メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

イベント登録トリガーを設定する

更新日時 2024年 5月 6日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub   Professional , Enterprise
Sales Hub   Professional , Enterprise
Service Hub   Professional , Enterprise
Operations Hub   Professional , Enterprise

ワークフロー登録トリガーを設定すると、イベント完了時にレコードが自動的に登録されます。イベントトリガーは、イベント発生時にのみワークフローでアクションをトリガーする場合に使用します。

例えば、フォームが入力された時点やCTAがクリックされた時点でEメールを送信する場合に使用できます。イベントトリガーとフィルターベースの条件の違いついての詳細をご確認ください。 

  • イベントトリガー:イベントの発生時にトリガーされます。例えば、コンタクトの市区町村が「ダブリン」に変更された時点で[X]アクションを実行します。
  • フィルタートリガー:フィルター条件が満たされた時点でトリガーされます。例えば、コンタクトの市区町村が「ダブリン」のときに、[X]アクションを実行します。

始める前に

イベント登録トリガーを使用する場合は、次の点に注意してください。
  • イベント登録トリガーを使用してテストレコード登録を行うことはできません。登録のテストでは、[かつ次のフィルターも満たすコンタクトのみを登録する]セクションのフィルターのみが考慮されます
  • スケジュール済みトリガーをイベント登録トリガーと併用することはできません。
  • コール イベント トリガーは、HubSpotから開始したコールでのみ使用できます。
  • マーケティングEメールを使用してイベント登録トリガーを設定する場合:
    • イベント登録に使用できるのは、A/Bマーケティングおよび自動配信マーケティングEメールのみです。
    • 特定のマーケティングEメールが定義されていない場合、一括配信マーケティングEメールを含む全てのマーケティングEメールに対して行われたアクションにより、レコードがイベント登録トリガーに合致することがあります。 

イベント登録トリガーを設定する

イベント登録トリガーを設定する場合、全てのトリガーはOR演算子で区切られます。つまり、レコードがワークフローに登録されるためには、 1つのイベント登録トリガーのみが発生する必要があります。

イベント登録トリガーを設定するには、次のようにします。
  • HubSpotのアカウントにて、[自動化]>[ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックするか、新しいワークフローを作成します。
  • ワークフローエディターで、「トリガーを設定」をクリックします。
  • 左側のパネルで、[イベントの発生時]を選択します。
  • [トリガーを追加]パネルでイベントトリガーを選択します。
  • 同じトリガーグループ内で[+トリガーを追加]をクリックし、トリガーをさらに定義します。例えば、「広告ネットワーク」または「インタラクションタイプ」で[広告インタラクション]イベントトリガーをさらに指定することができます。 
  • 別のトリガーグループを追加するには、[+トリガーグループを追加]をクリックし、トリガーグループの設定を続行します。
  • イベントトリガーを設定したら、[完了]をクリックします。
     

 

  • 追加のフィルターに基づいてワークフローに登録されているレコードをさらに絞り込むには、[かつ次のフィルターも満たすコンタクトのみを登録する]セクションで[+フィルターを追加]をクリックします。
    • ワークフローに登録するレコードを絞り込むために、追加のプロパティーを選択できます。 
    • 絞り込みフィルターを追加する前に、イベントトリガーを保存しておく必要があります。 
    • フィルター絞り込み条件を使用する場合、メイントリガーからのイベントが発生する時点でもレコードはこれらのフィルターを満たす必要があります。 
  • 既定では、レコードは初めて登録トリガーを満たした場合にだけワークフローに登録されます。再登録を有効にするには、[このワークフローにコンタクトを再登録する必要がありますか?]セクションで、[はい、トリガーが発生するたびに再登録]を選択します。 
  • 完了したら、[保存]をクリックします。
     

 

ワークフロー登録トリガータイプを変更する 

[フィルター条件への適合時]トリガーまたは[スケジュールに従う]トリガーを使用してワークフローを作成した場合、[イベントの発生時]トリガーを使用するようにワークフローを更新できます。ワークフローのトリガータイプを変更するには 

  • HubSpotのアカウントにて、[自動化]>[ワークフロー]の順に進みます。
  • ワークフローの名前をクリックするか、新しいワークフローを作成します。
  • ワークフローエディターで[[オブジェクト]登録トリガー]をクリックします。
  • 左のパネルで、[トリガーのタイプを変更]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[確認]をクリックします。 
  • イベント登録トリガーの設定を続行します。 


 

