メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

HubSpotモバイルアプリでのレコードの表示と編集

更新日時 2024年 2月 13日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

すべての製品とプラン
モバイルデバイスをお使いの場合、HubSpotモバイルアプリでコンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクトレコードを操作することができます。以下に示すナビゲーションを使ってレコードに移動するか、携帯電話の他のアプリからレコードへの直接リンクをクリックすることで移動できます。パソコンでHubSpotをお使いの方は、デスクトップアプリで 、レコードを操作する方法をご覧ください。

モバイルアプリでレコードの作成、編集、削除が可能

モバイルアプリで新しいレコードを作成したり、既存のレコードを編集・削除したりすることができます。インターネットまたはデータ接続がない場合、モバイルアプリでレコードの作成、編集、表示はできません。

  • モバイル端末でHubSpotアプリを起動します。

  • レコードに移動します。

    • コンタクト:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「コンタクト」をタップします。
    • 会社:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「会社」をタップします。
    • 取引情報:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「取引情報」をタップします。
    • チケット:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「チケット」をタップします。
    • カスタムオブジェクト : Androidアプリでカスタムオブジェクトを表示または編集するには、メニューをタップし、カスタムオブジェクトをタップし、カスタムオブジェクトのタブをタップします。Android アプリでカスタムオブジェクトレコードを作成したり、iOS アプリでカスタムオブジェクトレコードを表示するには、関連付けレコードに移動します。
  • をタップしてください。search検索アイコンをタップすると、レコードを検索できます。
  • 既存のビュー保存済みフィルターを絞り込むには、タブをタップして、そのビューに移動します。ビューをタブとして追加するには、「ビューの追加」をクリックし、表示させたいビューを選択します。保存したビューは最大5つまで表示できます。
  • 特定のプロパティーに基づいてレコードを整理するには、「「表示順」 」ドロップダウンメニューをタップし、ソートするプロパティーを選択します。表示順を昇順から降順に変更するには、プロパティーをもう一度タップするか、表示順を他のプロパティーで選択するには、全てのプロパティー をタップします。
  • Androidモバイルアプリで、コンタクト、会社、取引、チケットのレコードを特定のプロパティー値に基づいて絞り込むことができます。
    • プロパティーのドロップダウンメニューをタップすると、そのプロパティーの値(例:取引担当者、作成日、最終アクティビティー日、取引終了日)に基づきレコードを絞り込みできます。条件を選択し、「適用」をタップします。
    • 特定のフィルターを削除するには、プロパティーのドロップダウンメニューをタップし、「クリア」をタップします。すべてのフィルターを解除するには、「リセット」をタップします。
  • 取引レコードとチケットレコードの場合、別のパイプラインを表示するには、「パイプライン」をタップし、表示するパイプラインを選択します。
  • デフォルトでは、取引はボードビューで、チケットはリストビューで表示されます。取引とチケットのボードビューとリストビューを切り替えるには:
    • ボードビューでは、スワイプで各ステージ/ステータスのレコードを表示することができます。右上のリストアイコンをタップして、リストビューにアクセスします。
    • リストビューでは、パイプライン内の全レコードの一覧を表示することができます。右上のグリッドアイコンをタップして、ボードビューに移動します。
  • 個々のレコードを表示または編集するには、そのレコードの名前をタップします。
  • 取引ステージやチケットのステータスを編集するには、レコード名の下にある[ステージ/ステータス]をタップし、レコードを移動させたい[ステージ/ステータス]をタップしてください。
  • レコードのプロパティーを表示・編集するには、「バージョン情報」タブをタップします:

注:レコードにカスタムセクションを作成した場合、それらはiOSモバイルアプリには表示されませんが、 Androidモバイルアプリには表示されます。

    • Android端末では、プロパティーをタップすると、その値を編集することができます。タイプして値を入力するか、選択タイプのプロパティーでは、オプションを選択します。
    • その他のプロパティーを編集するには、「この[レコード]について」の横にある「編集」をタップします。

アバウトタブモバイルアプリiOSアプリのスクリーンショット

      • 上部の検索バーを使って特定のプロパティーを検索したり、プロパティーグループをタップしてそのグループのプロパティーをすべて表示することができます。
      • プロパティーの値を編集するには、プロパティーをタップし、タイプして値を入力するか、オプションを選択します。
      • 既存のプロパティー値をクリアするには、プロパティーをクリックし、右側の「 X」をクリックします。
      • 完了したら、右上の「保存」をタップします。
  • レコードを削除するには、「About」タブをタップし、「About this [record]」の横にある「Edit 」をタップしてください。下部で、「削除」をタップします。ポップアップボックスで、「OK」をタップして確認します。

モバイルアプリで記録を関連付ける

モバイルアプリケーションでは、レコードの既存の関連付けを表示・編集したり、新しいレコードを関連付けたりすることができます。

注:モバイルアプリでは、レコードに最大99関連付けを表示できます。レコードに99以上の関連付けがある場合、追加の関連レコードは表示されず、検索結果にも表示されません。

レコードを関連付けたり、既存の関連付けを削除することができます。

  • レコードに移動します。

    • コンタクト:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「コンタクト」をタップします。
    • 会社:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「会社」をタップします。
    • 取引情報:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「取引情報」をタップします。
    • チケット:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「チケット」をタップします。
    • カスタムオブジェクト : Androidアプリで、メニューをタップし、カスタムオブジェクトをタップし、カスタムオブジェクトのタブをタップします。iOSアプリでは、カスタムオブジェクトレコードは関連付けレコードからアクセスできます。
  • 関連付けを追加または編集したいレコードの名前をタップします。
  • [関連付け]タブをタップします。
  • 関連付けされたレコードの名前をタップすると、そのレコードが表示されます。

