お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

Slackで通知を管理する

更新日時 2020年 10月 19日

SlackアプリをHubSpotアカウントに接続したら、ユーザー通知をSlackメッセージとして受信できます。既定では、Slackではユーザー通知はHubSpotアプリに送信されます。

HubSpot通知を受信する

Slackアプリが接続されている場合、既定ではユーザー通知とコミュニケーション受信トレイの受信通知はSlackメッセージとして届きます。ワークフローツールを使用してSlack通知を特定のチャネルに送信します。

注:プライベート Slack チャネルに通知を送信する場合は、そのチャネルに HubSpot アプリを招待する必要があります。チャネルを選択したら、チャネルで@HubSpotして、通知が届くようにします。

ユーザー通知

以下のHubSpot通知は、SlackのHubSpotアプリからダイレクトメッセージとして送信されます。

  • 割り当て
  • コメント
  • フォロー
  • メンション
  • 期限超過
  • リマインダー
  • 返信
  • 送信
  • 表示 (例:ドキュメントビュー)

注:HubSpot ユーザー E メールアドレスが Slack ユーザーの E メールアドレスに一致すると、Slack 内で HubSpot 通知を自動受信します。HubSpotユーザーのEメールアドレスがSlackユーザーのEメールアドレスに一致しない場合に行う処理についてご確認ください。

すべての通知、通知タイプ、または特定の通知がSlackに送信されないようにするには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左側のサイドバーメニューで、[通知] に移動します。
  • [その他のアプリ]タブをクリックします。
  • SlackですべてのHubSpot通知を有効または無効にするには、Slackスイッチをクリックしてオフに切り替えます。

slack-user-notifications

アカウントにHubSpot Sales Hub StarterまたはProfessionalサブスクリプションがある場合、専用 Slack チャネルのメッセージツールからの受信ウェブチャットに関する通知を受け取ったり、Slackスレッドで訪問者と直接チャットしたりできます。Slack とコミュニケーションの受信トレイの連携について詳細をご確認ください。

コミュニケーション通知

Sales Hub StarterまたはProfessionalユーザーの場合、専用Slackチャネルの受信ウェブチャットに関する通知を受け取ったり、Slackスレッドで訪問者と直接チャットしたりできます。新しいメッセージの受信時に、指定したSlackチャネルに通知が送信されるようになります。Slackチャネルは受信トレイ設定で設定できます。 

Slackに送信される通知には、コミュニケーションに関する重要な情報が含まれています。

  • 最初のメッセージ。
  • コミュニケーションのステータス。
  • チャットが開始されたページ。
  • コミュニケーションが割り当てられた相手。
  • コンタクトの HubSpot 担当者(既知の場合)。 

reply-in-inbox-screenshot

[Inboxで返信]をクリックして、HubSpotのコミュニケーションにアクセスします。または、Slack スレッドを介して返信することもできます。コミュニケーション全体は引き続き受信トレイに記録されます。

注:Slackスレッドで返信を送信する場合は、そのチャネルにHubSpotアプリを招待する必要があります。

HubSpotユーザーEメールをSlackユーザーEメールにマッピングする前にコミュニケーションが割り当てられた場合、返信を送信する前にSlackで[Claim[user email address]([ユーザーの E メールアドレス]を請求)]をクリックして、HubSpotユーザーIDを請求する必要があります。 

統合したSlackチャネル内で直接空き状況を変更することもできます。

  • 自分自身を離席中に設定するには、コマンド/hs-chat-awayを入力してEnterキーを押します。
  • 自分自身を対応可能に設定するには、コマンド/hs-chat-availableを入力してEnterキーを押します。

コール通知

専用Slackチャネルでコール通知を受信します。コールが開始されると、Slack通知がチャネルにプッシュされます。コールが終了し、コールタイプコールの成果コメントが追加されると、チャネルで通知が更新されます。

slack-notification-calls

会社およびコンタクトのコメント通知

専用Slackチャネルでコンタクトと会社を作成したときに通知を受け取ることもできます。コンタクトまたは取引レコードのコメントを作成して会社に関連付けると、Slack通知が専用チャネルにプッシュされます。

注:通知は、専用Slackチャネルの関連付けられた会社または取引レコードについてのみ作成されます。 

slack-note-notification

ワークフローで Slack 通知を送信する(Professional および Enterprise のみ)

通知ベースのワークフロー、会社ベースのワークフロー、取引ベースのワークフロー、チケットベースのワークフロー、および見積もりベースのワークフローのアクションを使用してSlackチャネルまたはユーザーに通知を送信できます。

ワークフローの作成について詳細をご確認ください。

注:
Marketing Hub
ProfessionalおよびEnterpriseユーザーは、会社ベースのワークフローのみで[Slack通知を送信]アクションにアクセスできます。

Sales Hub ProfessionalおよびEnterpriseユーザーは、会社ベース、取引ベース、見積もりベースのワークフローのみで[Slack通知を送信]アクションにアクセスできます。

Services Hub ProfessionalおよびEnterpriseユーザーは、会社ベースおよびチケットベースのワークフローのみで[Slack通知を送信]アクションにアクセスできます。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • [ワークフローを作成] をクリックします。
  • ワークフロータイプとして[会社ベース][取引ベース][チケットベース]、または[見積もりベース]を選択し、[ワークフローを作成]をクリックします。
  • 追加アイコンをクリックしてワークフローのアクションを追加します。右側のパネルで[Slack通知を送信]を選択します。
    • [通知の送信先:]ドロップダウンメニューをクリックして、通知の送信先とするSlackユーザーまたはチャネルを選択します。
    • [メッセージ]テキストボックスに、通知メッセージを入力します。ここに取引トークンを追加できます。
    • [メッセージに含めるプロパティー]をクリックし、通知メッセージに含める取引のプロパティーを選択します(任意)。
  • 完了したら、[保存]をクリックします。

  • レコードがワークフローに登録され、アクションが実行されると、選択したSlackユーザーまたはチャネルに通知が送信されます。