は変更できないので、統合やAPIでプロパティを参照するために使用する必要があります。

ラベル内部名

  • セカンダリプロパティ:オブジェクトの追加識別プロパティ。これらのプロパティは、レコードのプロファイルカード上で、主表示プロパティの下に表示されます。カスタムオブジェクトの場合は、インデックスページに追加のクイックフィルターとして表示されます。例えば、「会社」のセカンダリプロパティは「会社ドメイン名」と「電話番号」であり、「ペット」のカスタムセカンダリプロパティは「ペットの種類」とすることができる。

セカンダリプロパティ

セカンドプロパティインデックスページ

以下の例は、カスタムオブジェクトがアカウントのデータにどのような影響を与えるかを理解するための一般的な使用例に基づいていますが、すべてのシナリオに対するアドバイスとして意図されているわけではありません。カスタムオブジェクトがお客様の特定のユースケースに適しているかどうかについては、カスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

以下は、カスタムオブジェクトの良い例です。

  • ペットホテルでは、預けるペットの記録、各ペットと飼い主の関連付け、特定のペットに関連するメモや約束事を記録することを望んでいます。
    • 彼らは、Pet nameを主表示プロパティとし、Pet typeを副表示プロパティとするPetsオブジェクトを作成します。
    • インデックスページで担当するペットを表示・検索し、ペットの種類に応じて表示を保存し、連絡先をペットと関連付け、ペットの記録内でアクティビティやアポイントメントを管理することができます。
  • あるカーディーラーでは、在庫している車や販売した車のデータベースを管理し、それぞれの車の販売に関する問い合わせを記録しておきたいと考えています。
    • これらは、Modelを主要な表示プロパティとするCarsオブジェクトを作成します。
    • カスタムオブジェクトパイプラインを作成し、新車から在庫、購入プロセス、販売といった段階を経て、車を追跡しているのです。
    • 車種ごとに記録された問い合わせの電話やメールを閲覧し、車を売却する際の連絡先や案件の関連付けを行います。

以下は、カスタムオブジェクトを作成することが推奨されない例です。

  • 学校には、生徒やその保護者、教師などのデータベースがあります。彼らは、コンタクトタイプを区別するために、ParentsとTeachersのカスタムオブジェクトを作成したいと考えています。
    • というのも、これは良い使用例ではありません。
      • カスタムオブジェクトは、既存のCRMオブジェクトを複製してはいけません。 
      • 一人の人間が親と教師の両方を兼ねることもあり、その場合はデータが重複することになる。 
      • 学校側は、保護者や教員はコンタクトではないので、大量のマーケティングメールを送ることができなくなる。
    • その代わりに、Contactsオブジェクトにすべてのコンタクトタイプを含め、StudentParentTeacherのオプションを持つカスタムContactタイププロパティを作成することができます。
  • あるホームセンターでは、HubSpotのレコードのメモを利用して、業者への社内依頼を行っています。彼らは、すべての要求を追跡するためにNotesオブジェクトを作成したいと考えています。
    • というのも、これは良い使用例ではありません。
      • カスタムオブジェクトはエンゲージメントに代わるものではないはずです。また、他のレコードのアクティビティが自動的にノートレコードに関連付けられることはありませんし、あらかじめ作成されたアクティビティレポートを使用することもできません。
      • ユーザーがノートレコードと関連するコンタクトレコードの両方を更新している場合、1つの改善プロジェクトに関する情報が複数の場所に保存されることがあります。そのため、データの重複や矛盾が生じることがあります。
    • その代わり、標準的なCRMオブジェクトレコードにメモを作成し、他の関連レコードと関連付けたり、他のHubSpotユーザーをタグ付けしたりすることは可能です。また、あらかじめ作成されたアクティビティレポートを使用して、ノートのアクティビティを追跡することができます。

