お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Email

コンタクトリストがHubSpotを使用してEメールを送信しても大丈夫かどうかを判断する

更新日時 2019年 8月 26日

以下の条件をすべて満たす場合、コンタクトリストはHubSpotを使用してEメールを送信しても大丈夫です。

1.これらのコンタクトにEメールを送信する権限がある

コンタクトがあなたからの連絡を明示的にオプトインしていない購入済みリストまたはサードパーティのリストをインポートすると、Eメールの到達可能性が低下するおそれがあります。購入済みリストには通常、あなたが何者かをまだ知らない人々の情報が記載されています。そのような人たちの受信トレイにEメールを送信すると、Eメールがスパムとしてマークされる可能性が高くなります。

2.リストにサブスクライブ解除リストまたは抑制リストが用意されている

Eメールリストは、常に2つのセットからなっている必要があります。新しいコンタクトリストをHubSpotにインポートすると、同じソースからオプトアウトリストを含める必要があります。リストを把握していないとリストにエンゲージメントしていないコンタクトが含まれるおそれがあり、到達可能性に悪影響を及ぼす場合があります。
 

3.過去1年以内にこれらのコンタクトにEメールを送信している

1年以上前に取得したEメールアドレスは、最近取得したEメールアドレスと比べて、かなり高い確率でバウンスになります。Eメールアドレスは、人々が会社を変えたとき、ISPを変えたとき、姓を変えたときに変更されます。かなり前に取得したアドレスにEメールを送信した場合、ハードバウンスになるかスパムとしてマークされる可能性が非常に高くなります。