イベント登録トリガー

イベントを完了しなかったレコードは登録できません。例えば、フォームを送信しなかったコンタクトは登録できません。ただし、ワークフローでif/then分岐を使用してイベントが発生したかどうかを判断できます。イベントワークフロー登録トリガーについて、下の表に詳細を記載します。

ワークフローのタイプ カテゴリー イベント 詳細
コンタクト 広告 広告インタラクション 広告に反応があったときにトリガーします。
コンタクト コール コールが終了

HubSpotで開始されたコールが終了するとトリガーされます。 

これは、コールが手動で記録された場合にはトリガーされません

コンタクト コール コールが開始されました

コールがHubSpotから開始されたときにトリガーします。

これは、コールが手動で記録された場合にはトリガーされません

すべてのワークフロータイプ CRM オブジェクトの作成 CRMで新規オブジェクトが作成されたときにトリガーします。このイベントには関連付けられているプロパティーはありません。

登録から不要なオブジェクトをフィルターで除外するために、絞り込み条件を使用する必要があります
すべてのワークフロータイプ CRM プレーブックログ CRMに記録されたレコードにプレイブックがログインされるとトリガーされます。 
すべてのワークフロータイプ CRM プロパティー値の変化 CRMのレコードでプロパティー値が更新されたときにトリガーします。このトリガーは、1つのプロパティーの値が変更されたことを正確に表します。

リストベースのフィルターとは異なり、[過去[X]日間に更新があった]のような履歴演算子は考慮されません。
コンタクト Eメール Eメール内リンクのクリック コンタクトがマーケティングEメール内のリンクをクリックするとトリガーされます。

Eメールイベント登録トリガーをさらに詳しく定義する場合は、以下の点に注意してください。
  • 未加工のURL:ユーザーが追加したクエリーパラメーターや、HubSpotに追加されたトラッキングパラメーターを含むマーケティングEメール内に入力されたURL。
  • 元のURL:ユーザーが追加したクエリーパラメーターを含むマーケティングEメール内のURL入力(例:www.hubspot.com?who_is_awesome=adamscott)。
コンタクト Eメール Eメールがバウンス(不達)になった マーケティングEメールがコンタクトに送信され、バウンス(不達)になった場合にトリガーします。
コンタクト Eメール Eメールが配信された マーケティングEメールがコンタクトに配信されるとトリガーします。
コンタクト Eメール Eメールを送信した マーケティングEメールがコンタクトに送信されるとトリガーします。
コンタクト Eメール Eメールを開封した コンタクトがマーケティングEメールを開封するとトリガーします。
コンタクト Eメール Eメールに返信済み コンタクトがマーケティングEメールに返信するとトリガーします。
コンタクト Eメール Eメール配信登録状況の更新 コンタクトがEメール配信登録ステータスを更新したときにトリガーされます。
コンタクト フォーム フォーム操作 コンタクトがフォームのテキストフィールドをクリックするとトリガーします。ユーザーがフォームを送信するには、フォームを操作する必要があるため、このイベントはフォーム送信の前にトリガーします。ただしユーザーはフォーム操作して送信しないでおくことができます。
コンタクト フォーム フォーム送信

フォームが送信されたときにトリガーします。 

URLでトリガーを設定する場合、以下の要素に注意してください。

URLの例:https://www.hubspot.com/search

ベースURL:プロトコルやクエリーパラメーターを除いたURL(例:www.hubspot.com/search)。

URLドメイン:ドメインのみ(例:HubSpot.com)。

URLパス:ドメインの後のセクション(例:/search)

