メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

イベント登録のトリガー設定(BETA)

更新日時 2023年 1月 20日

In Beta

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional, Enterprise

レコードにイベントが発生したときに、ワークフロー登録をトリガーする。例えば、電子メールのリンクがクリックされたときや、ページが訪問されたときなどです。 

ご注意ください。ベータ期間中
  • ベータ版に参加する前に作成されたワークフローをオプトインすることはできません。以前のトリガー機能に戻したい場合は、ベータ版からオプトアウトする必要があります。
  • ワークフローツールで利用できる一部の機能は、このベータ版にオプトインされたワークフローでは利用できません。これには、登録テスト機能、スケジュールトリガー機能などが含まれます。これらは、ベータ版にオプトインしていないすべてのワークフローで引き続き機能します。これらの機能を必要とするユースケースがありましたら、フィードバックフォームにてご投稿ください。

エンロールメントトリガーの設定

  • ワークフローエディタで、[ トリガーの設定 ]をクリックします。
  • 右側のパネルで、ワークフローのトリガーとなるイベントを選択します。トリガーを設定し、[ フィルターの適用 ]をクリックします。
イベント参加型トリガー
  • トリガーをさらに絞り込むには、「フィルターの追加」をクリックします。ワークフローに登録するオブジェクトを絞り込むために、追加のプロパティを選択することができます。
  • デフォルトでは、レコードは登録トリガーを最初に満たしたときのみ、ワークフローに登録されます。再登録を可能にするために、このワークフローの頻度を選択する」セクションで、「トリガーが発生するたびにワークフローを実行する」を選択します。
さいきゅうじゅくせいげん
  • 必要に応じて、登録トリガーを追加する。

注意:すべてのイベント登録のトリガーは OR 演算子で区切られます。つまり、ワークフローにレコードを登録するためには、イベント登録のトリガーが1つだけ発生する必要があります。


  • 完了したら、[保存]をクリックします。

 

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.