メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

レコード作成時に表示されるプロパティーを設定する

更新日時 2021年 6月 18日

対象製品

すべての製品とプラン

アカウント権限を持つユーザーは、ユーザーがHubSpotのコンタクト会社取引チケット、およびカスタムオブジェクトを手動で作成するときに表示されるフィールドを設定できます。

Sales Hub ProfessionalまたはEnterpriseのアカウントでアカウント権限を持つユーザーは、コンタクト、会社、取引の作成において、特定のフィールドを手動作成時の必須項目とすることができます。

Service Hub ProfessionalまたはEnterpriseのアカウントでアカウント権限を持つユーザーは、チケット作成において、特定のフィールドを手動作成時の必須項目とすることができます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。

  • 左側のサイドバーメニューで[オブジェクト]に移動し、作成プロパティーを設定するオブジェクトを選択します。

  • [[オブジェクト]の作成]セクションで、[新規[オブジェクト]のプロパティーフィールドを選択]をクリックします。

choose-which-properties-appear-creating-records

  • 初めて設定する場合は、ダイアログボックスで、[デフォルトのプロパティーから開始]をクリックして、現在のデフォルトのプロパティーを含めるか、[一から開始]をクリックします。

  • ダイアログボックスで、ユーザーがオブジェクトを作成するときに表示するプロパティーの横にあるチェックボックスを選択します。右側の列で、プロパティーをクリックして並べ替えます。

  • Sales Hub「Professional」または「Enterprise」アカウントの場合、ユーザーがHubSpotに手動でコンタクト、会社、取引を作成する際に必須にするプロパティーの横にある、[必須]列のチェックボックスを選択できます。ユーザーは、これらの必須プロパティーを入力せずに、手動でコンタクト、会社、取引を作成することはできません。

  • Service Hub「Professional」または「Enterprise」アカウントの場合、ユーザーが手動でチケットを作成する際に必須にするチケットプロパティーの横にある[必須]列のチェックボックスを選択できます。ユーザーは、これらの必須プロパティーを入力せずに、手動でコンタクト、会社、取引を作成することはできません。

注:一部のプロパティーは常に必須です(例:コンタクトの「Eメール」、取引の「取引名」)。
  • 左下の[保存]をクリックします。