お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

GoToWebinar と HubSpot の統合を使用

更新日時 2月 19, 2019

GoToWebinar 統合は、高品質のウェビナーを作成、宣伝、配信するためにかかる時間を短縮できるように設計されています。

 

GoToWebinar 統合を接続する

  • HubSpotアカウントにて、右上に表示される[アカウント名]をクリックし、[統合]をクリックします。
  • 右上の [参照して接続] をクリックします。 
  • 検索バーを使用して GoToWebinar 統合を見つけます。 
  • 統合の上にカーソルを置いて [統合を表示] をクリックします。integrations-browse-and-connect-gotowebinar

 

  • ダイアログボックスで [GoToWebinar に接続] をクリックします。
  • GoToWebinar の資格情報を入力して、[サインイン] をクリックします。 

GoToWebinar にログインすると、アカウントが自動的に接続されます。HubSpot アカウントと GoToWebinar アカウントの接続は、GoToWebinar 設定画面から [接続解除] ボタンをクリック (アカウント名をクリックし、[統合] を選択して、GoToWebinar の右にある [接続解除] をクリック) するといつでも解除できます 。

注: 現時点では、統合は 1 つの GoToWebinar アカウントにのみ接続できます。2 番目の GoToWebinar アカウントとの簡単な統合をセットアップするには、Zapier 統合を使用できます。

 

ウェビナーを有効にする

統合を接続したら、GoToWebinar アカウントの今後のウェビナーと過去のウェビナーがすべて表示されます。既定ではウェビナーはオフになっています。つまり、HubSpot と GoToWebinar はまだデータを交換していません。 

ウェビナーをオンにすると、HubSpot と GoToWebinar 間でそのウェビナーのデータ同期が開始されます。今後のウェビナーの同期をオンにすると、HubSpot は既存のすべてのデータをインポートし、 GoToWebinar との同期を平均で 15 分おきに継続して実行します。また、過去に配信したウェビナーの同期をオンにして、データを HubSpot にインポートし、コンタクトのエンゲージメントをより完全に把握することもできます。

ウェビナーをオンにするには、ウェビナーの [同期] 列内のスイッチをクリックして切り替えます。 

gtw-turn-on

注: 統合を接続したユーザーが GotoWebinar で作成したウェビナーのみが HubSpot に表示されます。

 

ウェビナーのフォームをセットアップする

今後のウェビナーへの登録の収集を開始する準備ができたら、HubSpot でフォームツールを使用して収集を開始できます。GoToWebinar と HubSpot の統合で、GoToWebinar アカウント内でコンタクトをウェブセミナーに正常に登録できるようにするには、ユーザーが HubSpot フォームを送信する際に、ユーザーから次の情報を収集する必要があります。

  • Eメール

HubSpot と GoToWebinar 間で情報を受け渡すために使用できるフォームフィールドを確認してください。

HubSpot ランディングページでフォームを使用する

送信時に、GoToWebinar で作成したウェビナーにコンタクトを自動的に登録するフォームを HubSpot で作成できます。登録フォームでは、ユーザー情報が HubSpot のリードとして保存されます。コンタクトを登録するには、まずランディングページを作成し、フォームをウェビナーに関連付ける必要がありますこれには、次の手順を実行します。

  • ランディングページエディターでフォームモジュールをクリックします。 
  • フォームオプションで、[GoToWebinar 登録] セクションまでスクロールダウンし、ドロップダウンメニューを使用して、このフォームでどのウェビナーの登録者を収集するかを選択します。

: 今後のウェビナーのみがドロップダウンメニューのオプションとして表示されます。すでに実施されたウェビナーは含まれません。 

  • [保存してモジュールリストに移動] をクリックします。

ランディングページを公開する準備ができたら、[公開] をクリックします。このページでコンタクトがフォームを送信すると、そのコンタクトは GoToWebinar に送信され、登録者リストに登録者として表示されます。登録者データはリアルタイムで HubSpot にで追加され、出席者データがウェビナーの終了から 15 分後に HubSpot に追加されます。

