メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

アカウントデータをHubSpotのEUデータセンターに移行する(ベータ版)

更新日時 2024年 5月 31日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub   Starter , Professional , Enterprise
Sales Hub   Starter , Professional , Enterprise
Service Hub   Starter , Professional , Enterprise
Operations Hub   Starter , Professional , Enterprise
Content Hub   Starter , Professional , Enterprise
Marketing Hub Basic(旧製品)

HubSpotアカウントデータが米国のHubSpotのデータセンターでホスティングされている場合、欧州連合(以下「EU」といいます)のHubSpotのデータセンターへデータを移行することができます。

HubSpotアカウント内からEUデータセンターへの移行を開始する前に、データの移行要件、準備事項、およびデータ移行ツールへの影響に関する注意事項をご確認ください。

データ移行の完了後、アカウントの設定とツールをリセットするために、いくつかの作業を実行する必要があります。

要件とロジスティクス

EUデータセンターへのデータ移行を開始する前に、次の要件をご確認ください。

  • 移行の開始、スケジュール変更、キャンセルを行うには、スーパー管理者である必要があります。 
  • データ移行には最大36時間かかる。この期間中、ユーザーはHubSpotアカウントを利用できなくなります。 
  • データ移行は、少なくとも1週間前の使用可能な当日にスケジュールする必要があります。
  • 移行は開始予定時刻の36時間前までキャンセル可能です。 
  • データはHubSpotの米国のデータセンターからEUデータセンターにのみ移行でき、その逆方向の移行はできません。
  • HubSpot決済機能に登録されている場合、EUデータセンターへの移行は取引がない場合、またはテスト取引のみの場合のみ可能です。移行した場合、HubSpot決済機能は米国(米国)のお客さまにのみ提供されるため、アカウントから以下を実行します。移行後に支払いを回収するには、代わりにStripeの決済機能を設定 ( 一部除外地域あり )。EUデータセンターへのデータ移行を開始する場合は、決済機能をオフにするために、HubSpot Paymentsリスクチーム(paymentsunderwriting@hubspot.com)までご連絡ください。
  • サンドボックスは移行されず、移行後にサンドボックスで行われた作業は失われます。移行が完了しました後、新規サンドボックスを作成することができます。

シングルサインオン(SSO)を使用している場合(Enterpriseのみ)、移行後、自動的に新しいデータセンターの場所にリダイレクトされるため、それ以上のアクションは必要ありません。 

HubSpotツールへの影響

過去のデータを含むHubSpotアカウントの全ての情報は、EUデータセンターへ移行されます。以下のツールへの影響に関する注意事項をご確認ください。

ツール

ツールへの影響

アカウントとオブジェクトID

HubSpotアカウントとオブジェクトレコードIDは移行が完了しました後も変わりません。 

広告

データ移行中に公開がスケジュールされている広告は、スケジュールされた時間に公開されます。

移行中に接続された広告アカウント(Facebook、LinkedIn、Google )からHubSpotに取り込まれるデータは、データ移行が完了した時点で処理されます。

API呼び出し

移行中に行われるツール連携からHubSpotアカウントへのAPI呼び出しは全て失敗します。移行中に呼び出しが行われた場合、HubSpotで477ステータスコードが返されます。 

データ移行後、APIコールは、APIコールの発信元であるアプリや連携によって再試行される場合とされない場合があります。HubSpotは、APIコールが再試行されるかどうかを可視化していません。 

コール

発信通話:移行が開始されると、HubSpotアカウント上から直接開始された発信通話は切断されます。HubSpot上で発信された電話機での通話は切断されません。

着信通話:移行中は着信通話はつながりません電話がつながらない場合の標準的なメッセージが再生されます。

既存の通話データとレコーディングデータは全て、新しいHubSpotのデータホスティング場所に移行されます。また、以降の全ての通話データとアクティビティーは、新しいデータホスティング場所で処理されます。

注:Twilioでは、HubSpotのお客さまの電話番号は米国の同社サーバーに記録されます。 

チャットボット

チャットボットはデータ移行の1時間前から使用できなくなり、ウェブサイト訪問者に対して表示されなくなります。移行が完了すると、チャットボットは新規メッセージに使用できるようになります。移行の開始前に顧客が開始したチャットボットとのコミュニケーションは最後までやり取りが可能ですが、このチャットによるHubSpotへの情報の書き込みがある場合は、その操作が失敗します。

カスタマーポータル

顧客は引き続き新しいチケットを作成したり、既存のチケットを表示したりできます。

ただし、メッセージへの返答や、新規メッセージの送信はできません。この期間中に既存のメッセージに返答しようとした場合、「システムのメンテナンス中のため、メッセージを送信できません。後ほどご確認ください。

