メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Integrations

HubSpotとGoToWebinarの連携機能を使用する

更新日時 2021年 7月 15日

対象製品

すべての製品とプラン

GoToWebinar統合は、高品質のウェビナーを作成、宣伝、配信するためにかかる時間を短縮できるように設計されています。

GoToWebinar統合をインストールする

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • 右上にある[アプリマーケットプレイスにアクセス]をクリックします。
  • GoToWebinar統合を検索して、結果内でGoToWebinarを選択します。右上にある[アプリを接続]をクリックします。
  • GoToWebinarの資格情報を入力して、[サインイン]をクリックします。 

GoToWebinarにログインすると、アカウントが自動的に接続されます。

HubSpotとGoToWebinarの接続を解除するには、次のようにします。

  • HubSpotアカウントにて、メインのナビゲーションバーに表示される[マーケットプレイスアイコン marketplace ]をクリックします。[管理]の下に表示される[接続されたアプリ]を選択します。
  • GoToWebinarの右にある[続き]をクリックし、[アンインストール]を選択します。

注:現時点では、統合を接続できるGoToWebinarアカウントは1つのみです。2番目のGoToWebinarアカウントとの簡単な統合をセットアップするには、Zapier統合を使用できます。 

ウェビナーを有効にする

GoToWebinarを接続すると、[接続済みアプリ]ページにリダイレクトされます。[GoToWebinar]アプリをクリックしてダッシュボードを表示します。

ダッシュボードに、接続されているアカウントから将来のウェビナーと過去のウェビナーのすべてが表示されます。既定では、統合をセットアップする前に作成されたすべてのウェビナーについて同期が無効になります。

ダッシュボードから、過去のウェビナーを手動で同期し、新しいウェビナーすべての自動同期を有効にすることができます。

  • ウェビナーを手動で同期するには、[同期]列のチェックボックスをオンにします。HubSpotにより、GoToWebinarからのデータのインポートが開始されます。
  • 新しいウェビナーの自動同期を有効にするには、[将来のウェビナーからデータを自動同期]チェックボックスをオンにします。これにより、新しく作成されたウェビナーがあれば、コンタクトがHubSpotアカウントに対して自動的に同期されるようになります。 
同期に使用する情報の量に応じて、同期は1分から2時間以上かかる場合があります。[同期ステータス]列には、各ウェビナーの同期の現在のステータスが表示されます。

gotowebinar-sync

 

ウェビナーのフォームをセットアップする

以降のウェビナーへの登録の収集を開始する準備ができたら、HubSpotでフォームツールを使用して収集を開始できます。

GoToWebinarとHubSpotの統合で、GoToWebinarアカウント内でコンタクトをウェビナーに正常に登録できるようにするためには、以下の必須フィールドに値を入力する必要があります。

  • Eメール

注:フォームに必須となるのは上記のフィールド([名]、[姓]、[Eメール])のみです。

注: 

HubSpotとGoToWebinar間で情報を受け渡すために使用できるフォームフィールドをご確認ください。

HubSpotランディングページでフォームを使用する

送信時に、GoToWebinarで作成したウェビナーにコンタクトを自動的に登録するフォームをHubSpotで作成できます。登録フォームでは、ユーザー情報がHubSpotのリードとして保存されます。コンタクトを登録するには、まずランディングページを作成し、フォームをウェビナーに関連付ける必要があります。そのための手順は次のとおりです。

  • ランディング ページ エディターでフォームモジュールをクリックします。 
  • フォームオプションで、[GoToWebinar登録]セクションまでスクロールダウンし、ドロップダウンメニューを使用して、このフォームでどのウェビナーの登録者を収集するかを選択します。

注:今後のウェビナーのみがドロップダウンメニューのオプションとして表示されます。すでに実施されたウェビナーは含まれません。 

  • [保存してモジュールリストに移動]をクリックします。

ランディングページを公開する準備ができたら、[公開]をクリックします。このページでコンタクトがフォームを送信すると、そのコンタクトはGoToWebinarに送信され、登録者リストに登録者として表示されます。登録者データはリアルタイムでHubSpotに追加されます。出席者データはウェビナーが終了してから15分後にHubSpotに追加されます。

外部ページにHubSpotフォームを埋め込む

フォームツールから生成された埋め込みコードを使用している場合、コンタクトをウェビナーに登録できます。そのための手順は次のとおりです。

  • HubSpotアカウントにて、[マーケティング] > [リードの獲得] > [フォーム]の順に進みます。
  • 既存のフォームの名前をクリックするか、新しいフォームを作成します。
  • 右上の[アクション] ドロップダウンメニューをクリックし、[フォームを共有]を選択します。
  • [コピー]をクリックして、フォームからエンベッドコードをコピーします。
  • 外部サイトにコードを埋め込む場合、下のformIDと[goToWebinarWebinarKey]IDの後にコンマを手動で追加します。ウェビナーのウェビナーキーを含めます。これは、GoToWebinarアカウントで選択したウェビナーのURLに含められます。

gtw-v2-form-script

GTW-key

注:

