メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

プレイブックを使用する

更新日時 2024年 5月 6日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Sales Hub   Professional , Enterprise
Service Hub   Professional , Enterprise

プレイブックツールを使用すると、コンタクト、会社、取引、およびチケットレコードに表示されるインタラクティブ コンテンツ カードを作成できます。チームがプロスペクトや顧客と話すときは、これらのインタラクティブ コンテンツ カードを参照して、標準化されたメモを作成できます。

注:

プレイブックを作成する

  • HubSpotアカウントにて、[ライブラリー]>[プレイブック]の順に進みます。
  • 右上にある[プレイブックを作成]をクリックします。
  • プレイブックは、ゼロから作成することも、「販売プレイブック」や「サービスプレイブック」のテンプレートを使用して作成することもできます。テンプレートをプレビューするには、右側のパネルで[プレビュー]タブをクリックします。左側のパネルで、プレイブックのタイプを選択します。
  • ページ上部にあるedit 鉛筆アイコンをクリックし、プレイブックのタイトルを入力します。
  • [プレイブックを作成]をクリックします。playbook-template-options
  • プレイブック・テキスト・エディターのどこかをクリックして書く。

AIコンテント・イン・プレイブック

    • 既存のコンテンツを編集するには、コンテンツを選択し、稲妻アイコンをクリックします。

エクスパンド・プレイブック・アイ・レスポンス

    • 利用可能なオプションのいずれかを選択すると、ハイライトされたテキストをさらに絞り込むことができます。

expand-ai-コンテント・イン・プレイブック

  • 上部のツールバーを使って、コンテンツをフォーマットしたり、リンク、画像、ナレッジベース記事、スニペット、質問、新規レコードボタンを挿入したりします。playbook-toolbar-updated
    • URLを挿入するには、リンクを挿入したいテキストの箇所をカーソルでドラッグしてハイライトします。次に、linkリンクアイコンをクリックし、[URL]テキストボックスにリンクを貼り付けます。必要に応じて、[新しいタブで開く]チェックボックスまたは[検索エンジンにこのリンクをたどらないように指示する]チェックボックスをクリックしてオンにします。 
    • ファイルツール、コンピューター、またはURLから画像を挿入するには、insertImage画像アイコンをクリックします。
    • ナレッジベース記事を挿入するには、capナレッジベースアイコンをクリックします。次に、ナレッジベース記事を検索します。
    • スニペットを挿入するには、textSnippets スニペットアイコンをクリックします。次に、スニペットを検索します。
    • 質問を挿入するには、questionAnswer 質問アイコンをクリックします。右側のパネルで、質問またはプロンプトを記述します質問への回答を必須にするには、[必須]チェックボックスをクリックしてオンにします。[回答タイプ]で次のいずれかを選択します。
      • 自由テキスト:オープン テキスト フィールドに回答を入力できます。
      • 回答選択肢の一覧(「Sales Hub 」または「Service Hub Enterprise」のみ):レコードのメモに保存できる回答オプションのセットを作成します。[回答オプション]セクションで回答を入力してから、Enterキーを押します。
        • 複数の回答を選択できないようにするには、[1件の回答のみに制限]チェックボックスをオンにします。 
        • 既定で表示されるメモフィールドを質問またはプロンプトから除去するには、[メモフィールドを非表示]チェックボックスをオンにします。
      • プロパティーを更新(Sales HubまたはService Hub Enterpriseの有料シートのみ):プレイブックから自動的にコンタクト、会社、取引、またはチケットレコードのプロパティーを更新します。
playbook-editor
        • プロパティーの種類」ドロップダウンメニューをクリックし、プロパティーの種類を選択し、リンクする特定のプロパティーを選択します。 
        • 既定で表示されるメモフィールドを質問またはプロンプトから除去するには、[メモフィールドを非表示]チェックボックスをオンにします。
        • [保存]をクリックします。

注:

  • チケットレコードのプレイブックプロパティーを更新するには、Sales Hub Enterpriseおよび Service Hub Enterpriseプレイブック権限が必要です。
  • 複数の質問で同じプロパティーを更新し、ターゲットレコードがそのプロパティー値を持っていない場合、プレイブックをログに記録するときに、プロパティー値の最後の反復のみが保存されます。例えば、質問1と質問2が同じプロパティーを更新し、質問1だけが回答された場合、コンタクトプロパティーは更新されません(質問2が未回答であるため)。これは、プレイブックのログイン時にターゲットプロパティーが値がない場合にのみ当てはまります。

