メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

レコードを関連付ける

更新日時 2022年 8月 22日

対象製品

すべての製品とプラン

HubSpotには、連絡先、会社取引チケットという標準的なCRMオブジェクトがあります。アカウントにEnterpriseサブスクリプションがある場合は、カスタムオブジェクトを作成することもできます。これらのオブジェクト間の関係を追跡するために、それらのレコードをまとめて関連付けることができます。関連付けは常に双方向であり(すなわち、レコードAがレコードBに関連付けられている場合、レコードBもレコードAに関連付けられている)、右サイドバーの各レコードで見ることができます。

レコードを関連付ける場合の例:

  • 商品を売り込むときに、同じ会社の3人の個人にEメール経由で連絡を取ります。HubSpotで、取引を3つのコンタクトレコードとそれらの会社レコードに関連付けます。
  • 顧客の苦情を処理するときに、2人の個人にEメール経由で連絡を取ります。これらの個人は、あなたの会社と取引中でもあります。HubSpotで、チケットレコードを2つのコンタクトレコードと取引レコードに関連付けることができます。
  • 取引先責任者とは、ある会社のアドバイザーであり、別の会社の従業員です。HubSpotでは、連絡先を両社に関連付けることができます。雇用主を主たる会社に設定することができます。プロフェッショナルまたはエンタープライズアカウントにいる場合は、他の会社のアドバイザーとしてラベル付けすることができます。

アクティビティーをレコードのタイムラインに関連付けて別のレコードに表示することもできます。レコードがすでに相互に関連付けられている場合は、一部のアクティビティーが関連付けられたレコードに自動的に関連付けられます

注意:レコードごとの関連付けの数は、オブジェクトとHubSpotサブスクリプションによって異なります。


個々のレコードへの関連付けの追加、編集、削除

デスクトップでレコードの関連付けを管理するには、次の手順に従います。

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [企業]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト: HubSpotアカウント で、[取引先責任者] > [カスタムオブジェクト]に移動します。アカウントに複数のカスタムオブジェクトがある場合は、カスタムオブジェクトの上にカーソルを置き、表示するカスタムオブジェクトを選択します。
  • 関連付けを編集するレコードの名前をクリックします。
  • 新しい関連付けを追加するには、右側のパネルで、該当するオブジェクトセクションを見つけて[追加]をクリックします。たとえば、表示しているレコードに取引を関連付ける場合は、[取引]セクションを探して、[追加]をクリックします。レコードに関連付ける新しいレコードを作成することも、既存のレコードをレコードに関連付けることもできます。

    • 関連付ける新しいレコードを作成するには、[新しい関連付け]タブで、フィールドに情報を入力し、[作成]をクリックします。[作成して別のレコードを追加]をクリックして、このレコードを作成して関連付け、別のレコードの作成と関連付けを開始できます。

      associate-record-redesigned
    • 既存のレコードを関連付けるには、[既存のレコードを関連付ける]タブをクリックし、関連付けるレコードを検索し、検索結果のレコードの横にあるチェックボックスをオンにします。名前、Eメールアドレス、会社のドメインなど、共通の関連性やプロパティーに基づいた推奨事項もあります。
associate-existing-records-redesigned

set - primary - company

    • このアソシエーションにラベルを付ける場合(プロフェッショナルエンタープライズのみ)、[アソシエーションラベルを追加]をクリックします。ドロップダウンメニューで、適切なラベルを選択します。既存のラベルがレコードと会社の関係を正確に説明していない場合は、[関連ラベルの管理]をクリックして新しいラベルを作成します。
    • [保存]をクリックします。

注意: b yデフォルトでは、最初にレコードに関連付けた会社が主な会社です。プライマリー会社には次のシナリオが適用されます。

既定の「プライマリー」ラベルは、「[オブジェクト]」>「会社」の関係でのみ使用できます。例えば、コンタクトレコードにプライマリー会社を設定することはできますが、会社レコードにプライマリーコンタクトを設定することはできません。「Professional」または「Enterprise」アカウントを使用している場合は、他のオブジェクトの関係に対してカスタム プライマリー ラベルを作成できます。


  • 関連付けを更新するには、関連付けカードの上にカーソルを置き、[その他]をクリックします。
    • プライマリーとして設定(会社のみ):関連する会社に対して、会社の関連付けをプライマリーにする場合に選択します。ダイアログボックスで、チェックボックスを選択して[更新]をクリックします。このプライマリー関連付けは、関連する会社としてレコードのインデックスページに表示され、リスト、ワークフロー、クロスオブジェクトレポート、パーソナライズトークンによって参照されます。
    • プライマリーとして削除(会社のみ):関連する会社に対して、この会社の関連付けをプライマリーとして削除する場合に選択します。ダイアログボックスで、ドロップダウンメニューを使用して新しいプライマリー会社を選択し、[更新]をクリックします。会社は引き続きレコードに関連付けられますが、プライマリとしてラベル付けされることはなくなります。
    • アソシエーションの編集プロフェッショナルエンタープライズのみ) :アソシエーションラベルを更新する場合に選択します。ダイアログボックスで、ドロップダウンメニューをクリックして新しいラベルを選択するか、[x]をクリックしてラベルを削除します。[更新]をクリックします。インポートで一括で関連付けラベルを設定することもできます。
    • 関連付けを削除:選択して関連付けを削除します。ダイアログボックスで、[関連付けの削除]をクリックします。削除するアソシエーションがプライマリ企業である場合は、ドロップダウンメニューを使用して新しいプライマリ企業を選択します。