  • HubSpotランディイングページでHubSpotフォームを使用しない場合は、 GoToWebinarにログインし、[ウェビナーの管理設定][Share Your Webinar(ウェビナーを共有)]オプションを使用して、登録URLで参加者を招待するようにします。
  • GoToWebinar登録ページとHubSpotランディングページの間に関係はありません。HubSpotランディングページでHubSpotフォームを使用すると、GoToWebinar登録ページを使用する必要がなくなります。
  • 統合では、GoToWebinar登録ページからフィールドは自動的に取り込まれません。したがって、GoToWebinar登録ページで通常尋ねる質問を、ランディングページ上であらためて作成する必要があります。

カスタムモジュールでフォームモジュールを作成する

GoToWebinar統合で使用するカスタムモジュールを作成することができます。カスタム フォーム モジュールでGoToWebinar統合を使用するには、gotowebinar_webinar_key='をカスタムモジュールに追加する必要があります。
カスタムモジュールでフォームモジュールを作成する方法について詳細をご確認ください。
 

登録者と参加者をセグメント化してフォローアップする

コンタクトがウェビナーへの登録を開始すると、GoToWebinarウェビナーステータス基準を使用して、リストツールでウェビナー関連のアクティビティーに基づいてコンタクトをセグメント化できます。 

注:上記のセグメント化オプションは、Marketing Hub Starterアカウントでは使用できません。

ウェビナーデータをHubSpotスコア基準に組み込むことで、リードスコアを正確かつ最新の状態に保つこともできます。


コンタクトをセグメント化したら、ウェビナーとのコンタクトのエンゲージメントに基づいてコンタクトにEメールを送信します。登録を促すために作成するプロモーション用Eメールに加えて、次のような提案を使用できます。

  • リマインダーEメール:ウェビナーに先立って送信
  • サンキューEメール:出席した人に送信
  • 欠席者宛てEメール:欠席した登録者に送信
  • デモ予約リクエストEメール:ウェビナーに出席し、リードスコアの高かった人に送信

統合には、GoToWebinarでパーソナライズしたリンクをHubSpot Eメール内に自動挿入するメカニズムは備わっていません。

ウェビナーデータをSalesforceに同期する

HubSpot-Salesforce統合をインストール済みの場合、HubSpot Visualforceウィンドウでウェブナー関連のアクティビティーがSalesforceに自動的に渡されます。

より専門的なメッセージを営業担当者に送信するには、データをワークフローのタスクの形式でSalesforceに渡すことができます。例えば、担当しているリードのいずれかがウェビナーに参加するたびに営業担当者にアラートする場合、タスクをSalesforceに送信するワークフローを作成できます。このタスクは、Salesforceリード/取引先責任者レコードの[活動履歴]セクションに表示されます。

Salesforce統合を使用している場合は、HubSpotとSalesforceのEメールフィールド間でフィールドマッピングを変更して最新の値を使用することが重要です。この作業が必要となる理由は、Eメールアドレスに基づいてGoToWebinarからHubSpotにデータが取り込まれるため、コンタクトが登録してからウェビナーに参加するまでの間にHubSpotのEメールアドレスが変更されている場合、HubSpotは参加者のデータを新しいEメールアドレスと一致させることができなくなるためです。

ワークフローを使用してコンタクトをGoToWebinarに追加する(ProfessionalおよびEnterpriseのみ)

ワークフローを使用して、GoToWebinarのためにコンタクトを自動的に登録することができます。

注:GoToWebinarイベントにコンタクトを登録するには、統合設定で同期が有効になっている必要があります([統合]>[接続済みアプリ]>[GoToWebinar])。

  • HubSpotアカウントにて、[自動化] > [ワークフロー]の順に進みます。
  • 既存の「コンタクトベース」のワークフローを選択するか、新しいコンタクトベースのワークフローを作成します。
  • 登録トリガーを編集します。
  • プラスアイコン(+)をクリックしてワークフローアクションを追加します。
  • 右側のパネルで、[Add contact to webinar(コンタクトをウェビナーに追加)]アクションを選択します。 
  •  ウェビナーのドロップダウンメニューをクリックして、GoToWebinarイベントを選択します。
  • [保存]をクリックします。
  • ワークフローを有効にします

GoToWebinar(ベータ版)でマーケティングイベントを使用する

HubSpotでは、GoToWebinar連携からマーケティングイベントを集約することにより、一貫性のある方法でマーケティングイベントの概要を把握できます。