Contacts

インポートファイルの設定

更新日時 November 5, 2018

free

コンタクト、会社、取引、チケット、製品のデータをHubSpotにインポートするには、あらかじめお使いのコンピューター上にインポートデータを保存しておくことが必要です。 

インポート手順の中で、ファイルに含まれるデータの列をHubSpotのどのプロパティーにマッピングするかを指定することができます。以下のサンプルは、コンタクト、会社、取引、チケット、製品のそれぞれについて、どのような形式でファイルを準備すればよいかを示したものです。

HubSpotにファイルをインポートする際は、ほとんどのプロパティーをスプレッドシートに含めておくことができます。インポートの種類に応じて、次に挙げるフィールドが推奨または必須となっています。

コンタクト

  • 名(姓とは列を分けることを推奨)
  • 姓(名とは列を分けることを推奨)
  • Eメール(重複防止のため必須)

会社 

  • 会社のドメイン名(重複防止のため必須) 

取引 

  • 取引名

チケット 

  • チケット名
  • チケットステータス

製品

  • 名前

インポートに際しての留意事項

  • 1つのファイルから同時に複数のレコードタイプをインポートすることはできません。コンタクト、会社、取引、チケット、製品のそれぞれのレコードタイプについて、個別にインポートを実行する必要があります。
    • ただし、同一のスプレッドシートを複数回インポートして、必要に応じて対象列の追加や削除を行うことは可能です。
    • もう一つの方法は、レコードタイプに合わせて別々のスプレッドシート(コンタクト用、会社用、取引用、など)を作成することです。 
  • 用意したスプレッドシートの中に、HubSpotのプロパティーが対応していない列がある場合は、画面の案内に従ってカスタムプロパティーを作成することができます。 
import-columns-without-matches
  • メモまたはアクティビティデータは、カスタムプロパティーとしてインポートすることができます。
    • 例えば、[Notes(メモ)]というカスタムプロパティーを作成しておき、インポート用のCSVファイルに[Notes(メモ)]の列を追加してから、インポートを実行します。 
    • カスタムプロパティーはオブジェクトレコードに表示されますが、タイムライン上に個別のエンゲージメントまたはアクティビティーとして表示されることはありません。 
  • インポートする会社のドメイン名とコンタクトのEメールアドレスに基づいて、会社とコンタクトを自動的に関連付けることも可能です。
  • コンタクトと会社には、それぞれEメールアドレスと会社ドメイン名に基づいて重複防止処理が実行されます。重複したレコードを作成する代わりに、HubSpotはインポートされるスプレッドシートのデータを利用して既存のレコードを更新します。
  • コンタクト、会社、取引、チケットには、それぞれオブジェクトIDに基づく重複防止処理が可能です。オブジェクトIDは、HubSpotからエクスポートされるデータの先頭列に含まれる固有のIDナンバーです。 

:Excelでは、ファイルをCSV形式で使用する際に特殊文字が正しく保存されない場合があります。この問題は、Google Docsにリストをインポートすることで解決できます。

How to Import Your Contacts into HubSpot CRM