コンタクト フォーム フォーム表示

コンタクトがフォームを表示したときにトリガーします。

フォームを表示したユーザーは、すでにCRMのコンタクトである必要があります。まだコンタクトにコンバージョンされていない訪問者は、登録をトリガーしません。

コンタクト、会社、取引およびカスタムオブジェクト リスト リストメンバーシップの変更 レコードがリストで追加または削除されたときにトリガーします。
コンタクト ミーティング ミーティングの予約 HubSpotミーティングツールからコンタクトがミーティングを予約するとトリガー。サードパーティーとの連携など、その他のソースからコンタクトがミーティングを予約した場合、ワークフローはトリガーされません。 
コンタクト ミーティング ミーティングの成果の変更 ミーティングの成果がアカウントで変更されたときにトリガーします。
コンタクト セールスドキュメント コンタクトがドキュメントの表示を終了した コンタクトがセールスドキュメントの表示を終了したときにトリガーします。これは、ユーザーがドキュメントの外をクリックして表示を完了したときに発生します。
コンタクト セールスドキュメント コンタクトがドキュメントを表示した コンタクトがセールスドキュメントを表示したときにトリガーします。これは、コンタクトがドキュメントを表示し終わったかどうかに関わらず、ドキュメントが初めて表示されたことを表します。
コンタクト セールスドキュメント ドキュメントがコンタクトと共有された セールスドキュメントがコンタクトと共有されたときにトリガーします。
コンタクト シーケンス コンタクトがシーケンスを通じてミーティングを予約した コンタクトがシーケンスを通じてミーティングを予約したときにトリガーします。
コンタクト シーケンス シーケンスに登録されたコンタクト コンタクトがシーケンスに登録されたときにトリガーします。
コンタクト シーケンス コンタクトがシーケンスを完了した コンタクトがシーケンスを完了したときにトリガーします。
コンタクト シーケンス コンタクトがシーケンスの登録から解除された コンタクトがシーケンスから登録解除されたときにトリガーします。
コンタクト シーケンス コンタクトがワークフローを通じてシーケンスから登録解除された コンタクトがワークフローを通じてシーケンスから登録解除されたときにトリガーします。他の登録解除ソースはこのイベントをトリガーしません。
コンタクト シーケンス コンタクトがシーケンスの登録から手動で解除された コンタクトが手動でシーケンスから登録解除されたときにトリガーします。他の登録解除ソースはこのイベントをトリガーしません。
コンタクト ウェブサイト CTA(ベータ)クリック コンタクトがCTAやウェブインタラクティブをクリックするとトリガーします。 
コンタクト ウェブサイト CTA(ベータ)表示 コンタクトがCTAまたはウェブインタラクティブを表示するとトリガーします。 
コンタクト ウェブサイト CTAクリック(旧) コンタクトがCTA(旧)をクリックするとトリガーします。 
コンタクト ウェブサイト CTAビュー(旧) コンタクトがCTA(旧)を表示するとトリガーします。 
コンタクト ウェブサイト ページの訪問

コンタクトがランディングページまたはウェブサイトページを表示したときにトリガーします。ユーザーがページを表示し、訪問者からコンタクトにコンバージョンされていない場合は、ワークフローはトリガーされません。

URLでトリガーを設定する場合、以下の要素に注意してください。

URLの例:https://www.hubspot.com/search.

ベースURL:プロトコルやクエリーパラメーターを除いたURL(例:www.hubspot.com/search)。

URLドメイン:ドメインのみ(例:hubspot.com)。

URLパス:ドメインの後のセクション(例:/search)。

コンタクト ワークフロー ワークフロー目標の達成 コンタクトがワークフローの目標を達成したときにトリガーします。 
すべてのワークフロータイプ ワークフロー ワークフローに登録 オブジェクトがワークフローに登録されたときにトリガーします。
すべてのワークフロータイプ ワークフロー ワークフロー登録からの解除 オブジェクトがワークフローから登録解除されたときにトリガーします。

イベントトリガーとフィルターベースのトリガーの違い 

フィルターベースのトリガーとイベントベースのトリガーの違いを以下の表でご確認ください。

トリガー フィルターベースのトリガーの動作 イベントベースのトリガーの動作
リストのメンバーではない(コンタクトワークフロー) リストから削除されたコンタクト、またはリストに追加されずにポータルに追加されたコンタクトは、このワークフローに登録されます。 2つのイベント(「オブジェクトの作成」イベントと「リストからの削除」イベント)があります。トリガーを設定する際に、「OR」を使用して両方のイベントを追加できます。つまり、ワークフローに入るコンタクトをさらに絞り込むことができます。
再登録 デフォルトでは、オブジェクトは既定の条件を満たした時点で登録されます。また、再登録基準を設定することもできます。 オブジェクトは一度だけ登録するか、またはイベントが発生するたびに登録することができます。 
関連付けオブジェクトプロパティーデータ   フィルターを追加ステップでデータを設定する際、クロスオブジェクトデータにアクセスすることができます。

データパネルを使用、ワークフローで関連付けられたオブジェクトプロパティーを取得することができます。
フィルターをかけていない(例えば、フォームに入力していない、ページを表示していない、配信登録を申し込んでいないなど) ワークフローは、イベントが発生していなくてもトリガーできます。 イベントとは、何かが発生することに基づいています。このため、イベントが発生しなかったかどうかを判断することは不可能です

ただし、ワークフローで「if/then」分岐を使用して、イベントが発生したかどうかを判断できます

 

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。