お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

手動でレコードを作成するときに表示されるフィールドをセットアップします

更新日時 2021年 3月 17日

アカウントアクセス権限を持つユーザーは、ユーザーがコンタクト会社取引チケットを手動で作成するときに表示されるフィールドを設定できます。

Sales Hub「Professional」または「Enterprise」アカウントでアカウントアクセス権限を持つユーザーは、コンタクト、会社、取引の作成において、特定のフィールドを手動作成時の必須項目とすることができます。

Service Hub「Professional」または「Enterprise」アカウントでアカウントアクセス権限を持つユーザーは、チケット作成において、特定のフィールドを手動作成時の必須項目とすることができます。

標準CRMオブジェクト

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
    • コンタクトまたは会社の場合は、左のサイドバーメニューの[レコード]から[オブジェクト]>[コンタクトおよび会社]の順に移動します。
    • 取引の場合は、左のサイドバーメニューの[レコード]から[オブジェクト]>[取引]の順に移動します。
    • チケットの場合は、左のサイドバーメニューの[レコード]から[オブジェクト]>[チケット]の順に移動します。
  • 「[オブジェクト]作成時にチームに表示されるプロパティーをセットします。」の横にある[管理]をクリックします。

  • 初めて設定する場合は、ダイアログボックスで、[デフォルトのプロパティーから開始]をクリックして、現在のデフォルトのプロパティーを含めるか、[一から開始]をクリックします。

  • ダイアログボックスで、ユーザーがオブジェクトを作成するときに表示するプロパティーの横にあるチェックボックスを選択します。右側の列で、プロパティーをクリックして並べ替えます。
  • Sales Hub「Professional」または「Enterprise」アカウントの場合、ユーザーがHubSpotに手動でコンタクト、会社、取引を作成する際に必須にするプロパティーの横にある、[必須]列のチェックボックスを選択できます。ユーザーは、これらの必須プロパティーを入力せずに、手動でコンタクト、会社、取引を作成することはできません。
  • Service Hub「Professional」または「Enterprise」アカウントの場合、ユーザーが手動でチケットを作成する際に必須にするチケットプロパティーの横にある[必須]列のチェックボックスを選択できます。ユーザーは、これらの必須プロパティーを入力せずに、手動でコンタクト、会社、取引を作成することはできません。
注:一部のプロパティーは常に必須です(例:コンタクトの「Eメール」、取引の「取引名」)。
  • [保存]をクリックします。

カスタムオブジェクト(Enterpriseのみ)

「Enterprise」アカウントでアカウントアクセス権限を持つユーザーは、カスタム オブジェクト レコード作成において、特定のフィールドを手動作成時の必須項目とすることができます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[カスタムオブジェクト]の順に移動します。
  • [セットアップ]タブで、[Set fields seen when creating[custom object]([カスタムオブジェクト]を作成したときに表示されるフィールドを設定)]をクリックします。
  • 左のサイドバーで、ユーザーがカスタムオブジェクトのレコードを作成するときに表示させたいプロパティー関連付けの横にあるチェックボックスを検索して選択します。
    • プロパティーまたは関連付けを必須フィールドとして設定するには、フィールドにカーソルを置き、[必須にする]をクリックします。
    • フィールドを再配置するには、フィールドを新しい位置にドラッグドロップします。
    • フィールドを削除するには、フィールドの上にカーソルを置き、[削除]をクリックします。

      custom-object-record-fields-editor-2
    • 右上の[保存]をクリックします。