お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Salesforce

Salesforce 統合設定を管理する

更新日時 4月 10, 2019

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise

HubSpot と Salesforce の統合をインストールした後、さまざまな統合設定を管理できます。

 

Salesforce 統合設定にアクセスする

  • HubSpotアカウントにて、右上に表示される[アカウント名]をクリックし、[統合]をクリックします。
  • [Salesforce] 統合セクションで [続き] ドロップダウンメニューをクリックし、[詳細を表示] を選択します。
  • [全般] タブに Salesforce 統合設定が表示されます。

 

Salesforceユーザー資格情報

[接続済みのアカウント] に統合ユーザーの Salesforce ユーザー名が表示されます。ここで、Salesforce 統合ユーザーの変更、HubSport に接続されている Salesforce アカウントの変更HubSport への新しい Salesforce サンドボックスの接続などの作業を行うことができます。

 

API コールの使用

この設定には、過去 24 時間にわたり統合で使用された API コールの数が表示されます。[HubSpot に割り当て済み] で、HubSpot に割り当てる Salesforce API コールの数を調整できます。それには、新しい数値を入力してから [更新] をクリックします。

HubSpot の API コールの上限は、Salesforce での API コールの上限だけでなく、現在の Salesforce の API コール使用量に基づいて設定する必要があります。

 

同期設定

CRM オブジェクト

このセクションを使用して、HubSpot オブジェクトと Salesforce CRM オブジェクトの間の同期をセットアップします。

 

タイムライン同期

HubSpot のエンゲージメント (フォーム送信、E メールのやり取り、ミーティングなど) を Salesforce のタスクと同期できます。HubSpot と Salesforce の間でアクティビティとタスクを同期する方法をご確認ください。

 

コンタクトの作成と削除

重複防止

同じ E メールアドレスを持つ HubSpot コンタクトと既存の Salesforce リード/コンタクトの重複と、同じ E メールアドレスを持つ Salesforce リード/コンタクトと既存の HubSpot コンタクトの重複を排除するには、2 つの設定が必要です。これらの設定は既定で選択されており、変更できません。

 

Salesforce でのレコードの作成:既定のオブジェクト

この設定を使用して、新しい HubSpot コンタクトが作成されたときに Salesforce リード/コンタクトを作成するかどうかを選択します。

 

インクルージョンリスト

この設定を使用して、HubSpot から Salesforce に同期するコンタクトを制限するインクルージョンリストを選択するか、作成します。インクルージョンリストに含まれないコンタクトは、HubSpot から Salesforce に同期されませんSalesforce インクルージョンリストを作成する方法をご確認ください。

 

HubSpot でのコンタクトの作成

この設定を使用して、Salesforce リード/コンタクトが 作成されたときに HubSpot コンタクトを作成するかどうかを選択します。

  • HubSpot コンタクトを自動的に作成しない:新規または既存の Salesforce リード/コンタクトが更新されても、HubSpot コンタクトは自動的に作成されません
  • 同期に適格であれば、Salesforce リード/コンタクトが作成されたときに HubSpot コンタクトを作成する:一意の有効な E メールアドレスを持つ新しい Salesforce リード/コンタクトが作成された場合、HubSpot コンタクトが作成されます。
  • 同期に適格であれば、Salesforce リード/コンタクトが作成されたとき、または既存のリード/コンタクトが更新されたときに HubSpot コンタクトを作成する:一意の有効な E メールアドレスを持つ新しい Salesforce リード/コンタクトが作成された場合 または一意の有効な E メールアドレスを持つ既存の Salesforce リード/コンタクトが更新された場合、HubSpot コンタクトが作成されます。

 

HubSpot からのコンタクトの削除

この設定を使用して、対応する HubSpot コンタクトが削除された場合に削除する Salesforce レコードのタイプ (存在する場合) を選択します。

 

その他の同期設定

ライフサイクルステージの自動移行

この設定を使用して、関連付けられている Salesforce レコードに対して実行されたアクションを、対応する HubSpot コンタクトのライフサイクルステージに適用するかどうかを選択します。

[はい] を選択した場合、Salesforce コンタクトがオープンな商談に関連付けられると、対応する HubSpot コンタクトのライフサイクルステージが [商談] に更新されます。Salesforce で商談が [クローズした成立取引] としてマークされると、対応する HubSpot コンタクトのライフサイクルステージが [商談] から [顧客] に変更されます。

注:

  • この設定により、HubSpot コンタクトのライフサイクルステージが逆行することはありません。たとえば、HubSpot コンタクトのライフサイクルステージが既に [顧客] の場合、対応する Salesforce コンタクトがオープンな商談に関連付けられたとしても、ライフサイクルステージが [商談]に戻ることはありません
  • HubSpot コンタクトのライフサイクルステージは、対応する Salesforce レコードによる影響を受けません。たとえば、HubSpot コンタクトのライフサイクルステージが [顧客] に設定されても、対応する Salesforce リードはコンタクトにコンバートされません
  • Salesforce コンタクトは、コンタクトの役割によってを商談に関連付ける必要があります。Salesforce コンタクトと商談の間のカスタムの関係フィールド、ならびにコンタクトの役割が設定されていない商談は、ライフサイクルステージの自動移行をトリガーしません
  • 会社の [ライフサイクルステージの同期] 設定が有効にされている場合、会社のライフサイクルステージが更新されると、その会社に関連付けられているその他すべての HubSpot コンタクトのライフサイクルステージも更新されます。

 

Salesforce の州および国リスト

この設定を使用して、HubSpot での州と国の既定値を、Salesforce の州/国選択リストの検証に合格する州名と国名に変換するかどうかを選択します。

  • Salesforce で州/国選択リストを有効化している場合は、[はい] を選択します。
    • 既定では、HubSpot での [都道府県/地域] プロパティーと [国] プロパティーは 1 行のテキストフィールドタイプです。Salesforce の州/国選択リストをこれらの既定のプロパティーに同期させると、HubSpot では標準化されていない値を入力できないため競合が発生します。このような競合は Salesforce で許容されません。Salesforce の州/国選択リストを HubSpot の [都道府県/地域] および [国] プロパティーに同期させる方法をご確認ください。
    • この設定を有効にすると、次に 2 つのシステムが同期するときに、HubSpot のドロップダウンでの既定値 (たとえば、MassachusettsUnited States) が Salesforce の選択リストでの省略形 (MAUS) に変更されます。以降、HubSpot または Salesforce で値を変更すると、コンタクトは同期できなくなります。
  • Salesforce で州/国選択リストを有効化していない場合、あるいは HubSpot または Salesforce のいずれかで既定の州および国の値をカスタマイズしている場合は、[いいえ] を選択します。