お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Contacts

プロパティーを管理する

更新日時 2020年 4月 30日

プロパティーは、コンタクト、会社、取引、チケット、製品など、HubSpot内の特定のオブジェクトにデータを保存するために使用されます。次のことができます。

カスタムプロパティーを作成する

ビジネスプロセスの情報を収集するための追加のプロパティーが必要な場合は、新しいカスタムプロパティーを作成することができます。

注意:カスタムプロパティーを作成するには、プロパティー設定を編集する権限が必要です。また、HubSpot サブスクリプションに応じて、作成できるカスタムプロパティーの数に制限があります。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [プロパティー] に移動します。
  • 右上の [作成] をクリックします。
  • 右側のペインで、プロパティーを設定します。
    • オブジェクトタイプ:プロパティーのオブジェクトタイプを選択します。
    • グループ:プロパティーが属するプロパティーグループを選択します。
    • ラベル:プロパティー名を入力します。
    • 説明:プロパティーの説明を入力します。

  • [次へ] をクリックします。

注意:作成しているプロパティーが既存のプロパティーに類似している場合、既存のプロパティーが見つかったことを示すメッセージが表示されます。既存のプロパティーをクリックして、類似する既存のプロパティーを表示します。

  • [フィールドタイプ] ドロップダウンメニューをクリックし、このプロパティーのフィールドタイプを選択します。
    • Enterprise サブスクリプションをお持ちの場合は、テキスト入力フィールドタイプと数値フィールドタイプの [ユーザーがこのフィールドに入力された情報を検索することを許可します] チェックボックスをオンにすると、プロパティーのテキスト値または数値を、グローバル検索バーでさまざまなオブジェクトから検索することが可能になります。構成するフィールドタイプによる検索をユーザーが実行するには、そのユーザーにアカウントアクセス権が必要です。
      注意:HubSpot アカウントの 1 つのオブジェクトタイプについて作成できる検索可能プロパティーは最大 3 件までです。
    • オプション(例:「複数のチェックボックス」「ドロップダウン選択」「ラジオボタン」フィールドタイプ)のあるフィールドタイプには、プロパティーの別のオプションを入力します。
      • ラベル:オプション名を入力します。
      • フォーム内:スイッチをクリックして、フォームのオプションを有効にします。
      • オプションを追加:クリックして新しいオプションを追加します。
      • 読み込みオプション...:クリックして複数のオプションを一度に読み込みます。「国」「タイムゾーン」などのオプションの既定のセットを選択することもできます。オプションを一括で作成するか、既存のプロパティーからオプションをコピーすることもできます。
      • すべてクリア:クリックして既存のオプションをすべて削除します。

  • 既定では、HubSpot フォーム、ポップアップフォーム、ボットのフィールドのオプションとしてプロパティーが含まれます。プロパティーをオプションにしない場合は、[フォームで表示] チェックボックスをオフにします。

注意:製品のプロパティーをフォーム、ポップアップフォーム、ボットに含めることはできません。

  • [作成] をクリックします。

プロパティーを編集する

既存のプロパティーは、既存のオブジェクトにそのプロパティーの値がなく、かつ、そのプロパティーがリストやワークフローなど、HubSpot の別のツールでアクティブに使用されていない場合、編集することができます。

既存のページを編集するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [プロパティー] に移動します。
  • 編集するプロパティを見つけます。
    • 左上のフィルターをクリックします。
      • [オブジェクト] プロパティー:クリックしてオブジェクトタイプを選択して、そのオブジェクトタイプのプロパティーのみを絞り込みます。
      • すべてのグループ:クリックして選択し、特定のグループのプロパティーのみを絞り込みます。
      • すべてのフィールドタイプ:クリックして選択し、特定のフィールドタイプにプロパティーを絞り込みます。
      • すべてのユーザー:クリックして選択し、特定のユーザーによって作成されたプロパティーを絞り込みます。
    • 右上にある検索ボックスから名前でプロパティーを検索します。
    • プロパティーを並べ替えるには、列ヘッダーをクリックします。

