メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
CRM Setup

カスタムオブジェクトパイプラインの作成と使用

更新日時 2021年 11月 16日

対象製品

Marketing Hub Enterprise
Sales Hub Enterprise
Service Hub Enterprise
CMS Hub Enterprise

一度定義したカスタムオブジェクトを定義したら、カスタムオブジェクトのレコードをプロセスで追跡するパイプラインを作成することができます。カスタムステージでパイプラインを編成し、テーブルビューやボードビューでプロセスを確認することができます。

ユーザーにはカスタムオブジェクトへのアクセスおよび[プロパティの編集 ] 権限を持ち、カスタムオブジェクトパイプラインを作成・編集することができます。

カスタムオブジェクトパイプラインの作成

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。

  • 左のサイドバーメニューで、[オブジェクト]>[カスタムオブジェクト]に移動します。

  • 複数のカスタムオブジェクトがある場合は、左上にあるドロップダウンメニューをクリックし、編集するカスタムオブジェクトの名前を選択します。

  • [パイプライン]タブをクリックします。
  • これがカスタムオブジェクトの最初のパイプラインである場合は、[Create pipeline]をクリックします。

カスタム・オブジェクト・パイプラインの作成

  • カスタムオブジェクトに追加のパイプラインを作成する場合は、「Select a pipelineセクションドロップダウンメニューを選択します。パイプラインを作成します。
新規パイプラインの作成
  • ダイアログボックスで、パイプラインの名前を入力し、「Create」をクリックします。

カスタムオブジェクトパイプラインの編集・削除

カスタムオブジェクトパイプラインを作成した後は、名前の変更や順序の変更、削除が可能です。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左サイドバーのメニューで、「Objects」に移動します。> カスタムオブジェクト
  • [パイプライン]タブをクリックします。
  • [パイプラインを選択]セクションでドロップダウンメニューをクリックし、パイプラインを選択します。
  • 右側の「Actions」をクリックするとアクションドロップダウンメニューをクリックし、以下のいずれかを選択します。
    • このパイプラインの名前を変更する: パイプラインの名前を変更します。ダイアログボックスで、新しい名前を入力します。名前を入力してから名前の変更.
    • パイプラインの並び替えパイプラインの順序を変更することができます。ポップアップボックスではパイプラインをドラッグして新しい位置に移動させてから保存」をクリックします。
    • アクセス管理:パイプラインを閲覧・編集できるユーザーを管理します。
    • このパイプラインを削除する: パイプラインを削除します。

edit-existing-pipeline

カスタムオブジェクトステージの編集

パイプラインにカスタムステージを作成して、記録を整理したり、進捗状況を確認することができます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左サイドバーのメニューで、「Objects」に移動します。> カスタムオブジェクト
  • [パイプライン]タブをクリックします。
  • [パイプラインを選択]セクションでドロップダウンメニューをクリックし、編集するパイプラインを選択します。
  • 設定」タブで
    • 新しいステージを追加するには、「+ステージの追加」をクリックします。を入力します。ステージ名をクリックしてからドロップダウンメニューが表示されます。オープンまたはクローズ列のドロップダウンメニューをクリックして、ステージがカスタムオブジェクトレコードを開くまたはClosedに設定するかを選択します。
    • ステージの順番を変更するには、ステージをクリックして新しい位置にドラッグします。
    • ステージを削除するには、ステージの上にカーソルを置き、「削除」をクリックします。
add-Record-Stage-custom-object
  • 左下の[保存]をクリックします。

カスタムオブジェクトパイプラインの表示と使用

カスタムオブジェクトのパイプラインとそのステージを作成したら、カスタムオブジェクトのインデックスページのテーブルビューやボードビューで、カスタムオブジェクトのレコードを表示・編集することができます。

  • HubSpotアカウントで、「Contacts> Contacts」に移動し、左上のドロップダウンメニューをクリックして、カスタムオブジェクトの名前を選択します。
  • デフォルトでは、カスタムオブジェクトのレコードはテーブルに表示されます。 カスタムオブジェクトのレコードをフィルタリングする方法について説明します。

テーブル&ボードビューのトグル

  • ボードビューに切り替えるには、左上の碁盤目のアイコンをクリックします。ボードビューにアクセスできるのは、ステージが定義されているパイプラインのみです。
  • 特定のパイプラインのカスタムオブジェクトレコードを表示するには、ページ上部のドロップダウンメニューをクリックして、表示したいパイプラインを選択します。 すべてのパイプラインを選択すると、すべてのカスタムオブジェクトレコードがテーブルビューに表示されます。
  • カスタムオブジェクトのレコードの表示を変更するには、以下の方法があります。
    • テーブルビューでは、表示したいタブをクリックするか、「ビューの追加」をクリックして新しいビューを作成します。
    • ボードビューでは、ページ上部にある2つ目のドロップダウンメニューをクリックして目的のビューを選択するか、「Create new view」をクリックしてビューを追加します。

パイプライン・セレクト・ア・ビュー

ボードビューの使用とカスタマイズ

カスタムオブジェクトのレコードをボードビューで表示すると、各パイプラインステージ内のレコードを確認することができます。

  • リストビューからボードビューに切り替えるには、左上の碁盤目のアイコンをクリックします。ボードビューにアクセスできるのは、ステージが定義されているパイプラインのみです。
  • ボードカードをクリックしてドラッグすると、カスタムオブジェクトレコードをあるステージから別のステージに移動させることができます。

カスタムオブジェクトピペリンステージ-ムービング

  • ボードカードをクリックすると、右側のパネルにレコードが素早く表示されて作業でき、レコードをクリックすると、カスタムオブジェクトのレコードを完全に操作できます。
  • ボードビューをカスタマイズするには、右側の「ボードアクション」をクリックします。ドロップダウンメニューで、以下のいずれかを選択します。
    • ソート: 各ステージのレコードをソートします。ダイアログボックスでは優先順位ドロップダウンメニューをクリックしてプロパティを選択し、次に順番ドロップダウン・メニューをクリックして順序を決定します。クリック保存.
    • エクスポートビュー:現在のビューに表示されているレコードをエクスポートします。
    • ステージの編集:パイプラインのステージを更新します。これにより、カスタムオブジェクトの設定が表示されます。
    • カードの編集:カードのスタイルを変更します。右側のパネルで、「Default」または「Compact」のラジオボタンを選択して、カードスタイルを選択します。[保存]をクリックします。また、レコード盤のカードに表示されるプロパティを編集することもできます。
ボード・アクション

カスタムオブジェクトボードカードに表示されるプロパティのカスタマイズ

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左サイドバーのメニューで、「Objects」に移動します。> カスタムオブジェクト
  • [レコードのカスタマイズ]タブをクリックします。
  • ボードビューに表示されている[カスタムオブジェクト]プロパティの選択をクリックします。

ボードビューに表示されるカスタムオブジェクトのプロパティを選択します。

  • 右側のパネルで、ボードビューでのカードの表示方法をプレビューできます。カスタムオブジェクトに定義したタイトルプロパティがデフォルトで表示されます。

  • ボードカードに表示するプロパティを選択するにはプロパティドロップダウンメニューをクリックして、カスタムオブジェクトのプロパティ.ドロップダウンメニューの一番上までスクロールし、どのプロパティも表示させたくない場合は「Select a property」を選択します。

セレクト・ボード・カード・プロパティー

  • クリック保存.

カスタムオブジェクトのインデックスページに移動してボードビューに切り替えると、設定で選択したプロパティがカスタムオブジェクトのボードカードに表示されます。