レコード関連付け、モバイルアプリ

iOSアプリのスクリーンショット

  • 新しいレコードを関連付けるには、[オブジェクト]を追加するをタップします。
    • 上部で、「新規作成[レコード] 」をタップして、関連付けするレコードを新規作成します。
    • 検索またはスクロールして、レコードを関連付けたい既存のレコードの横にあるチェックボックスをタップします。完了したら、右上の「Done」をタップします。 
  • 既存の関連付けを編集するには、メニューアイコンをタップします。verticalMenuメニューアイコンをタップします。
    • 関連付けの削除:レコードから関連付けを削除する場合に選択します。もう一度削除をタップして確認します。削除する関連付けが一次会社の場合、新しい一次会社を選択します。

ios-associations

iOSアプリからのGIF

モバイルアプリでのレコードに対するアクティビティー

また、各レコードのアクティビティータイムライン内で、アクティビティーの追加、表示、編集、削除が可能です。

  • レコードに移動します。

    • コンタクト:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「コンタクト」をタップします。
    • 会社:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「会社」をタップします。
    • 取引情報:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「取引情報」をタップします。
    • チケット:「メニュー」をタップし、左サイドバーの「チケット」をタップします。
    • カスタムオブジェクト : Androidアプリで、メニューをタップし、カスタムオブジェクトをタップし、カスタムオブジェクトのタブをタップします。iOSアプリでは、カスタムオブジェクトレコードは関連付けレコードからアクセスできます。
  • レコードの名前をタップします。
  • コンタクト、会社、取引レコードの上部で、通話、テキスト、Eメールを開始します:
    • コンタクトや会社のレコードで、 をタップします。callingコンタクトや会社に電話をかけるには、「電話」をタップします。
    • コンタクトレコードで、 をタップします。email E メールまたはbubbleをタップして、Eメールまたはテキストメッセージを送信します。
    • Androidアプリの取引レコードやチケットレコードで、次の項目をタップします。calling 通話をタップして、取引やチケットに関連付けされたコンタクトに電話をかけます。

Androidコンタクトレコード

Androidアプリの画面

  • タイムラインに表示するアクティビティーを絞り込むには、「アクティビティーを絞り込む」ドロップダウンメニューをタップし、特定のアクティビティータイプをタップして選択またはクリアします。特定のアクティビティーは、右側にチェックマークがある場合、タイムラインに含まれます。success のチェックマークがある場合、タイムラインに含まれます。終了したら、右上の「完了」をタップしてください。レコードタイムラインに表示するアクティビティーを選択するとそのオブジェクトのすべてのレコードに適用されます。
  • アクティビティータイムラインの上部で、アイコンをタップして、メモ、タスク、その他のアクティビティーをレコードに追加します。デバイスで写真を撮って添付ファイルを追加することも、アクティビティー結果を設定してタイプすることもできる。Androidでモバイルアプリを使用している場合、スニペットを使用して、再利用可能なテキストブロックをアクティビティー詳細に素早く入力することができます。
  • アクティビティーをタップすると、アクティビティーを編集したり、その詳細、関連付け、コメントを見ることができます。
    • アクティビティーを編集するには、右上の「編集」をタップします。変更し、[保存]をタップします。
    • メモ、通話、Eメール、ミーティングにコメントするには、画面下部のコメントを追加をタップします。コメントの中で、以下のように入力すると、ユーザーについて言及することもできます。@を入力し、名前を検索してください。iOSでは、既存のコメントを編集・削除することはできません

メモを編集:モバイルアプリでアクティビティー添付ファイルを編集することはできません。

android-logged-meeting-cropped

Androidアプリの画面

  • アクティビティーを削除または共有するには、アクティビティーのタイムラインで、アクティビティーの右上のメニューアイコンをタップします。verticalMenuアクティビティー右上のメニューアイコンをタップします。削除するには、「削除」をタップし、ダイアログボックスで「削除」をタップします。
削除アクティビティーモバイル

iOSアプリからのGIF

  • 取引で見積もりを表示、共有、削除するには、見積もりタブをタップします。見積もりをタップして詳細を表示するか、verticalMenuメニューアイコンをタップして、共有可能なリンクをコピー、ダウンロード、呼び出し、または見積もりを削除します。
  • 商品項目取引で表示するには、商品項目タブをタップします。
    • 新規商品項目を追加するには、+商品項目を追加をタップします。製品を選択し、次へをクリックします。数量を入力し、保存をタップします。
    • 既存の商品項目の詳細を表示するには、商品項目をタップします。
    • 商品項目の数量を変更するには、verticalMenuメニューアイコンをタップし、数量編集をタップします。数量 を編集し、 保存をタップします。
    • 商品項目を削除するには、verticalMenuメニューアイコンをタップし、削除をタップします。ダイアログボックスで、「削除」をタップして確定します。
  • 添付ファイルを表示するにはレコードアクティビティーに含まれる。
    • Androidアプリで、「添付ファイル」タブをタップします。
    • iOSアプリで、アクティビティーのattachをタップすると、アクティビティーに添付されたファイルが表示されます。
  • また、特定のプロパティーをタップしてアクティビティーを開始することができます。レコードの「バージョン情報」タブをタップし、次のプロパティーを 1つ選択して操作を完了します:
    • 携帯電話番号または電話番号のプロパティーをタップすると、その番号への通話が開始されます。インターネットやデータ接続がなくても、これらのプロパティーを経由してコンタクトや会社への発信通話を開始することができます。
    • メール」プロパティーをタップすると、新しい追跡メールを送信できます。
    • [ウェブサイトURL]プロパティーをタップすると、そのウェブページが開きます。
    • [番地]プロパティーをタップすると、その住所をAppleマップまたはGoogleマップで検索できます。
この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。