カスタム連携およびサードパーティー製品との連携

移行中、カスタムおよびサードパーティー連携はHubSpotアカウントと同期されません。

データ移行後、APIコールは、APIコールの発信元であるアプリや連携によって再試行される場合とされない場合があります。HubSpotは、APIコールが再試行されるかどうかを可視化していません。 

CRMインポート

インポートは移行予定日の24時間前に利用できなくなります。 

データ同期

移行中は、全ての同期アクティビティーが一時的に停止されます。移行後、全ての同期アクティビティーは正常に再開されます。

ドキュメント

ドキュメントは移行中ユーザーに対して表示されなくなります。ユーザーには、エラーが表示されます。このドキュメントは、システムアップデートが予定されているため、一時的に使用できません。[移行終了日]に再度ご利用いただけるようになります。

ドメイン

リバースプロキシードメインをHubSpotに接続している場合は、移行が完了した後、ドメインに新しいTXTとCNAME DNSレコードを追加する必要があります。これらの更新を行わなければ、ウェブサイトはオフラインのままです。

新規TXTおよびCNAME DNSレコードを取得するには、HubSpotサポートにお問い合わせください。

リバースプロキシーのドメインを接続しているかどうかをIDで確認する:

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • クリックウェブサイト>ドメインとURL . 
  • リバースプロキシーで接続と表示されているドメインがあるか確認する。
リバースプロキシー経由でドメインを接続していない場合は、変更する必要はありません。 

マーケティングEメール

データ移行のスケジュールを設定すると、一括マーケティングEメールをその日付に送信するように設定することはできません。

データ移行中に送信済みのマーケティングEメールは送信されませんので、移行が完了しましたら再度スケジュールを組む必要があります。 

受信メールは届きますが、ワークフロートリガー、RSS Eメール、フォーム、フォローアップEメール、およびその他のEメールベースの自動化は、移行が完了するまで一時的に停止されます。

Facebook Messengerとの連携

カスタマーサービス担当者は引き続きFacebook MessengerやHubSpot以外のEメールアカウントから送信された受信メッセージに返答できます。

フォーム

フォームからの送信は引き続き収集できますが、こうした情報は移行が完了するまでの間使用できなくなります。また、フォーム送信に基づく自動化は、移行が完了するまで一時停止されます。

この期間中にフォームを送信した方には「回答が送信されました。システムのメンテナンス作業中のため、処理の完了まで最大1日かかる場合があります。

HubSpot製の連携機能

ほとんどのHubSpotによる連携では、データ移行中にデータは同期されません。連携同期完了後、データが同期されます。Microsoft Teams、Zoom、Snowflake連携の例外については、以下を要確認してください: 

Microsoft Teams:

Microsoft Teamsアカウントが複数のHubSpotアカウントに接続されている場合、これらのHubSpotアカウントは全て同じデータホスティング場所にある必要があります。Microsoft Teamsアカウントを複数のHubSpotアカウントに接続したままにしたい場合は、all、またはnone、いずれかのアカウントを新しいデータホスティング先に移行する必要があります。

接続済みのHubSpotアカウントを1つだけ移行した場合、Microsoft Teamsは全てのアカウントから以下を実行します:

  • 接続済みのHubSpotアカウントは全て同じデータのホスティング場所にあります。または
  • 1つのデータホスティングする場所にある全てのHubSpotアカウントから連携が解除されます(例:米国データセンターにある全てのHubSpotアカウントから連携が解除されます)。 

Zoom:

Zoomアカウントが現在複数のHubSpotアカウントに接続されている場合、これらのHubSpotアカウントは全て同じデータホスティング場所にある必要があります。Zoomアカウントを複数のHubSpotアカウントに接続したままにしたい場合は、all、またはnone、いずれかのアカウントを新しいデータホスティング先に移行する必要があります。

接続済みのHubSpotアカウントを1つだけ移行した場合、Zoomは全てのアカウントからDisconnect(アカウント解除)されます:

  • 接続済みのHubSpotアカウントは全て同じデータのホスティング場所にあります。または
  • 1つのデータホスティングする場所にある全てのHubSpotアカウントから連携が解除されます(例:米国データセンターにある全てのHubSpotアカウントから連携が解除されます)。 

Snowflake:

移行が完了したら、Snowflake連携をアンインストールしてすぐに再インストールし、設定する必要があります。移行前、移行中、移行後に取得されたデータは、再インストールが完了すると、連携機能で利用可能になります。

