メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

請求書の作成と管理

更新日時 2024年 3月 4日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン

HubSpotで請求書を作成し、Stripe決済機能またはHubSpot決済ツールを使ってデジタル支払いを回収したり、HubSpot以外で行われた支払いを追跡したりできます。このセットアップガイドでは、先頭文字列のカスタマイズ、税金情報の追加、定期サブスクリプションの請求書の設定方法など、アカウントに請求書を設定する方法を説明します。HubSpotのデフォルトの請求書プロパティーもご確認ください。

支払いを回収するための請求書を確定して送信するには、Stripe決済処理 (すべてのサブスクリプションで利用可能) またはHubSpot決済機能 ( Starter、Professional、およびEnterpriseのみ ) のいずれかを設定する必要があります。

請求書を作成する

スーパー管理者および請求書オブジェクト権限を持つユーザーは、コンタクト、会社、取引、見積もりレコード、または請求書一覧ページから直接請求書を作成することができます。公開済みの見積もりから請求書を作成して、見積もりの詳細を新しい請求書にコピーすることもできます。

注:請求書は、アカウントの既定値通貨が CAD、GBP、EUR、または USD に設定されている場合にのみ作成できます。

一覧ページから請求書を作成する場合:

  • 右上の「請求書の作成」をクリックします。

コンタクト、会社、取引レコードから請求書を作成する場合:

  • レコードに移動します。
    • コンタクトはこちらHubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト]>[会社]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、[セールス]>[取引]の順に進みます。
  • レコードの名前をクリックします。
  • 右サイドバーの請求書セクションで、追加 > 請求書の作成をクリックします。取引の場合、関連する商品項目を含む取引の情報を使って請求書を作成するには、「取引を請求書に変換」をクリックします。

請求書の追加・作成

  • 既存の請求書をレコードに関連付けるには、Add > 「既存の請求書を追加」をクリックします。

発行された見積もりから請求書を作成する場合:

  • HubSpotアカウントにて、[セールス]>[見積もり]の順に進みます。
  • 見積もりの名前にマウスポインターを合わせ、アクション>請求書に変換をクリックします。これにより、見積もりの情報を使って新しい請求書が作成されます。

請求書への変換

その後、請求書エディターに移動し、請求書の詳細を設定することができます。

注:デフォルトでは、請求書を作成する際、標準的な先頭文字列であるINVの後に、請求書を作成するごとに順次増加する番号を使用します(例:INV-1001次にINV-1002 )。請求書の先頭文字列と開始番号は、設定で更新できます。

請求書請求の設定

請求書エディターの「請求先」セクションで、まず請求書の関連付けレコードや支払条件などを設定します。

  • 各請求書は少なくとも1つのコンタクトに関連付けなければなりません。請求書をコンタクトに関連付けます:
    • [コンタクトを追加]をクリックします。
    • 右側のパネルで、既存のコンタクトを検索するか、新規コンタクトを作成します。
    • 「次へ」をクリックし、必要な関連付けラベルの設定を続ける。
    • [保存]をクリックします。 
  • 各請求書は1つの会社に関連付けできる。請求書を会社に関連付けする:
    • [会社を追加]をクリックします。
    • 右側のパネルで、既存の会社を検索するか、新しい会社を作成します。
    • 「次へ」をクリックし、必要な関連付けラベルの設定を続ける。
    • [保存]をクリックします。
  • 請求書に請求先住所を追加するには:
    • 請求先住所の下にある編集をクリックします。
    • 右側のパネルで、のアドレス情報を入力する。
    • [適用]をクリックします。
  • デフォルトでは、請求書の日付は現在日が設定されます。これを更新するには、請求書日付フィールドをクリックし、日付入力を使用して新しい日付を選択します。
  • デフォルトでは、請求書受領時に請求書の支払いが発生します。異なる支払条件を選択するには、支払条件ドロップダウンメニューをクリックし、支払期間を選択します。期限フィールドは、選択したタームに合わせて自動的に更新されます。
  • 請求書に発注書番号を追加するには、番号をPO 番号フィールドに入力します。

請求書・セクション1

商品項目を追加する

商品項目セクションに、購入者が購入する商品を追加します。

  • 製品ライブラリーから既存の製品を追加するには(ProfessionalまたはEnterpriseのみ):
    • 「製品ライブラリーから選択」をクリックします。
    • 右側のパネルで、購入者が購入する製品の横にあるチェックボックスを選択します。次に [追加] をクリックします。

