お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Collected Forms

非 HubSpot フォームを使用する

更新日時 2月 22, 2019

非 HubSpotフォームで、ウェブサイトの既存のフォーム送信を収集し、すべてのリードを HubSpot コンタクトデータベースに統合できます。非 HubSpot フォームは、HubSpot トラッキングコードがインストールされているどの外部ウェブページでも動作します。

非 HubSpot フォームを有効または無効にする

HubSpot の無料マーケティングツールを使用して、 HubSpot CRM アカウントで 非 HubSpot フォームを使用することができます。
  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューから、[マーケティング] > [フォーム] の順に進みます。
  • [非 HubSpot フォーム] タブをクリックします。
  • 非 HubSpot フォームを有効または無効にするには、 [ウェブサイトフォームからデータを収集] のトグルスイッチをクリックしてオン/オフを切り替えます。

有効にすると、ツールはウェブサイトでフォームが送信されるたびに自動的に収集が行われます。

収集フォームツールは、HTML コードのthe

<form> タグに基づいてウェブサイトの外部フォームを識別することができます。訪問者がフォームを送信すると、HubSpot は訪問者のブラウザーの Cookie li_formsub に送信情報を保存します。この Cookie に保存されているフォーム送信データが HubSpot に戻され、新しいコンタクトが作成されるか、E メールアドレスが同じ既存のすべてののコンタクトが更新されます。

 

HubSpot は、以下の順序でロジックを使用して、HubSpot の既存のコンタクトプロパティーにフォームフィールドをマッピングしようとします。

  1. コンタクトプロパティー内部名のあるフィールド名
  2. コンタクトプロパティーラベルのあるフィールドラベル
  3. コンタクトプロパティー内部名のあるフィールドラベル
  4. コンタクトプロパティーラベルのあるフィールド名

property-label-name

HubSpot の既定のプロパティーに一致するフォームフィールドまたはラベルを作成するか、またはフォームフィールドの名前またはラベルに一致するカスタムコンタクトプロパティーを作成できます。

フォームフィールドの対応するコンタクトプロパティーを検出できない場合、送信されたデータはコンタクトレコードに保存されません。ただし、そのフォームフィールドに送信された詳細はフォーム送信データで利用できます。

注:
  • 注: コンタクトの作成には E メールアドレスが必要です。そのため、HubSpot でフォーム送信を記録できるようにするには、 収集フォームには [Eメールアドレス] フィールドが必ず必要です。
  • 非 HubSpot フォームフィールドに送信されたデータはすべて、HubSpot の単行テキストフィールドタイプのプロパティーのみに一致します。非 HubSpot フォームフィールドは他のフィールドタイプと一致できません

無効に切り替わると、非 HubSpot フォームでの送信の収集は停止されます。ただし、リードフローとHubSpot フォーム (Marketing Hubのみ) は別のツールであるため、引き続き送信されます。

非 HubSpot フォームを管理する

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [フォーム]の順に進みます。
  • 左上の [フォームタイプ] ドロップダウンメニューをクリックして、[非 HubSpot] を選択します。
  • 非 HubSpot フォームにカーソルを置いて [アクション] ドロップダウンメニューをクリックし、[情報を表示] を選択すると、以下の詳細が表示されます:

    • このフォームの送信が収集された最新のページの URL
    • このフォームが最初に収集された日付
    • [詳細情報] をクリックして、このフォームのセレクターを表示します。このツールは、フォーム自体の CSS セレクターに基づいて各フォームを一意に識別します。既定では、フォーム識別子は CSS セレクターになりますが、フォームの名前を変更して、ここで元のセレクターを確認することができます。

non-hubspot-form-details

非 HubSpot フォームツールに対応するフォーム

静的な HTML で、タグで囲まれ、<iframe> タグに囲まれていないフォームであれば、HubSpot で送信データを収集できます。フォームの送信がツールで収集 されない 場合、以下が主な原因として考えられます:

    • フォームが <form> タグで囲まれていない
    • フォームが <iframe> タグで囲まれている
    • フォームの送信イベント、または送信ボタンのクリックイベントに関連付けられた JavaScript がフォームにバインドされている。フォーム送信ツールはこの仕組みを通じて送信データを収集しているため、これら以外のイベントが原因となって、HubSpot が送信を認識できなくなることがあります。
    • ページの読み込み完了後にフォームが読み込まれた。ツールは読み込み直後にページをスキャンするため、その時点でフォーム上にあった送信情報を認識します。
    • フォームにクレジットカード番号などの機密情報のフィールドが含まれている

サポートされているフォームビルダー/プラグイン

HubSpot はほとんどのフォームで送信データを収集できますが、前述の制限事項により、使用できないフォームビルダーやプラグインもあります。以下の表に、現在サポートされているフォームビルダー/プラグインを示します。

対応 非対応
  • Contact Form 7
  • JetPack
  • Fast Secure Contact Form
  • Contact Form
  • Gravity Forms
  • Formidable
  • Ninja Forms (< v3.0)
  • Contact Form Clean and Simple
  • Quform
  • MailChimp 埋め込みフォーム
  • WordPress ネイティブのコメントフォーム
  • ほとんどのカスタムフォーム
  • Google Forms
  • Wufoo
  • WooCommerce
  • Easy Contact Forms
  • Disqus コメント
  • Jetpack コメントフォーム
  • JotForm
  • SumoMe
  • Ninja Popups
  • Ninja Forms (v3.0+)
  • iFrame タグで囲まれたフォーム
  • Optinmonster
  • FormCraft
  • cVita
  • Typeform
  • Caldera
  • Form Maker

非 HubSpot フォームを HubSpot フォームに変換する

HubSpot のネイティブフォームツールを使用したい場合は、非HubSpot フォームを HubSpot フォームにすばやく簡単に変換できます。

      • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [フォーム]の順に進みます。
      • 左上の [フォームタイプ] ドロップダウンメニューをクリックして、[非 HubSpot] を選択します
      • 変換する非 HubSpot フォームにカーソルを置き、[アクション] ドロップダウンメニューをクリックして [HubSpot フォームに変換] を選択します。
      • ダイアログボックスで [HubSpot にコピー] をクリックして、すべて同じフォームフィールドで構成される HubSpot フォームを作成します。

convert-non-hs-form

新しい HubSpot フォームは、元のフォームのタイトルにConverted「Converted (変換)」と表示されるため、簡単に識別できます。元の非 HubSpot フォームは、コピー後にポータルに残ります。