外部ページに HubSpot フォームを埋め込む

フォームツールから生成された埋め込みコードを使用している場合、コンタクトをウェビナーに登録できます。そのためには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [フォーム]の順に進みます。
  • 既存のフォームの名前をクリックするか、新しいフォームを作成します。
  • 右上の [アクション] ドロップダウンメニューをクリックして、[フォームをシェア] を選択します。
  • [コピー] をクリックして、フォームから埋め込みコードをコピーします。
  • 外部サイトにコードを埋め込む場合、goToWebinarWebinarKey ID をコードのフォーム ID の下に手動で追加します。ウェビナーのウェビナーキーを含めます。これは、GoToWebinar アカウントで選択したウェビナーの URL に表示されます。

gtw-v2-form-script

gtw-key-from-url

注:

  • HubSpot ランディングページまたはフォームを使用しない場合、GoToWebinar にログインして、ウェビナーの管理設定[Share Your Webinar (ウェビナーを共有)] オプションを使用し、登録 URL を使用して参加者を招待します。
  • GoToWebinar 登録ページと HubSpot ランディングページに関係はありません。HubSpot ランディングページを使用する場合、GoToWebinar 登録ページを使用する必要はありません。
  • 統合では、GoToWebinar 登録ページからフィールドは自動的に取り込まれません。したがって、GoToWebinar 登録ページで通常尋ねる質問を、ランディングページ上であらためて作成する必要があります。
 

登録者と参加者をセグメント化してフォローアップする

コンタクトがウェビナーへの登録を開始すると、GoToWebinar ウェビナーステータス基準を使用して、リストツールでウェビナー関連のアクティビティに基づいてコンタクトをセグメント化できます。 

注: 上記のセグメント化オプションは、Marketing Hub Starter アカウントでは使用できません。

ウェビナーデータをリードスコア基準に組み込むことで、リードスコアを正確かつ最新の状態に保つこともできます。HubSpot アカウントで、メインナビゲーションバーの 設定アイコン 設定 をクリックします。左のサイドバーメニューで、[マーケティング] > [リードスコアリング] の順に移動します。ウェビナーにリードが登録または参加したかどうかに基づいてリードのスコアを設定できます。

コンタクトをセグメント化したら、ウェビナーとのコンタクトのエンゲージメントに基づいてコンタクトに Eメールを送信します。登録を促すために作成するプロモーション用 Eメールに加えて、次のような提案を使用できます。

  • リマインダー Eメール: ウェビナーに先立って送信します
  • サンキュー Eメール: 出席した人に送信します
  • 欠席者宛てEメール: 欠席した登録者に送信します
  • デモ予約リクエスト Eメール: ウェビナーに出席し、リードスコアの高かった人に送信します

統合には、GoToWebinar でパーソナライズしたリンクを HubSpot Eメール内に自動挿入するメカニズムは備わっていません。

 

ウェビナーデータを Salesforce と同期する (Salesforce 統合のみ)

注: Salesforce 統合をご利用いただけるのは、Marketing Hub Professional  EnterpriseSales Hub Professional と Enterprise、および Service Hub Professional と Enterprise アカウントのみです。 

HubSpotアカウントが Salesforce に統合されている場合、HubSpot Visualforce モジュールでウェビナー関連のアクティビティが SalesForce に自動的に渡されます。

より専門的なメッセージを営業担当者に送信するには、データをワークフローのタスクの形式で Salesforce に渡すことができます。たとえば、担当しているリードのいずれかがウェビナーに参加するたびに営業担当者にアラートする場合、タスクを Salesforce に送信するワークフローを作成できます。このタスクは、Salesforce リード/取引先責任者レコードの [活動履歴] セクションに表示されます。

Salesforce 統合を使用している場合は、HubSpot と Salesforce の Eメールフィールド間でフィールドマッピングを変更して最新の値を使用することが重要です。この作業が必要となる理由は、Eメールアドレスに基づいて GoToWebinar から HubSpot にデータが取り込まれるため、コンタクトが登録してからウェビナーに参加するまでの間に HubSpot の Eメールアドレスが変更されている場合、HubSpot は参加者のデータを新しい Eメールアドレスと一致させることができなくなるためです。