manage-associations

また、HubSpotモバイルアプリでレコードの関連付けを更新することもできます。

レコードを一括で関連付ける

レコードを一括で関連付けるには、複数の方法があります。

インデックスページでのレコード関連付けの表示

関連付けられたレコードは、関連付けられた[オブジェクト]列の各オブジェクトのインデックスページで一括して表示できます。レコードに複数の関連会社がある場合、すべての会社がレコードインデックスページの[関連会社]列に表示されます。連絡先インデックスページには、プライマリ企業もプライマリ企業として表示されます。

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [企業]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
    • カスタムオブジェクト: HubSpotアカウント で、[取引先責任者] > [カスタムオブジェクト]に移動します。アカウントに複数のカスタムオブジェクトがある場合は、カスタムオブジェクトの上にカーソルを置き、表示するカスタムオブジェクトを選択します。
  • レコードに関連付けられた特定のオブジェクトのすべてのレコードを表示するには、関連付けられた[オブジェクト]列に移動します。連絡先の主な会社関連付けを表示するには、連絡先インデックスページで[主な会社]列に移動します。これらの列が表示されない場合:
    • 表の上で[表のアクション]をクリックし、[列の編集]を選択します。 
    • 左側のダイアログボックスで、関連付けられた[オブジェクト]の横にあるチェックボックスを選択します。連絡先インデックスページにいる場合は、プライマリ会社の横にあるチェックボックスを選択することもできます。
    • [適用]をクリックします。テーブルのカスタマイズの詳細については、こちらをご覧ください。
  • では、次のようになります。
    • 関連付けられた[オブジェクト]: [x]レコードリンクをクリックして、そのオブジェクトのすべてのレコードの関連付けを表示します。ポップアップボックスで、名前をクリックしてレコードを表示します。
    • プライマリ会社:連絡先インデックスページで、プライマリ会社の名前をクリックして会社レコードを表示します。

プライマリおよび関連会社列

レコードの関連付け履歴の表示

関連するすべてのレコードとエンゲージメントを含む、取引先責任者、会社、チケット、取引レコードの関連付けの履歴を表示できます。また、レコードが最初に関連付けられた時期や、関連付けのソースも確認できます。

  • レコードに移動します。
    • コンタクト:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [コンタクト]の順に進みます。
    • 会社:HubSpotアカウントにて、[コンタクト] > [企業]の順に進みます。
    • 取引:HubSpotアカウントにて、 [セールス] > [取引]の順に進みます。
    • チケット:HubSpotアカウントにて、[サービス] > [チケット]の順に進みます。
  • レコードの名前をクリックします。
  • 左側のパネルで[アクション]をクリックし、[関連付け履歴を表示]を選択します。

view-association-history

  • [オブジェクトを選択]ドロップダウンメニューで、オブジェクトまたはエンゲージメントを選択すると、そのタイプのどのレコードまたはアクティビティーがそのレコードに関連付けられているかが表示されます。
  • このテーブルでは、関連する各レコードまたはアクティビティーの名前、その「オブジェクトID」、どのように更新されたか(「作成」と「削除」のいずれか)、および更新日時を確認できます。また、更新のソースを表示することもでき、以下のいずれかになります。 
    • ユーザー:ユーザーが関連付けを手動で更新しました。ソースにはユーザーの名前、名前が不明な場合はユーザーIDが含まれます。
    • オブジェクトの削除:レコードやアクティビティーが削除されたため、関連付けが更新されました。
    • オブジェクトのマージ:レコードがマージされた結果、関連付けが更新されました。
    • オブジェクトの復元:レコードが復元された結果、関連付けが更新されました。
    • インポート:インポートによって関連付けが更新されました。
    • ドメインによる自動関連付け:コンタクトと会社について、会社のドメインに基づいてHubSpotが関連付けを自動的に更新しました。 
    • API:APIを介して関連付けが更新されました。
    • ジョブ:社内の自動化により関連付けが更新されました。
    • 移行:データの移行により関連付けが更新されました。
    • 不明:関連付けのソースが特定できませんでした。

association-history-details

  • テーブル内のレコードやエンゲージメントへのリンクをコピーするには、関連付けの上にカーソルを置き、duplicateコピーアイコンをクリックします。
  • 特定の関連付けの履歴をすべて表示するには、そのレコードまたはエンゲージメントの上にカーソルを置き、[履歴を表示]をクリックします。右側のパネルで、自分のレコードとの関連付けに対するそれぞれの更新の詳細が、最新のものから古いものへと順番に表示されます。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.