    • パーソナライズトークンを追加するには、[パーソナライズ]ドロップダウンメニューをクリックし、トークンを検索します。
    • 動画ファイルを追加またはアップロードするには、[挿入]ドロップダウンメニューをクリックし、[動画]を選択します。
    • URLを挿入してYouTube、Vimeo、またはInstagramのエンベッドコードを作成するには、[挿入]ドロップダウンメニューをクリックし、[エンベッド]を選択します。
    • 新しいレコードを作成するには、[挿入]ドロップダウンメニューをクリックし、[アクション]>[新規レコードの作成]を選択します。ドロップダウンメニューからレコードタイプを選択し、[アクションを挿入]をクリックします。

insert-record-in-playbook-UI-update

schedule-a-meeting

  • プレイブックのコンテンツを作成したら、[設定]タブをクリックします。
    • プレイブック送信をログに記録するには、[プレイブック送信のログを記録]チェックボックスをクリックしてオンにします。 
      • プレイブックによってレコードに保存されるエンゲージメントタイプを指定するには、[エンゲージメントタイプ]ドロップダウンメニューをクリックし、目的のエンゲージメントタイプの横にあるチェックボックスをクリックしてオンにします。既定では、エンゲージメントタイプは[コール]に設定されます。
      • コールまたはミーティングのエンゲージメントをログに記録する場合、[既定のコールタイプ/ミーティングタイプ]ドロップダウンメニューからコールまたはミーティングのタイプ(新規案件獲得、リード創出など)を選択できます。

multiple-engagment-types

注:レコードにプレイブックを記録する場合、エンゲージメントはプレイブックを使用したレコードにのみ記録されます。そのレコードに関連付けられている他のレコードには記録されません。

    • 会社、コンタクト、取引、チケットのさまざまなプロパティーに基づいて、プレイブックを推奨することができます。レコード内のプロパティーがプレイブックの推奨ルールに一致すると、レコードのプレイブックリストの先頭にそのプレイブックが表示されます。レコードの会社、コンタクト、取引、またはチケットのプロパティーに基づいてプレイブックを推奨するには、次の手順に従います。
      • [推奨設定]で、[開始するにはオブジェクトタイプを選択してください]ドロップダウンメニューをクリックし、会社、コンタクト、取引、またはチケットのプロパティーを選択します。 
      • [+ルールを作成]をクリックします。

推奨設定

      • [フィルター]の右サイドバーで、[+フィルターの追加]をクリックします。 
        • [現在のオブジェクト]または[関連付けられたオブジェクト情報]リストから、フィルターカテゴリーを選択します。次に、プロパティーのリストからフィルターを選択します。 
        • ドロップダウンメニューをクリックして、フィルターのパラメーターを選択します。さらにフィルターを追加するには、フィルターエディターの左下にある[+フィルターを追加]をクリックします。 
playbook-recommendation-filters
        • 変更は自動的に保存されます。[エディターを閉じる]または右上の[X]ボタンをクリックすると、プレイブックエディターの[設定]タブに戻ります。フィルターエディターに戻るには、[フィルター]の横にある[アクション]ドロップダウンメニュー、[編集]の順にクリックし、[フィルター]の右サイドバーにある[フィルターを編集]をクリックします。 
  • プレイブックのカスタマイズが完了したら、[公開]をクリックします。

推奨プレイブック CRM カードの作成 ( Sales HubまたはService Hub ProfessionalまたはEnterprise )

スーパー管理者はレコードにCRMカードを作成し、推奨されるプレイブックをレコードの上部に表示することができます。

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • 左サイドバーのメニューで、データ管理の下で、オブジェクトをクリックし、CRM カードを追加したいレコードタイプ(コンタクト、会社など)を選択します。
  • レコードカスタマイズタブをクリックします。次に、Customize middle columnをクリックする。
  • デフォルト・ビューまたはチーム・ビューをクリックする。チームビューを作成する場合は、チームビューを作成をクリックします。
  • 「カードを追加」をクリックする。次に、「イネーブルメントの推奨」チェックボックスをクリックします。「カードを追加」ポップアップボックスを閉じるには、画面のどこかをクリックしてください。

推奨-有効化-1

  • CRM カードを移動するには、「イネーブルメントの推奨」ボックスをクリックし、上部にドラッグします。

移動推奨有効化-Crmカード (1)

  • カスタマイズが終わったら、右上の「保存し、終了」をクリックします。
  • カスタマイズしたレコードタイプに移動します:
    • コンタクト:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[コンタクト]に移動します。
    • 会社:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[キャンペーン]に移動します。
    • 取引:HubSpotアカウントで、[セールス]>[取引]に移動します。
    • チケット:HubSpotアカウントで、[サービス]>[チケット]に移動します。
    • カスタムオブジェクト:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[カスタムオブジェクト]に移動します。アカウントに複数のカスタムオブジェクトがある場合は、[カスタムオブジェクト]にカーソルを合わせて、表示したいカスタムオブジェクトを選択します。
  • レコードをクリックすると、「イネーブルメントの推奨」 カスタマイズしたCRMカードが真ん中のパネルに表示されます。以下のいずれかが表示されます:
    • 推奨されるプレーブックが1つでもあれば、カードにはそのプレーブックのプレビューが表示される。「プレイブックを開く」をクリックして表示する。
  ワン・レコメンド・プレイブック
    • 推奨されるプレイブックが複数ある場合は、矢印を使って順番に見ていく。「プレイブックを開く」をクリックして表示する。
複数の推奨プレイブック
    • 推奨されるプレイブックがない場合は、利用可能な全てのプレイブックに目を通すか、検索することができます。プレイブックの名前をクリックして開く。
推奨プレイブックなし

