メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Connected Email

HubSpot SalesのChrome拡張機能の設定をカスタマイズする

更新日時 2022年 3月 8日

HubSpot SalesのChrome拡張機能の設定では、この拡張機能に既定で起用するオプションを構成できます。別のHubSpotアカウントへのアドインの接続、既定のログおよびトラッキング設定の指定、Eメール連携設定へのアクセスを行うことができます。

拡張機能にアクセスするには、Gmailの受信トレイの右上にあるスプロケットアイコンsprocket aをクリックします。カスタマイズ可能な設定のリストが表示されます。

hubspot-gmail-extension-settings

ログとトラックの設定

ログトラッキングの既定の設定をカスタマイズして、GmailからEメールを送信するたびに設定が適用されるようにできます。Eメールアドレスとドメインを[ログに記録しない]リストに追加して、これらのアドレスとドメインに送信されるEメールをHubSpotでログに記録しないようにすることもできます。

ログとトラックの設定をカスタマイズする

Eメールを送信するたびにログとトラックのチェックボックスをオンにする必要がないように、設定を構成できます。

  • Gmailで拡張機能の使用中に送信するすべてのEメールをHubSpotに記録するには、[Eメールのログを記録]スイッチをクリックしてオンに切り換えます。
  • 送信するすべてのEメールをトラッキングするには、[Eメールをトラッキング]スイッチをクリックしてオンに切り替えます。

Eメールのログを関連レコードタイプに自動的に記録する

また、Eメールのログがどの関連レコードに自動的に記録されるかをカスタマイズすることもできます。たとえば、レコードの関連取引レコードにのみ、またはCRM内の既存のコンタクトにのみEメールのログを記録するように選択できます。 

  • [既定の関連付け]ドロップダウンメニューをクリックし、ログの記録先となる関連レコードを選択します。
    • 新しい連絡先:デフォルトでは、CRMの既存の連絡先に関連付けられていないメールアドレスにメールが送信され、[ログ]チェックボックスが選択されている場合、新しい連絡先レコードが作成され、そのレコードにメールが記録されます。既存の連絡先レコードにのみ自動的にメールを記録する場合は、「新しい連絡先」のチェックボックスをオフにします。
    • [会社]:関連付けられている会社レコードにEメールのログを自動的に記録します。 
    • [取引]:関連付けられている取引レコードにEメールのログを自動的に記録します。 
    • [チケット]:関連付けられているチケットレコードにEメールのログを自動的に記録します。

customize-default-logging-associations-gmail

Eメールを送信する前にEメール関連付けを編集する方法をご確認ください。

[ログに記録しない]設定

[ログに記録しない]リストに含まれているEメールアドレスまたはドメインに送信されたEメールは、CRMに保存されません。Eメールトラッキングアクティビティーは、コンタクトのタイムライン上に表示されません。

  • [ログに記録しない]フィールドに、Eメールの記録対象外とするEメールアドレスまたはドメインを入力し、[追加]をクリックします。
  • アカウントアクセス権限を付与されているユーザーは、アカウントのすべてのユーザーに対してブロックするEメールアドレスとドメインを追加できます。Eメールアドレスまたは ドメインを入力してから[追加]ドロップダウンメニューをクリックし、[すべてのユーザーについてブロック]を選択します。
  • このリストからEメールアドレスまたはドメインを削除するには、Eメールアドレスまたはドメインの横にある[管理]をクリックし、次に[削除] をクリックします。

log-and-track-settings

HubSpotアカウントの設定でログに記録しないEメールとドメインを指定することも、HubSpotのEメールトラッキングから特定のIPアドレスをブロックすることもできます。

Eメール連携設定

連携した受信トレイの設定を管理します。HubSpotアカウントのEメール連携設定に移動します。ここでは、受信ボックスを連携または連携解除し、以下の追加拡張機能設定を構成することができます。

拡張機能を無効にする

Eメール受信トレイの拡張機能を無効にすると、その受信トレイでは拡張機能が完全に無効になります。これにより、シーケンス、テンプレート、ドキュメント、トラックログ記録オプションといったHubSpot Salesの機能は受信トレイで使用できなくなります。

受信トレイのトラッキングを無効にするには、[このGmail受信トレイの拡張機能を無効にする]をクリックします。turn-off-extension-and-remove-from-inbox

注意 HubSpotは、拡張機能を無効にする前に送信された追跡済みメールに対する通知を引き続き送信します。

HubSpotアカウント

ここにアカウント情報が表示されます。複数のHubSpotアカウントを使用している場合は、拡張機能のリンク先アカウントを切り替えることができます。

  • [HubSpotアカウントを切り替え]をクリックします。
  • 現在接続しているHubSpotアカウントが[使用中]とマークされます。他のHubSpotアカウントのリストも表示されます。別のHubSpotアカウントを選択して、トラッキング対象のログに記録されたEメールと同期させるには、そのアカウントの横にある[選択]をクリックします。switch-connected-hubspot-account
  • ダイアログボックスで[アカウントを切り替え]をクリックし、[閉じて受信トレイを更新]をクリックします。
Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.