メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Tickets

チケットを作成する

更新日時 2022年 8月 12日

対象製品

すべての製品とプラン

チケットを使用すると、顧客からのすべての問い合わせを1か所で整理し、時間を追ってトレンドを追跡することができます。チケットのインデックスページ、コンタクトレコード、コミュニケーションの受信トレイから個別のチケットを作成できます。ワークフローとサポートフォームを使用してプロセスを自動化することもできます。

チケットを作成したら、チケットのレポートを作成するためのダッシュボードの作成方法を参照してください。

チケットのインデックスページで新規チケットを作成する

  • HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
  • 右上の[チケットを作成]をクリックします。
  • 右側のパネルで、チケットの詳細を入力します。ここに表示するプロパティーをカスタマイズする場合は、下部にある[プロパティーをカスタマイズ]をクリックします。既定では以下のフィールドは必須です。
    • チケット名: このチケットの内容が分かる名前を付けます。
    • パイプライン: 作成した特定のチケットパイプラインにこのチケットを割り当てます。
    • チケットステータス: 選択したパイプラインから特定のチケットステージを選択します。

ticket-create-sidebar-associate

レコードからチケットを作成する

チケットに関連付けたいレコードからチケットを作成するには:

  • レコードの右側のパネルの[ チケット] セクションで、 [+追加]をクリックします。

新規チケットがレコードに関連付けられます。さまざまなレコードに関連付け可能なアクティビティーの詳細をご覧ください。

コミュニケーションの受信トレイでチケットを作成する

次のチャネルから、コミュニケーションの受信トレイでチケットを作成できます。

自動チケット作成

チケットパイプラインに接続されているEメールとフォームチャネルを表示するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。

  • 左のサイドバーメニューで[受信トレイ]>[受信トレイ]に移動します。
  • [接続済みチャネル]セクションの対応するチャネルの[接続先]列に、接続されたチケットパイプラインが表示されます。パイプラインの名前をクリックして、パイプライン設定を編集します。

connected-channel-ticket

ワークフローにてチケットを作成する(Service Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみ)

ワークフローを設定すると、特定の登録トリガーに基づいてチケットを自動的に作成できます。詳しくは、ワークフローにアクションを追加し、[チケットを作成]アクションを使用する方法を参照してください。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.