お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

インポートファイルの設定

更新日時 4月 3, 2019

コンタクト、会社、取引、チケット、製品のデータを HubSpot にインポートするには、あらかじめコンピューター上でインポートデータを保存しておくことが必要です。

インポート手順の中で、ファイルに含まれるデータの列を HubSpot のどのプロパティーにマッピングするかを指定することができます。以下は、ファイルの表示方法の例です。:

これらのサンプルファイルは、インポートファイルのフォーマットに関する特定のコメントを含んだものとしてサンプルインポートファイルとして動作するようにフォーマットされていません。インポートファイルのフォーマットについてさらにアドバイスを行うためにオープンして表示。

HubSpotにファイルをインポートする際は、ほとんどのプロパティーをスプレッドシートに含めておくことができます。2 つの個別のファイルをインポートして関連付けるときに、コメント用に 1 つのインポートファイルを設定することもできます。これらは、以下の各オブジェクトに推奨され、必須フィールドです。:

コンタクト

  • とは列を分けることを推奨)
  • とは列を分けることを推奨)
  • Eメール(重複防止のため必須)

会社 

  • 会社のドメイン名(重複防止のため必須) 

取引 

  • 取引名

チケット 

  • チケット名
  • チケットステータス

製品

  • 名前

ノート

  • アクティビティー日
  • メモ本文

インポートに際しての留意事項

  • スプレッドシートの中に、HubSpotのプロパティーが対応していない列がある場合は、画面の案内に従ってカスタムプロパティーを作成することができます。 
import-columns-without-matches
  • コンタクトのドメイン名とEメールアドレスに基づいて、会社とコンタクトを自動的に関連付けることも可能です。
  • その他のレコードタイプは、インポートに関連付けることもできます
  • コンタクトと会社には、それぞれEメールアドレスと会社ドメイン名に基づいて重複防止処理が実行されます。重複したレコードを作成する代わりに、HubSpotはインポートされるスプレッドシートのデータを利用して既存のレコードを更新します。
  • コンタクト、会社、取引、チケットには、それぞれオブジェクトIDに基づく重複防止処理が可能です。オブジェクトIDは、HubSpotからエクスポートされるデータの先頭列に含まれる固有のIDナンバーです。 
  • 製品の期間プロパティをインポートするには、[期間]列の製品の値をフォーマットします。:
    • PXM、ここで X は月数(例、 P6M は 6か月間);または
    • PXY、X は年数 (例、P1Y 1 年の期間)。
  • 製品の[定期請求頻度]プロパティをインポートするには、製品に定期的な価格タイプがある場合、月間年間四半期ごとに使用します。製品が固定価格タイプがである場合は、セルを空白のままにします。

:Excelでは、ファイルをCSV形式で使用する際に特殊文字が正しく保存されない場合があります。この問題は、Google Docsにリストをインポートすることで解決できます。

How to Import Your Contacts into HubSpot CRM