製品追加請求書 (2)-1

  • 請求書にカスタム商品項目を作成する場合: 
    • カスタム商品項目の作成をクリックします。
    • 右のパネルで、商品項目の詳細を設定し、「保存」をクリックします。名前と単価の項目は必須です。
    • 商品項目を保存した後、商品項目エディターで、数量の増加や割引単価(米ドルまたはパーセントベース)の設定など、商品項目の詳細を更新することができます。
  • 商品項目を追加した後、Summaryセクションで、適用された割引を含む小計を確認することができます。

請求書商品項目欄

コメントを追加

請求書に購入者のためのメモを追加する場合は、コメントフィールドに追加できます。テキストフィールドの の テキストフィールドの の テキストフィールドの テキストフィールドの テキストフィールドの 請求書の設定で、すべての請求書に表示される既定のコメントを追加することができます。

コメント欄

課金オプションの設定

Billingセクションで、購入者が利用できる支払い方法を設定し、請求先と配送先の住所情報を収集するかどうかを設定します。これらの設定は、支払いチェックアウト設定から継承されます。

  • オンライン決済を受け付けるには、チェックアウトスイッチをオンに切り替えます。
  • 許可される支払方法を設定するには、クレジットまたはデビットカードおよびACH(銀行振込)の隣にあるチェックボックスを選択します。 
  • チェックアウト時に請求先住所情報を収集するには、クレジット購入時の請求先住所を収集するチェックボックスを選択します。
  • チェックアウト時に配送先情報を収集するには、配送先住所を収集するのチェックボックスを選択します。購入者が配送先情報を入力する際、お支払い設定で設定した国からのみ選択することができます。

チェックアウト-1

詳細設定

詳細設定セクションでは、請求書の言語とロケール、および請求書の URL をカスタマイズすることができます。詳細設定にアクセスするには、詳細設定をクリックします。

  • デフォルトでは、ページ上のタイトルやラベルに使用される言語は英語に設定されています。他の言語に更新するには、「言語」ドロップダウンメニューをクリックし、languageを選択します。
  • デフォルトでは、日付と住所のフォーマットは「米国」形式が使用されます。別のフォーマットに更新するには、Localeドロップダウンメニューをクリックし、localeを選択してください。
  • ドメイン ドロップダウンメニューをクリックし、 ドメイン を選択します。の値を「コンテンツスラッグ」フィールドに入力することで、URLの末尾にカスタムスラッグを入力することもできます。URLフィールドの下に請求書URLのプレビューが表示されます。
  • アカウントに「税ID」 を設定し、請求書に記載する場合は、「税ID」 チェックボックスを選択します。

請求書の詳細設定

保存してファイナライズする

請求書作成中の任意のタイミングで、左上の保存をクリックすると、請求書を下書きとして保存することができます。下書きした請求書は、いつでも編集や削除が可能です。また、右上のプレビューをクリックすると、購入者に請求書がどのように表示されるかを確認することができます。

保存請求書下書き

購入者に送ることができるように、請求書を確定する準備ができたなら:

  • 右上の「ファイナライズ」をクリックします。一度確定した請求書は、編集や削除ができません。

ファイナライズ請求書

  • ダイアログボックスで、免責事項を確認し、Finalizeをクリックします。

送信

請求書を確定すると、購入者にEメールで請求書を送信するためのオプションを含むダイアログボックスが表示されます。

送信請求書・モーダル

その後、購入者には請求書の詳細が記載されたEメールと、ブラウザーで請求書を表示するためのリンクが送信されます。

Eメール請求書ビュー

また、請求書一覧ページから、後日請求書を送信することもできます。請求書の管理と共有については、以下をご覧ください。

請求書の管理

請求書を作成した後は、他の CRM レコードの管理と同様に、請求書のインデックスページから管理することができます。

  • 請求書の名をクリックします。
  • 右側のパネルでは、Ownerフィールドを使用して請求書の所有者を設定し、プロパティーを表示し、請求書の関連付けを管理することができます。
    • 下書きされた請求書については、右上のアクションドロップダウンメニューをクリックすることで、以下のオプションにアクセスすることができます:
      • 編集部:請求書の設定を続けます。
      • 「削除」:請求書下書きを削除します。請求書の詳細を表示するには、請求書名をクリックし、右側のパネルで詳細を表示します。
      • 複製:同じ内容で新しい請求書を作成します。