注:Snowflakeアカウントの場所によっては、移行後の同期速度が異なる場合があります。SnowflakeアカウントがHubSpotアカウントと同じデータセンターにある場合、連携でのデータ同期は15分に1回行われます。同じ場所にない場合、連携でのデータ同期は1日に1回行われます。

ナレッジベース

データ移行中、ナレッジベースは全ての訪問者が利用できます。

ランディングページとウェブサイトページ

データ移行中、ウェブサイトとランディングページは全ての訪問者が利用できますが、移行が完了するまでユーザーは変更を行うことができません。

ページビューやアナリティクスから取得された情報は引き続き記録されますが、これらのデータは移行が完了するまで利用できなくなります。

ウェブチャット

全てのウェブ チャット ウィジェットは、データ移行の1時間前から使用できなくなり、ウェブサイトの訪問者に表示されなくなります。

移行が完了すると、新しいメッセージに利用可能になります。

ミーティングリンク

移行中、ミーティングリンクはオフラインモードになります。ミーティングはリンクからリクエストできますが、カレンダーに自動的に追加されることはありません。

移行後、リクエストされたミーティングのEメールが届きます。 

注:ミーティングリンクの所有者は、リクエストされたミーティングの招待状を手動で送信する必要があります。 

通知

サイドバー通知は移行されません。サイドバー通知は通常、30日後に期限切れになります。

非公開アプリ

移行が完了しました後も、非公開アプリは変わりません。

公開アプリ

公開アプリの認可は移行による影響はない。認証URLはこれまで通り、app.hubspot.com URLで共有する必要があります。 

セールスEメール

1:1のEメールは移行が完了した後に送信されます。 

サンドボックス

サンドボックスは移行されない。移行が完了しましたら、新規サンドボックスを作成することができますが、以前のサンドボックス内のものにはアクセスできなくなります。 

シーケンス

シーケンスはデータ移行中に一時停止されますが、コンタクトはEメールに返答することで、登録を解除できます。移行中に送信予定のEメールは、移行が完了しましたらすぐに送信されます。シーケンス内の他の全てのEメールは、スケジュールどおりに送信されます。

ソーシャル メディア ツール

移行期間に公開がスケジュールされたソーシャルメディアへの投稿は、移行が完了した後に公開されます。移行の週末にソーシャルメディアへの投稿をスケジュールすることはできます。

移行の週末に投稿を公開する必要がある場合は、HubSpotではなく、個々のソーシャル メディア ツールを使用して公開できます。直接投稿を公開する場合は、重複する投稿がないように、HubSpotでスケジュールされた投稿を削除してください。

チケット

チャットボットを介して作成されたチケットは、移行中は利用できません。

Eメールを介して作成されたチケットは、移行が完了した後に作成されます。

チケットフォームを介して作成されたチケットは、移行後に処理されます。 

ワークフロー

ワークフローは一時的に停止されますが、移行が完了するとすぐに遅延アクションがトリガーされます。他の全てのワークフローアクションはスケジュールどおりに再開されます。

データ移行を完了する

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • [アカウントの規定値]をクリックします。
  • [データのホスティング]タブをクリックします。 
  • ホスティング場所には、アカウントのデータが現在どのHubSpotデータセンターにあるかが表示されます。 
  • データ移行の一般的なガイドラインを読み、[次へ]をクリックします。 
  • [機能や連携に対する影響を確認]セクションには、データの移行中および移行後にアカウントのツールがどのように影響を受けるかが一覧表示されます。[次へ]をクリックします。
  • [データ移行後の作業について確認]セクションには、移行完了後に行う必要がある追加の手順が一覧表示されます。[次へ]をクリックします。
  • 「データの新しいホスティング場所を選択」セクションで、「データのホスティング場所を選択」ドロップダウンメニューをクリックし、「欧州連合」 (Germany)を選択します。[次へ]をクリックします。 
  • 「データ移行の日付を選択」セクションで、データ移行の日付を選択し、「確認とスケジュール」をクリックします。 

お客さまのアカウントは、移行中、36 時間ご利用いただけません。この期間中にユーザーがアカウントにアクセスしようとすると、以下のようなメッセージが表示されます。

移行が進行中です

お客さまの HubSpot アカウントデータは欧州連合(ドイツ)に移動します。[日付]の[時刻とタイムゾーン]までアカウントはご利用いただけません。ご不明な点がございましたら、[スーパー管理者の名前]までお問い合わせください。


spm - banner

アカウント内の全てのスーパー管理者は、移行スケジュールに関するEメール通知を4回受け取ります:

