メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

HubSpotのSalesforce連携をインストールする

更新日時 2021年 3月 26日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise
CMS Hub  Professional, Enterprise

HubSpotとSalesforceの連携により、HubSpotとSalesforceの間でデータをシームレスに受け渡し、マーケティングチームとセールスチームの間で一貫性を確保することができます。

注:Salesforce Selective Syncを設定する場合は、個別の設定が以下の標準要件、設定、および動作とは異なる場合があります。

HubSpotとSalesforceの連携の要件

HubSpotのSalesforce連携をインストールするユーザーには、次の契約、アクセス権、および権限が必要です。

HubSpot

  • HubSpot Marketing HubSales HubService Hub、またはCMS Hub ProfessionalまたはEnterpriseのアカウント。
  • HubSpotの管理者アクセス権

Salesforce

HubSpotとSalesforceの連携での全般的な前提

  • この手順では、連携の設定とインストールプロセスの一環として、都度Salesforceにもアクセスすることになります。
  • 連携に使用できる1日あたりのAPIコール数には制限があります。1回のコンタクト同期には1レコードにつき最大4回のAPIコールが必要ですが、この数は変動します。
  • 1つのSalesforceインスタンスに複数のHubSpotアカウントを接続するには、各HubSpotアカウントに連携を設定してインストールする必要があります。
  • HubSpotから連携できるSalesforceインスタンスは1つのみです。

 

HubSpotのSalesforce連携をインストールする

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • 右上にある[アプリマーケットプレイスにアクセス]ボタンをクリックします。
  • 検索バーを使用してSalesforce連携を見つけます。
  • Salesforce連携にポインターを合わせ、[連携を表示]をクリックします。接続ウィザードが開きます。HubSpotをSalesforce Sandboxに接続する場合は、[はい、Sandboxに接続します]チェックボックスを選択してオンにします。
  • [Salesforceにログイン]をクリックします。

  • ポップアップウィンドウでSalesforceの認証情報を入力し、[ログイン]をクリックします。ログインすると、HubSpotの接続ウィザードに戻ります。
  • 次に、SalesforceにHubSpotをインストールします。[Salesforceパッケージのインストールを開始]をクリックします。

  • HubSpotの連携パッケージをインストールするためにSalesforceにリダイレクトされます。[Install for All Users(すべてのユーザーのインストール)]を選択して[インストール]をクリックします。
  • ダイアログボックスで[Yes, grant access to these third-party web sites(はい、これらのサードパーティーウェブサイトへのアクセス権を付与します)]を選択してオンにし、[続行]をクリックします。
  • SalesforceにHubSpotの連携パッケージがインストールされます。このインストールには最大10分かかる場合があります。

    • 次のようなメッセージが表示されることがあります。「このアプリはインストールに長い時間がかかります。インストールが完了すると、Eメールが届きます。」
    • [完了]をクリックし、Salesforceから「Package HubSpot Integration Install Successful(パッケージHubSpot Integrationのインストールに成功しました)」といった件名のEメールが届くのを待ちます。
    • Eメールを受信したら、インストールは正常に完了しています。
  • Salesforceにパッケージがインストールされたら、HubSpotの接続ウィザードに戻り、[次へ]をクリックします。
  • 次に、HubSpot VisualforceモジュールをSalesforceに追加します。このモジュールにはコンタクトの成約の見込みが表示されるので、コンタクトのアクティビティーを表示して絞り込み、コンタクトをHubSpotワークフローに登録することができます。[SalesforceにHubSpotを追加する]をクリックします。

  • 次に、HubSpotとSalesforceの間のデータ同期方法を選択します。
  • [推奨されるセットアップ]を選択する場合は、[設定の確認]をクリックします。

注:[推奨されるセットアップ]を選択すると、HubSpotによってHubSpotのプロパティーとSalesforceのフィールドの間のマッピングが行われます。Salesforceフィールドと一致するHubSpotプロパティーがない場合、「不明なユーザー」による新規プロパティーがHubSpot上に作成されます。

  • [詳細セットアップ]を選択する場合、[次へ]をクリックします。
    • 次の画面で、コンタクトの同期設定を行います。
      • [同期するコンタクトを選択]ドロップダウンメニューをクリックし、[すべてのコンタクト]を選択してすべてのコンタクトをSalesforceに同期するか、特定のHubSpotリストを選択し、リスト内のコンタクトのみをインクルージョンリストを使用してSalesforceに同期します。
      • [次へ]をクリックします。
    • 次の画面で、アクティビティーとタスクの同期設定を行います。
      • Salesforce ToDo同期]スイッチをクリックしてオンに切り替え、ToDoがSalesforceで作成されるとHubSpotでタスクが自動的に作成されるようにします。
      • [タイムライン同期]テーブルで、ToDoとしてSalesforceに同期するHubSpotイベントの横にある[同期]チェックボックスをオンにしてから、[Salesforce ToDo種別]ドロップダウンメニューをクリックしてSalesforceで作成されるToDo種別を選択します。
      • [次へ]をクリックします。
    • 次の画面で、オブジェクトとプロパティーの同期設定を行います。
      • [コンタクト]、[会社]、または[取引]タブをクリックして、そのオブジェクトの標準プロパティーの同期タイプを設定します。[会社]タブと[取引]タブでは、フィールドマッピングを作成する前に、[会社の同期を有効にする]/[取引の同期を有効にする]スイッチをクリックしてオンに切り替えなければならない場合があります。
      • テーブルに、標準的なHubSpotオブジェクトプロパティーと対応するSalesforceフィールドが示されます。各プロパティーの同期について、同期タイプを選択します。[Salesforceを優先](既定)、[常にSalesforceを使用]、[双方向]のいずれかです。Salesforceフィールドマッピングの同期タイプをご覧ください。
      • [次へ]をクリックします。
  • 最後に、選択したデータ同期設定を確認します。データ同期タイプの設定を変更するには、[変更]をクリックします。完了したら、[セットアップを終了して同期を開始する]をクリックします。

  • Salesforce連携設定ページにリダイレクトされ、HubSpotとSalesforceの間のデータの同期が開始されます。

Salesforce統合をインストールして設定すると、HubSpotにSalesforceレコードをインポートすることができます。

HubSpotアカウントとのデータを同期にすでにPieSyncを使用している場合は、PieSyncを使用してHubSpotにSalesforceアカウントを接続する方法をご覧ください。