プレイブックを管理する

  • HubSpotアカウントにて、[ライブラリー]>[プレイブック]の順に進みます。
  • 左上の検索バーを使用して、名前でプレイブックを検索します。
  • プレイブックの所有者によって絞り込むには、[所有者]ドロップダウンメニューをクリックします。
  • プレイブックを編集、複製したり、非公開にしたりする場合、またはプレイブックへのアクセスを許可するユーザーを変更する場合は、プレイブックの名前にカーソルを合わせます。
    • プレイブックを編集するには、プレイブック名をクリックします。
      • プレイブックの以前のバージョンを確認して復元するには、エディターの右上にある[バージョン履歴]をクリックします。 
      • ダイアログボックスの左側で、以前の下書きを選択します。 
      • この下書きを復元するには、[復元]をクリックします。restore-playbook
    • プレイブックを複製するには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[複製]をクリックします。
    • プレイブックを削除するには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[削除]を選択します。または、削除するプレイブックの横にあるチェックボックスをオンにしてから、テーブルの上部にあるdelete [削除]をクリックして削除することもできます。
    • プレイブックを非公開にするには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[公開終了]を選択します。
    • プレイブックの表示と使用を許可するユーザーを変更するには、[アクション]ドロップダウンメニューをクリックし、[共有を管理]を選択します。ユーザーやチームとセールスコンテンツへのアクセスを共有する方法について詳細をご確認ください。

playbooks-move-delete-clone

プレイブックを作成したら、フォルダーごとに整理できます。

  • 右上にある[新規フォルダー]をクリックします。
  • 表示されるダイアログボックスにフォルダーの名前を入力してから、[フォルダーを追加]をクリックします。
  • プレイブックをフォルダーに移動するには、プレイブックの横にあるチェックボックスをオンにしてから、「フォルダーに移動」をクリックします。folder フォルダーに移動する。playbooks-move-playbook-to-folder-1
  • ダイアログボックスで、フォルダーを選択してから[移動]をクリックします。playbooks-select-a-folder
  • フォルダーの名前を変更する場合は、フォルダーの横にあるチェックボックスをオンにしてから、テーブルの上部にあるedi[名前変更]をクリックします。

コンタクト、会社、取引、チケット、またはカスタムCRMレコードでプレイブックを使用する

プレイブックを作成したら、レコードからそのプレイブックにアクセスできます。HubSpotは自動的にディスカバリー コール プレイブックおよび適格判定プレイブックを提示しますが、必要に応じてプレイブックエディターで これらのプレイブックに変更を加えることができます。プレイブックに 取引ステージの推奨ルールを設定している場合、推奨ルールがレコードの取引ステージに一致すると、そのレコードがリストの先頭に表示され、[推奨] と示されます。
  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[コンタクト]に移動します。
    • 会社:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[キャンペーン]に移動します。
    • 取引:HubSpotアカウントで、[セールス]>[取引]に移動します。
    • チケット:HubSpotアカウントで、[サービス]>[チケット]に移動します。
    • カスタムオブジェクト:HubSpotアカウントで、[コンタクト]>[カスタムオブジェクト]に移動します。アカウントに複数のカスタムオブジェクトがある場合は、[カスタムオブジェクト]にカーソルを合わせて、表示したいカスタムオブジェクトを選択します。
  • レコードの名前をクリックします。
  • 右側のパネルの[プレイブック]セクションで、検索バーを使用してプレイブックを見つけ、プレイブックをクリックして開きます。 

playbooks-deal-recommendation-display


  • [プレイブックコンテンツ]サイドバーで、質問をクリックしてプレイブックで開きます。
  • 各質問について、メモの入力、回答のオプションの選択、レコード上のプロパティーの更新を行うことができます。[メモフィールドを非表示]を選択している場合は、質問の下にテキストボックスは表示されません。
playbook-outline
    • メモフィールドには、スニペットを使用して、顧客とのやり取りでよく使われるフレーズを貼り付けることができます。textSnippetsスニペットアイコンをクリックし、メモフィールドを使用してスニペットのリッチテキストを編集します。