  • プロパティーの名前をクリックします。
  • 右側のパネルで、プロパティーを編集します。
    • プロパティーの名前を更新します。
    • [基本情報] タブをクリックして、プロパティーに関する基本情報を更新します。
      • プロパティーの値があるコンタクト数を表示します。
      • プロパティの [内部説明] を編集します。
      • プロパティーが含まれる [グループ] を更新します。
    • [フィールドタイプ] タブをクリックして、プロパティーのフィールドタイプに関連する設定を更新します。
      注意:
      • 既存のプロパティを別のフィールドタイプに変更すると、現在プロパティーに保存されている値が無効となる可能性があります。プロパティを編集する前に、すべての情報をエクスポートすることを推奨します。
      • プロパティのフィールドタイプを編集してスコア計算済み、または日付にすることはできません。スコア計算済み、 または日付のプロパティーを編集して別のフィールドタイプにすることはできません。
      • すべてのフィールドタイプで、[フォームとボットで使用] チェックボックスをオンにして、プロパティを HubSpot フォーム、ポップアップフォーム、ボットで使用できるようにします。
      • Enterprise サブスクリプションをお持ちの場合は、テキスト入力フィールドタイプと数値フィールドタイプの [ユーザーがこのフィールドに入力された情報を検索することを許可します] チェックボックスをオンにすると、プロパティーのテキスト値または数値を、グローバル検索バーでさまざまなオブジェクトから検索することが可能になります。構成するフィールドタイプによる検索をユーザーが実行するには、そのユーザーに管理者アクセス権が必要です。
        注意:HubSpot アカウントの 1 つのオブジェクトタイプについて作成できる検索可能プロパティーは最大 3 件までです。
      • オプション(例:「複数のチェックボックス」「ドロップダウン選択」「ラジオボタン」フィールドタイプ)のあるフィールドタイプには、プロパティーの別のオプションを入力します。
        • ラベル:オプション名を入力します。
        • 内部値:統合と同期するために使用される値が表示されます。これは編集できません。
        • 値あり:この特定の値であるオブジェクトの数が表示されます。
        • フォーム内:スイッチをクリックして、フォームのオプションを有効にします。
        • オプションを追加:クリックして新しいオプションを追加します。
        • 読み込みオプション...:クリックして複数のオプションを一度に読み込みます。「国」「タイムゾーン」などのオプションの既定のセットを選択することもできます。オプションを一括で作成するか、既存のプロパティーからオプションをコピーすることもできます。
        • すべてクリア:クリックして既存のオプションをすべて削除します。
      • オプション(「複数のチェックボックス」「ドロップダウン選択」「ラジオボタン」フィールドタイプ)のあるフィールドタイプでは、複数オプションの横にあるチェックボックスを選択し、以下のオプションをクリックすることにより、プロパティー値に対して一括アクションを実行します。
        • フォームで非表示:選択したプロパティー値が、HubSpot フォームの表示でオプションとして表示されないようにする場合にクリックします。
        • マージ:選択したプロパティー値をマージする場合にクリックします。これにより、マージ前の値がプロパティーから削除され、1 つの値が残ります。そのようにした場合、リストワークフローのフィルターなど、特定のプロパティー値に依存する統合とツールが破損する可能性があります。
        • 削除:選択したプロパティー値を削除する場合にクリックします。

    • [使用済み] タブをクリックして、プロパティーが現在使用されている場所を表示します。
  • 完了したら、[保存] をクリックします。

複数のプロパティーを複製、移動、または削除する

類似したプロパティーが複数個ある場合、既存のプロパティーを複製することにより、処理を簡略化することができます。また、プロパティーを別のプロパティーグループに移動したり、プロパティーを削除したりすることもできます。これらのアクションを実行するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [プロパティー] に移動します。
  • 編集するプロパティを見つけます。
    • 左上のフィルターをクリックします。
      • [オブジェクト] プロパティー:クリックしてオブジェクトタイプを選択して、そのオブジェクトタイプのプロパティーのみを絞り込みます。
      • すべてのグループ:クリックして選択し、特定のグループのプロパティーのみを絞り込みます。
      • すべてのフィールドタイプ:クリックして選択し、特定のフィールドタイプにプロパティーを絞り込みます。
      • すべてのユーザー:クリックして選択し、特定のユーザーによって作成されたプロパティーを絞り込みます。
    • 右上にある検索ボックスから名前でプロパティーを検索します。
    • プロパティーを並べ替えるには、列ヘッダーをクリックします。

削除されたプロパティーを復元する

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [プロパティー] に移動します。
  • 復元するプロパティを見つけます。
    • 左上の [絞り込み条件] ドロップダウンメニューをクリックし、プロパティーのタイプを選択します。
    • 右上の日付フィールドを使用して、削除されたタイミングに基づいてプロパティーを絞り込みます。
  • 復元するプロパティーの横にあるチェックボックスをオンにします。
  • 右上の [復元] をクリックします。

注意:削除後の経過日数が90 日を超えるプロパティーは復元できません

プロパティーグループを作成して編集する

カスタムプロパティーグループを作成、編集し、オブジェクトタイプ内のプロパティーを簡単に識別します。

新しいプロパティーグループを作成するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [プロパティー] に移動します。
  • [グループ] タブをクリックします。
  • 左上の [オブジェクト] プロパティーフィルターをクリックし、新しいプロパティーグループに関連するオブジェクトタイプを選択します。
  • 新規のグループを作成するには、右上の [グループを作成] をクリックします。
  • ダイアログボックスで、グループの [名前] を入力し、[保存] をクリックします。

既存のプロパティーグループの名前を編集するには、次の手順を実行します。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで [プロパティー] に移動します。
  • [グループ] タブをクリックします。
  • 編集するグループを見つけます。左上の [オブジェクト] プロパティーフィルターをクリックし、グループに関連するオブジェクトタイプを選択します。
  • 編集するグループにマウスポインターを置き、[編集] をクリックします。
  • ダイアログボックスで、グループの新しい [名前] を入力し、[保存] をクリックします。

/jp/crm-setup/manage-your-properties