メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Inbox

ボットアクションの選択

更新日時 2022年 7月 13日

対象製品

すべての製品とプラン

ボットコミュニケーションの構築に使用できる各アクションについて学びます。条件付きロジックを使用して各ボットアクションをカスタマイズし、ウェブサイト訪問者により対話的な環境を提供することもできます。

ボットに新しいアクションを追加するには、次の手順に従います。
  • HubSpotアカウントにログインした状態で[コミュニケーション]>[チャットフロー]を選択します。
  • 変更するボットにカーソルを置いて[編集]をクリックするか、[チャットフローを作成]をクリックして新しいボットを作成します
  • プラスアイコン(+)をクリックして新しいアクションをボットに追加します。
add-a-bot-action

シンプルなメッセージを送信

ボットコミュニケーション中にシンプルなメッセージを送信するには、このアクションを使用します。訪問者に回答が不要なメッセージを伝えるには、このアクションを使用します。

  • アクション名(内部専用):このボットメッセージの名前を入力します。
  • メッセージボットメッセージの内容を入力します。パーソナライズを使用して既知の訪問者のコンタクトレコードから詳細を取得できます。メッセージボックス下部のアイコンをクリックしてリンク、画像、ファイル、または動画を挿入することもできます。
  • +メッセージの吹き出しを追加:このボットメッセージの一部として複数のメッセージの吹き出しをポップアップ表示する場合は、ここで吹き出しを追加できます。

send-a-simple-message

質問する

ボットコミュニケーション中に質問をして特定のコンタクトプロパティーに入力するデータを収集するには、このアクションを使用します。よくある質問を選択することも、カスタム質問を作成することもできます。

  • アクション名(内部専用):このボットメッセージの名前を入力します。
  • メッセージボットメッセージの内容を入力します。パーソナライズを使用して既知の訪問者のコンタクトレコードから詳細を取得できます。メッセージボックス下部のアイコンをクリックしてリンク、画像、ファイル、または動画を挿入することもできます。
  • +メッセージの吹き出しを追加:このボットメッセージの一部として複数のメッセージの吹き出しをポップアップ表示する場合は、ここで吹き出しを追加できます。
  • 簡単な返信:訪問者がメッセージプロンプトに対する応答として選択できる回答を追加します。簡単な返信を追加するには、コピーの入力を開始して、Enterを押してそれぞれを保存します。
  • フリーテキスト入力を無効化:[簡単な質問]の事前設定済みのオプションの中から選択するように訪問者に制限する場合に使用します。
  • HubSpotのプロパティーに保存:ドロップダウンメニューをクリックしてコンタクトプロパティーを選択します。訪問者の回答はコンタクトレコードのプロパティー値として追加されます。

ご注意:特定のHubSpotのプロパティーを使用して訪問者の回答を保存する際に、回答が適切な形式でない場合、ボットでは回答を受け入れず、次のアクションに進みません。このフィールド検証は日付プロパティーのほか、Eメールアドレス電話番号携帯電話番号ウェブサイトURLプロパティーに適用されます。

  • プロパティーがすでに存在する場合はこのアクションをスキップ:訪問者のコンタクトレコードですでにこのプロパティーが入力済みである場合には、このチェックボックスをオンラインにするとアクションをスキップできます。
  • エラーメッセージ:ボットが訪問者の回答を理解できない場合に表示されるエラーメッセージを入力します。

chatflow-ask-a-question

Eメールサブスクリプションをオファー

コミュニケーションへの訪問者の同意を取得するには、このアクションを使用します。訪問者がすでにサブスクリプションタイプにオプトインしている場合、ボットはこのステップをスキップします。

  • アクション名(内部専用):このリクエストのニックネームを入力します。
  • メッセージ:ボットメッセージの内容を入力します。パーソナライズを使用して既知の訪問者のコンタクトレコードから情報を取得できます。メッセージボックス下部のアイコンをクリックしてリンク、画像、ファイル、または動画を挿入することもできます。
  • +メッセージの吹き出しを追加:このボットアクションの一部として複数のメッセージの吹き出しをポップアップ表示する場合は、ここで吹き出しを追加できます。
  • 正当な利害関係プライバシーテキストを表示:訪問者がオプトインしているコミュニケーションのタイプと、今後の訪問者とのコミュニケーションに使用する方法を訪問者に知らせる場合はこのチェックボックスをオンにします。このオプションをオンにした場合は、アカウント設定で設定された既定の言語が表示されます。
  • サブスクリプション:ドロップダウンメニューをクリックして、これらのコンタクトがオプトインするサブスクリプションのタイプを選択します。
  • 「ユーザーがサブスク登録する場合に表示する」メッセージ:訪問者がサブスク登録する場合に表示されるテキストを入力します。
  • 「ユーザーがサブスク登録しない場合に表示する」メッセージ:訪問者がサブスク登録しない場合に表示されるテキストを入力します。

コンタクトのプロパティーの値を設定

ウェブサイト訪問者の返信に基づいてコンタクトプロパティーを特定の値に設定するには、このアクションを使用します。訪問者が既知のコンタクトである場合、または訪問者がEメールアドレスを送信した場合、訪問者の回答がコンタクトレコードのプロパティー値として追加されます。