snippets-in-playbooks

    • 異なるオブジェクトのプロパティーに質問がリンクされている場合、プレイブックにはその質問に関連付けられているレコードのリストが表示されます(「Enterprise」のみ)。このリストから、更新するレコードを選択できます。リンクされているCRMプロパティーに値を入力すると、エンゲージメントをログに記録する際にそのプロパティーが更新されます。

update-property-in-associated-record-in-playbook


    • プレイブック内からレコードを作成する場合は、[[レコード]を作成]ボタンをクリックします。右側のパネルで、新しいレコードの情報を入力します。次に、[作成]または[作成し、さらに追加]をクリックします。既存のレコードを追加する場合は、[既存のものを追加]タブをクリックし、レコードを検索します。

create-deal-in-playbook

  • プレイブックをコールとして記録している場合、成果の選択およびコールタイプの選択ドロップダウンメニューを使用して、コールの成果を選択するか、コールタイプを編集します。プレイブックをミーティングとして記録している場合は、[ミーティングタイプを選択]ドロップダウンメニューを使用して、ミーティングタイプを編集します。コールとして記録されているプレイブックでの結果のみを選択できます。
playbook-call-outcome-and-type
  • 過去6時間以内に記録されたエンゲージメントをプレイブックに添付することにより、プレイブック内でメモとプロパティー値をキャプチャーできます。これにより、ミーティングがすでに記録されている場合に、エンゲージメントレコードの重複を防止できます。プレイブックを選択した後、[[エンゲージメントタイプ]を記録する]の横のdown d下矢印をクリックします。[最近のエンゲージメントに添付]ドロップダウンリストから、最近記録されたエンゲージメントを選択して、プレイブックの末尾に追加します。[確認]ダイアログボックスで[OK]をクリックします。

append-playbooks

  • [フォローアップするタスクを作成]チェックボックスをオンにすると、フォローアップのためのタスクを作成できます。
  • プレイブックを使い終わったら、左下にある[[エンゲージメントタイプ]を記録する]をクリックします。記録されるエンゲージメントタイプは、プレイブックエディターの[設定]タブで選択されているものです。

レコードのタイムラインに、プレイブックが質問、回答、メモと併せてエンゲージメントとして保存されます。プレイブックに入力された全ての情報は、[[エンゲージメントタイプ]を記録する]をクリックするまで下書きとして自動保存されます。[[エンゲージメントタイプ]を記録する]を選択すると、リンクされているプロパティーは全てquestionAnswer質問と回答にリンクされているプロパティーは、プレイブックを使用している間に選択または入力した回答で更新されます(Sales HubまたはService Hub Professional/Enterpriseのみ)。

playbook-note-timeline

注:

  • プレイブックに保存されたメモや返信場所は、次にプレイブックがレコードにアクセスされたときに表示されます。メモや返信を削除することで、それらをプレイブックから削除できます。
  • プレイブックの質問が編集された場合、メモフィールドの値は削除されます。
  • あるレコードにプレイブックを記入した後、プレイブックが記入されていない別のレコードとマージすると、プレイブックパネルにあらかじめ記入されていた応答が消えます。これを避けるために、プレイブックがあるレコードは、プライマリーレコード

プレイブックのレポートアナリティクスビュー

プレイブックレポートのアナリティクスを表示することで、自分のプレイブック、誰が使用しているか、どの程度機能しているかをより深く理解することができます。

  • HubSpotアカウントにて、[ライブラリー]>[プレイブック]の順に進みます。
  • 上部で、「分析」タブをクリックする。
  • 「分析」タブのトップで、Total playbook usageと「チームの導入実績」セクションを使用して、プレイブック数、総ビュー、総アクティブユーザー数などの測定指標を表示します。右側で、ユーザーデータをクリックすると、アカウントで何回ユーザーがプレイブックを表示またはログインしたかを確認できます。ユーザーデータ表で、ユーザーをクリックすると、ユーザー別のデータが表示されます。フィルターを使用して、さらに検索を絞り込むことができます。

ビューレポートデータ-1

  • 「分析」ページの中央では、「プレイブック使用量の合計」測定指標を折れ線グラフで表示することができ、測定指標とfrequencyのフィルターがあります。

レポーティング・ライングラフ

  • 「分析」ページの下部で、テーブル内のプレイブックをクリックすると、プレイブックの使用率、プレイブックのユーザー、アクティビティーなど、個々のプレイブックの測定指標が表示されます。フィルターを使用して、さらに検索を絞り込むことができます。

プレイブック・アプト・スケジュールデータ

Slackでプレイブックを表示する

HubSpotとSlackの連携をインストールしていれば、/hs-search-playbookスラッシュコマンドを使用して、Slackで直接playbookを検索・表示できます。

プレイブックを使用してワークフローをトリガーする

プレイブックをログに記録すると、ワークフローをトリガーすることができます。イベント登録トリガーを設定する方法について詳しくはこちら

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。