お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Meetings

ミーティングツールをセットアップする

更新日時 2019年 10月 10日

ミーティングツールを使用すると、カレンダーを HubSpot に接続でき、何度も E メールをやり取りすることなく、プロスペクトは双方にとって都合の良い時間を予約することができます。この記事では、カレンダーを接続してミーティング設定を構成する方法について学習します。ミーティングツールを設定したら、ミーティングリンクを作成する方法を学習します。

カレンダーをミーティングに接続する

Google または Office 365 のカレンダーをミーティングツールに接続すると、カレンダーを HubSpot に同期できます。接続済みカレンダーにイベントがあると、ミーティングツールによってイベント期間中に予定ありと表示されます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [セールス] > [ミーティング] の順に進みます。
  • E メールプロバイダーがミーティングに対応しているかどうかを確認します。
  • [Google カレンダーに接続] または [Office 365 カレンダーに接続] をクリックします。

  • プロンプトが表示されたら、[許可] をクリックしてミーティングツールにカレンダーへのアクセス権を付与します。
:

統合を設定したら、ミーティング設定にデフォルトの個人カレンダーが表示されます。その後、追加のカレンダーを接続できます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [セールス] > [ミーティング] の順に進みます。
  • [カレンダー統合] タブをクリックします。
  • [さらにカレンダーを使用]ドロップダウンメニューをクリックし、追加のカレンダーを選択します。meeting-setting-add-more-calendars
  • [保存]をクリックします。

追加できるカレンダーは、自分で所有しているか、接続済みの Gmail または Office 365 アカウントで E メールアドレスにアクセス権があるカレンダーのみです。新しい Google カレンダー新しい Office 365 カレンダーをセットアップする方法を説明します。

ミーティングツールでは、統合済みカレンダーで [予定ありと表示] に設定されているイベント中には自動的にクライアントがミーティングを予約できなくなります。

プロスペクトがあなたとのミーティングを予約すると、ミーティングイベントは個人既定のカレンダーにのみ表示され、他の統合済みカレンダーには表示されません。

: Google カレンダーと Office 365 カレンダー の2ウェイ統合を有効にしている場合HubSpotGoogle カレンダーあるいは Office 365 カレンダーで直接コンタクトとのカレンダーイベントを作成すると、そのイベントはミーティングエンゲージメントとして CRM に同期されます。

この双方向の統合により、CRM のコンタクトレコードに直接作成されたミーティングは、実際のカレンダーイベントの招待をコンタクトに送信されます。カレンダーが接続されていない場合は、単にレコードでミーティングエンゲージメントを作成するだけになります。

 

ミーティングの基本設定を行う (Sales Hub Starter、Professional、または Enterprise、または Service Hub Starter、Professional、または Enterprise のみ)

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [セールス] > [ミーティング] の順に進みます。
  • [ミーティング URL] フィールドでミーティング URL をカスタマイズします。ミーティング URL への変更はそれ以降のすべての新しいリンクには適用されますが、 既存のミーティングリンク は変更しません。
  • [デフォルトのミーティングリンク] ドロップダウンメニューからデフォルトミーティングリンクを選択します。

アカウント設定でミーティングリンクに表示される会社ロゴ、会社情報、既定の色をカスタマイズすることもできます。セールスツールの会社のブランディングを編集する方法を説明します。 

 

Marketing Hub Professional、 または Enterprise ユーザー、リード付き、がコンテンツ機能にアクセスできるようになっている場合は、ミーティングリンクで app.hubspot.com の代わりに独自のカスタムドメインを使用します。ドメインをカスタマイズしてブランドを反映し、過去のフォーム送信から事前入力するフォームフィールドを有効にします

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [セールス] > [ミーティング] の順に進みます。
  • [カスタムドメイン] タブをクリックします。
  • [ミーティングドメイン] ドロップダウンメニューで、HubSpot アドレスの代わりにミーティングリンクをホストするカスタムドメインを選択します。ドメインマネージャーに接続されているドメインのみがドロップダウンメニューに表示されて選択できます。

custom-domains-meeting-domains

: カスタムドメインを使用する場合でも、URL には他のドメインの既存のリンクとは異なるスラッグが必要です。 http://yourcustomname.com/meetings/example http://app.hubspot.com/meetings/example は同じものと見なされるため、http://app.hubspot.com/meetings/example がすでに存在する場合は http://yourcustomname.com/meetings/example を使用できなくなります。ミーティングリンクがカスタムドメインを使用している場合でも、非カスタムドメインのリンクと同じスラッグを使用することはできません。