  • アクション名(内部専用):このコンタクトのプロパティー値アクションのニックネームを入力します。
  • コンタクトのプロパティー:ドロップダウンメニューから任意のコンタクトのプロパティーを選択します。
  • 新規プロパティー値:コンタクトレコードに入力する値を入力します。この入力は[If/then分岐]タブで設定された条件に基づいてカスタマイズできます。

set-contact-property-value

会社のプロパティーの値を設定

ウェブサイト訪問者の返信に基づいてコンタクトプロパティーを特定の値に設定するには、このアクションを使用します。

  • アクション名(内部専用):このコンタクトのプロパティー値アクションの名前を入力します。
  • 会社のプロパティー:ドロップダウンメニューから任意の会社のプロパティーを選択します。
  • 新規プロパティー値:コンタクトの関連付けられた会社レコードに入力する値を入力します。この入力は[If/then分岐]タブで設定された条件に基づいてカスタマイズできます。

静的リストに追加(Marketing Hub StarterLegacy Basic、Professional、またはEnterpriseのみ)

ボットがチャットしている相手のコンタクトを静的リストに追加するには、このアクションを使用します。訪問者のコンタクトレコードが存在しない場合、このアクションはスキップされます。

  • アクション名(内部専用):このリストアクションの名前を入力します。
  • 静的リスト:ドロップダウンメニューから既存の静的リストを選択します。

チケットを送信

このコンタクトに新しいチケットを作成するには、このアクションを使用します。ウェブサイト訪問者の関連付けられたコンタクトレコードが存在しない場合、このアクションはスキップされます。

  • アクション名(内部専用):このチケットの作成アクションの名前を入力します。
  • チケット名:チケットの名前を入力します。
  • チケットパイプライン:ドロップダウンメニューを使用してチケットを特定のパイプラインに関連付けます。
  • チケットステータス:ドロップダウンメニューを使用してステータスをチケットに割り当てます。
  • チケットの説明:ドロップダウンメニューを使用して、このチケットに独自の説明を設定するかどうかを示します。[訪問者にチケットの説明を入力するように求める]をオンにして、訪問者にチケットの説明として問題の概要を入力するよう促すことができます。
  • チケットの優先度:チケットの優先度を[高]または[低]に設定します。

ナレッジベース検索Service Hub ProfessionalおよびEnterpriseのみ)

特定のナレッジベース記事を訪問者に紹介するか、ナレッジベースで必要な記事を検索するように訪問者に促すには、このアクションを使用します。検索機能では、記事タイトル、サブタイトル、本文、カテゴリー、サブカテゴリー、タグに一致するキーワードで記事を検索します。訪問者がHubSpotコンテンツにアクセスするためにログインしている場合、または訪問者識別APIを介してコンテンツが識別されている場合、制限付きナレッジベースコンテンツが表示されます。  

  • アクション名(内部専用):このナレッジベース検索アクションの名前を入力します。
  • 検索タイプ:訪問者がナレッジベースにどのように反応するかに基づいて、次のオプションがあります。
    • 特定の記事を表示:コミュニケーションのこの時点で訪問者に特定の記事を紹介する場合はこのオプションを選択します。
      • 表示する記事:ドロップダウンメニューを使用してナレッジベースで公開した特定の記事を選択します。
    • ナレッジベースを検索:ウェブサイト訪問者にナレッジベースを検索するよう促す場合はこのオプションを選択します。
      • クエリー プロンプト メッセージ:ウェブサイト訪問者にナレッジベースを検索するよう促すボットメッセージを入力します。パーソナライズを使用して既知の訪問者のコンタクトレコードから詳細を取得できます。
      • 「結果がありません」メッセージ:ナレッジベースで検索クエリーの結果がない場合に訪問者に返すボットメッセージを入力します。パーソナライズを使用して既知の訪問者のコンタクトレコードから詳細を取得できます。
      add-a-bot-action

チームメンバーに送信

チャットへの対応可能状況に基づいてコミュニケーションを特定のユーザーまたはチームに引き継ぎます。このアクションはアカウントアクセス権限を持つユーザーのみが使用できます。

  • アクション名(内部専用):このルーティングアクションの名前を入力します。
  • 自動的に次に割り当て:ドロップダウンメニューをクリックして受信したコミュニケーションをルーティングする相手を選択します。
    • なし:メッセージはチームメンバーが選別できるように受信トレイの[未割り当て]ビューに送信されます。
    • 特定のユーザーおよびチーム:コミュニケーションを選択したユーザーまたはチームにルーティングします。[特定のユーザーとチーム]ドロップダウンメニューからユーザーまたはチーム名を選択します。 

注:ドロップダウンメニューから選択 できるのは、有料のSales HubまたはService Hubシートに割り当てられているユーザーのみです。     会話を自動的にルーティングするための追加要件 について詳しくは、こちらをご覧ください。 