        請求書アクション下書き
    • 確定した請求書については、右上の「アクション」ドロップダウンメニューをクリックすることで、以下のオプションにアクセスできます:
      • 「請求書を表示」:別のブラウザータブで請求書を開きます。
      • 「リンクをコピー」:請求書のURLをコピーして購入者に送信します。
      • 「送信」:請求書をEメールで送信します。請求書メールの送信について詳しくはこちら .
      • 「ダウンロード」:請求書のPDFをダウンロードすることができます。
      • 支払いの記録:新規[支払いレコード]を作成するか、既存のレコードを適用して、請求書を支払い済みに手動でマークする。支払い金額は請求書に記載された全額でなければなりません。このオプションを選択した後:
        • 新規[支払いレコード]を作成するには、右サイドバーの支払い詳細フィールドを入力し、支払いレコードをクリックします。その後、請求書の詳細を表示する際に、「支払い」。
        • 既存の支払いを請求書に適用するには、右サイドバーの「既存のものを適用」タブをクリックします。次に、支払金額、ID、または支払いに関連付けされているEメールアドレスから支払レコードを検索します。お支払いを選択し、お支払いの適用をクリックします。その後、請求書の詳細を表示する際に、「支払い」。

      注:請求書を手動で支払い済みにした場合、コンタクトは領収書を自動的に受け取ることはできません。領収証が必要な場合は、、支払一覧ページからコンタクト

      • Void:送り状を無効としてマークします。請求書を無効とした後は、請求書に対する支払いを回収したり、請求書を無効にしたりすることができなくなります。これはもう取り返しがつきません。
      • 複製:同じ内容で新規作成します。

        請求書サイドバー-アクション-メニュー
  • 一覧ページを特定の請求書プロパティーで絞り込むには:
    • 左上の「「詳細フィルター」」をクリックします。
    • 右のパネルで、+ フィルターの追加をクリックして、新しいフィルターを設定します。
    • 絞り込みしたいプロパティーを検索して選択し、絞り込み条件を設定します。
    • 別のプロパティーを選択するには、 ANDまたはORをクリックします。フィルターの設定とビューの保存について詳しくはこちら。

      一覧ページ・詳細フィルター
  • 請求書をエクスポートするには、表の右上にある「エクスポート」をクリックします。詳しくはこちら記録のエクスポート
  • 表に表示される列を編集するには、表の右上にある「列の編集」をクリックします。

請求書の送付

請求書を作成したら、ダイレクトリンクやEメールで共有したり、CRMレコードやコミュニケーションの受信トレイでメッセージを作成中に請求書を挿入することができます。請求書を送信するには、Stripe決済処理(すべてのサブスクリプションで可能)またはHubSpot決済機能(Starter、Professional、またはEnterpriseのみ)のいずれかを設定する必要があります。

請求書をEメールで送信する:

  • 請求書の名をクリックします。
  • 右サイドバーで、「アクション」>「送信」をクリックする。
  • ダイアログボックスで、メールアドレスフィールドを設定し、、請求書を送信するをクリックします。

送信請求書・モーダル

請求書リンク付きのEメールを手動で送信したり、メッセージにリンクを挿入することもできます。

注:手動で作成したEメールやリンクを挿入して請求書を送信した場合、最終送信日プロパティーは更新されません。請求書・プロパティーについて詳しくはこちらをご覧ください。

請求書へのリンクを記載したEメールを手動で1対1で送信する場合:

  • 請求書の名をクリックします。
  • 右サイドバーで、「アクション」 > 「送信」をクリックする。
  • ダイアログボックスで、「Eメールを手動で作成」をクリックします。請求書に関連付けされた取引レコードにリダイレクトされ、Eメールを作成することができます。Eメール本文に請求書へのリンクが自動的に記載されます。
  • Eメールを作成したら、「送信」をクリックします。

Eメール作成マニュアル

請求書への直接リンクを共有する:

  • 請求書の名をクリックします。
  • 右サイドバーで、「アクション」>「リンクをコピー」をクリックします。

請求書コピーURL

コミュニケーション受信トレイの1対1のEメールやメッセージに請求書を挿入するには:

  • メッセージ作成ツールで、「挿入」 > Invoicesをクリックします。
  • 請求書を選択するか、管理をクリックして請求書インデックスページに移動します。

Eメール作成-挿入-請求書

請求書を選択すると、請求書番号を使ってメッセージにハイパーリンクが追加されます。

注:現在、Quickbooks OnlineXeroなど、HubSpotが構築したアカウント連携は、HubSpotからの請求書の同期をサポートしていません。しかし、請求書の記録をエクスポートし、会計システムにアップロードすることができます。請求書の同期など、請求書連携の新機能に関する最新情報を購読するには、こちらのフォームにご記入ください。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。