カスタムオブジェクトを作成する

スーパー管理者であれば、HubSpotの設定からカスタムオブジェクトを作成したりAPI経由 .HubSpotでカスタムオブジェクトを作成するには。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[カスタムオブジェクト]に移動します。
  • カスタムオブジェクトの作成 ]ボタンをクリックします。以前にカスタムオブジェクトを作成したことがある場合は、右上にカスタムオブジェクトの作成ボタンが表示されます。
  • 右側のパネルで、カスタムオブジェクトを設定します。
    • カスタムオブジェクトの名前を設定する。
      • オブジェクト名(単数形):カスタムオブジェクトの単数形のタイトルを入力します(例:Pet)。
      • オブジェクト名(複数形):カスタムオブジェクトの複数形のタイトルを入力します(例:Pets)。
    • オブジェクトの主表示プロパティを作成する。 
      • プライマリ表示プロパティ:オブジェクトのレコードに名前を付けるために使用されるプロパティのラベルを入力します(例:PetsのPet name)。このプロパティは、カスタムオブジェクトレコードを作成するために必要です。
      • プロパティの種類: 主な表示プロパティの種類をSingle-line textまたはNumberのいずれかを選択します。
      • ラベルの下にある編集用鉛筆をクリックしてプロパティの内部名称を編集し、「保存」をクリックして確定します。内部名は、統合やAPIで使用され、オブジェクトを作成すると編集できなくなります。
      • チェックボックス選択して、主表示プロパティに一意の値を要求します。これをオンにすると、ユーザーは複数のレコードに同じ値を入力できなくなります(たとえば、オブジェクトOrdersの場合、主プロパティOrder numberは一意の値を必要とするはずです)。

define-custom-object-name and-display-property

    • カスタム・オブジェクトのセカンダリー・プロパティを作成する。
      • 二次表示プロパティ:レコード上で一次プロパティの下に表示されるプロパティのラベルを入力します(例:ペットの種類、ペットの飼い主の電話番号など)。カスタムオブジェクトレコードの作成には、セカンダリープロパティは必要ありません
      • プロパティタイプセカンダリディスプレイプロパティのタイプでSingle-line textまたはNumberのいずれかです。
      • ラベルの下にある編集用鉛筆をクリックしてプロパティの内部名称を編集し、「保存」をクリックして確定します。内部名は、統合やAPIで使用され、オブジェクトを作成すると編集できなくなります。
    • セカンダリディスプレイのプロパティを追加するには、「プロパティを追加」をクリックします。
    • セカンダリープロパティを削除するには、プロパティの横にある削除デリートアイコンをクリックします。

define-custom-object-secondary-properties(カスタムオブジェクトのセカンダリプロパティ)。

  • 完了したら、パネル下部の「作成」をクリックします。

カスタムオブジェクトを定義すると、カスタムオブジェクトの設定で以下のことができるようになります。

カスタムオブジェクトの編集・削除

カスタムオブジェクトを作成すると、スーパー管理者権限を持つユーザーは、その名前やプロパティを編集したり、HubSpotアカウントからオブジェクトを削除したりすることができます。カスタムオブジェクトの編集と削除は、カスタムオブジェクトの設定またはAPIから行うことができます。設定で編集・削除する場合。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[カスタムオブジェクト]に移動します。
  • 複数のカスタムオブジェクトがある場合、編集または削除したいオブジェクトを選択します。
  • 設定 ]タブで[ アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、以下から選択します。
edit-delete-custom-object
    • オブジェクトが使用されている場所を確認:クリックするとツールグループが展開され、HubSpotのどこでそのオブジェクトが現在使用されているかを確認できます。アセット名をクリックすると、そのツールに移動します。
    • カスタムオブジェクトの編集:オブジェクトの単数形および複数形の名前を編集します。保存]をクリックして、変更を確定します。オブジェクトの内部名称を編集することはできません。プライマリまたはセカンダリのディスプレイのプロパティを編集するには、プロパティラベルの編集をクリックして、プロパティ設定に移動します。
    • カスタムオブジェクトの削除:ダイアログボックスで、削除したカスタムオブジェクトを復元できないことを確認するチェックボックスを選択し、[オブジェクトの削除]をクリックして確定します。他のツールで使用中のカスタムオブジェクトは削除できませんので、削除する前にそれらのツールからオブジェクトへの参照を削除する必要があります。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.