    • コンタクト担当者:コミュニケーションをコンタクトの担当者にルーティングします。コンタクトはレコードに担当者が割り当てられていて、Cookieを使用してトラッキングする必要があります。担当者がオフラインの場合、メッセージは訪問者の担当者にEメール送信されます。担当者のいないコンタクトからのメッセージを既定のユーザーにルーティングするには、[担当者がいない場合、次のメンバーに割り当てる]ドロップダウンメニューをクリックしてユーザーを選択します。選択するユーザーにはSales Hubまたは Service Hub有料シートが割り当てられている必要があります
  • チームメンバーが空いている場合、表示する:ユーザーまたはチームが空いている場合に表示する特定のメッセージを入力します。
  • チームメンバーが離席中の場合、表示する:チャットに対応できるメンバーがいない場合に表示する特定のメッセージを入力します。
  • 未割り当ての場合、表示する:メッセージを受信したがまだ特定のユーザーに割り当てられていない場合に表示する特定のメッセージを入力します。

注意: b会話が始まる前に、ボットは[チームメンバーに送信]アクションで選択されたユーザーのいずれかが利用可能かどうかを確認します。指定したユーザーが選択されていて、対応が不可能である場合、代わりに離席中メッセージが表示されます。

bot-action-send-to-team-member

ワークフローに登録(ProfessionalまたはEnterpriseのみ)

ご注意:このアクションはワークフローへのアクセス権を持つProfessionalまたはEnterpriseアカウントのユーザーに適用されます。

チャットの相手のコンタクトを特定のワークフローに登録するには、このアクションを使用します。チャットの相手の訪問者のコンタクトレコードが存在しない場合、このアクションはスキップされます。

  • アクション名(内部専用):このワークフローアクションの名前を入力します。
  • ワークフロー:ドロップダウンメニューを使用してコンタクトを登録するアクティブなワークフローを選択します。

Webhookをトリガー(Operations Hub ProfessionalまたはEnterpriseのみ)

Webhookリクエストをトリガーするには、このアクションを使用します。ボットを使用したWebhookのトリガーについてもっと詳しく。
  • アクション名(内部専用):このアクションの名前を入力します。
  • Webhook URL:WebhookのエンドポイントURLを入力します。
  • Webhookのフィードバックを待機:次のアクションに進む前にWebhookが情報を返すのを待機する場合はこのチェックボックスをオンにします。
  • エラーメッセージ:エラーメッセージのテキストを入力します。

コードスニペットを実行(Operations Hub ProfessionalまたはEnterpriseのみ)

ボット コミュニケーション フローのステップでコードスニペットを実行するには、このアクションを使用します。

  • アクション名(内部専用):このアクションの名前を入力します。
  • スニペットの説明:コードスニペットの説明を入力します。
  • ランタイム:Node.js 10.xの既定のテンプレートがコード スニペット エディターに含まれます。別のウィンドウで編集するには[完全なページエディター画面で開く]をクリックします。ボットでのコードスニペットの実行についてもっと詳しく。run-code-snippet-bot-action

ミーティングを予約

ボットメッセージを介してミーティングリンクを共有するには、このアクションを使用します。

  • アクション名(内部専用):このアクションの名前を入力します。
  • ミーティングリンクドロップダウンメニューを使用して既存のミーティングリンクを選択するか、新しいリンクを作成します。
  • 予約成功メッセージ:訪問者が正常にチームとのミーティングを予約した場合に表示するメッセージを入力します。
      • 簡単な返信:次の条件を満たす場合に限り、簡単な返信がボットコミュニケーション中に自動的に表示されます。
        • ボットアクションで使用されるミーティングリンクに名、姓、Eメールアドレス以外のカスタムフィールドが含まれていない。

    ご注意:カスタム フォーム フィールドを使用している場合、ボットはコミュニケーション中にカスタム質問に対する回答を収集できず、代わりに訪問者をミーティング予約ページにリダイレクトします。訪問者がチャットウィンドウから移動せずにミーティングを予約できるようにするには、次のHubSpotコミュニティーの投稿で詳細をご確認ください:「Use the 'Book a meeting' bot action with custom fields(「カスタムフィールドでの「ミーティングを予約」ボットアクションの使用)」

        • ボットフローでミーティングアクションがリーチする前に、名、姓、Eメールアドレスが収集された。
        • ミーティングリンクに近い将来対応可能な時間がある。
        • ミーティングリンクの予約フォームでCAPTCHAが有効になっていない。 
        • ミーティングリンクの[プライバシーと同意(GDPR)]スイッチオフになっている。
          bot-book-meeting-quick-replies
  • ボットアクションの選択が完了したら、[保存]をクリックします。

if/then分岐

ご注意:無料ユーザーおよびStarterユーザーはボットにカスタム条件を追加できません。

if/then分岐を使用して、ボットのコミュニケーションの流れをカスタマイズします。訪問者の回答、コンタクトプロパティー値、またはエージェントの空き状況に基づいて、特定のアクションまでスキップするようボットに指示する条件を追加できます。ボットでのif/then分岐の使用についてもっと詳しく。

ボットを含むチャットフローの作成についてもっと詳しく。

ご注意:if/then分岐を使用しているアクションは削除できません。if/then分岐を最初に削除してからアクションを削除する必要があります。

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.