  • 移行のスケジュールが設定された後
  • 移行がスケジュールされている週の月曜日
  • 移籍予定日の前日。
  • データ移行が完了した後 

また、データ移行に失敗した場合は、メールで通知されます。 

データ移行のキャンセルと再スケジュール

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • [アカウントの規定値]をクリックします。
  • 「データのホスティング」タブをクリックします。
  • データ移行のスケジュールを変更するには、データ移行の日付を選択するセクションで、リスケジュールをクリックします。
    • ダイアログボックスで、データ移行の日付を選択し、Rescheduleをクリックします。移行は少なくとも1週間前にスケジュールする必要があります。 
  • データ移行をキャンセルするには、[キャンセル]をクリックします。
    • ダイアログボックスで、[はい、データ移行をキャンセルします]をクリックします。 

移行後のチェックリスト

データ移行を完了した後、EUデータセンターでアカウントを設定するには、いくつかの作業を実行する必要があります。このチェックリストは、HubSpotで見つけることができます。 

  • HubSpotアカウントにて、上部のナビゲーションバーに表示される設定アイコンsettingsをクリックします。
  • [アカウントの規定値]をクリックします。
  • [データのホスティング]タブをクリックします。 
  • [データのホスティング場所]セクションに、HubSpotアカウントの新しいデータホスティング場所が表示されます。 
  • [対応が必要:次の作業]セクションで、アカウントを再設定するために必要な作業を確認します。
必要な作業 説明

専用IPアドレスの接続

ドメイン設定で、トランザクションEメールやマーケティングEメールを送信するための専用IPアドレスを接続します。この手順を行わない場合、共有IPアドレスでEメールが送信されます。

SMTPホスト名とSMTPポートの更新

トランザクションEメールにSMTP APIを使用する場合は、SMTPホスト名とSMTPポートを更新します。この作業を行わない場合、SMTP APIに関連付けられた全てのトランザクションメールの送信とトリガーは失敗します。 

HubSpotが開発した連携を再インストールする

Snowflake:

Snowflakeのデータ共有機能をご使用の場合は、Snowflake連携をアンインストールしてすぐに再インストールし、設定する必要があります。移行前、移行中、移行後に取得されたデータは、再インストールが完了すると、連携機能で利用可能になります。

注:Snowflakeアカウントの場所によっては、移行後の同期速度が異なる場合があります。SnowflakeアカウントがHubSpotアカウントと同じデータセンターにある場合、連携でのデータ同期は15分に1回行われます。同じ場所にない場合、連携でのデータ同期は1日に1回行われます。

データ移行後のユーザーアカウント変更の確認

通知音が既定値にリセットされる

各ユーザーの通知音の設定は、通知ポップアップのサウンドが再生されるように既定値にリセットされます。ユーザーはの通知設定で設定を変更できる。

ブラウザー通知がオフになる

各ユーザーのブラウザー通知は既定値にリセットされ、オフになります。ユーザーは通知設定で設定を変更できます。

ミーティングリンクが更新される場合がある

ユーザーのミーティングリンクが新しいデータホスティング場所で利用できなかった場合、ユーザーには自動的に新しいミーティングリンクが割り当てられます。ユーザーは、スケジュール設定で、スケジュール設定ページのURLを変更できる。

BCCと転送先Eメールアドレスを更新する。

HubSpotでEメールを手動で記録するためのBCCと転送先Eメールアドレスは、移行後は異なります。こちらの手順に従って、新しいBCCと転送先Eメールアドレスをコピーし、設定してください。 

フォーム埋め込みコードの更新

HubSpot以外のウェブサイトでフォームを使用する場合は、フォームの埋め込みコードを更新する必要があります。この作業を行っていただかなくてもフォームは引き続き機能し、データは新しいデータホスティング場所に保存されますが、古いデータホスティング場所を経由し続けることになります。L外部サイトでのHubSpotフォームの詳細 .

HS-scripts埋め込みコードの更新

HubSpot以外のウェブサイトにhs-scriptsがある場合は、このセクションのリンクに従って新しい埋め込みコードを取得してください。埋め込みコードを更新しない場合、データは古いデータロケーションを経由過し続けるため、ランディングページ、ウェブサイト、フォームで遅延が発生する可能性があります。 

WordPressのHS-scripts埋め込みコードの更新

WordPressウェブサイトにログインし、プロンプトに従ってhs-scriptsエンベッドコードを更新します。新しい埋め込みコードを使用しない場合、データは古いデータロケーションを経由し続けるため、ランディングページ、ウェブサイト、フォームで遅延が発生する可能性があります。

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。