メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Meetings

ミーティングツールの設定を管理する

更新日時 2021年 8月 30日

対象製品

すべての製品とプラン

カレンダー設定で、GoogleまたはOffice 365のカレンダーをミーティングツールに接続することができます。これにより、接続されたカレンダーにイベントがあると、予約ページによってイベント期間中に予定ありと表示されます。また設定から、既定のミーティングリンクの編集、他のカレンダーの追加、接続されたドメインのリンクのホストが可能です。

接続されたカレンダーのミーティングリンクの作成、表示、編集をミーティングツールで行う必要はありませんが、ミーティングの予約は行う必要があります。カレンダーが接続されていない場合、予約ページはオフラインモードになります。このため、ミーティングをリクエストすることはできますが、それがカレンダーに自動的に追加されることはありません。

GmailまたはOffice 365カレンダーを接続する

ミーティングツールには、Google Apps(G Suite)、Gmail(Google Free)、Office 365でホスティングされているカレンダーを接続できます。カレンダーを接続する前に、次の点に注意してください。

カレンダーを接続するには、次の手順に従います。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。
  • [カレンダー]タブをクリックします。
  • [カレンダーを接続]をクリックします。
  • ダイアログボックスで、[Google/Gmail]または[Office 365]をクリックしてから、[カレンダーを接続]をクリックします。

connect-calendar-dialog-box

  • ダイアログボックスの情報を確認してから、[承諾して[Google/Office 365]に接続]をクリックして、ミーティングツールがカレンダーにアクセスできるようにします。

ミーティングダッシュボードにリダイレクトされ、そこで個々のミーティングリンクをセットアップできます。

GoogleカレンダーまたはOffice 365カレンダーと HubSpotを有効にしている場合、 GoogleカレンダーあるいはOffice 365カレンダーで直接コンタクトとのカレンダーイベントを作成すると、そのイベントはミーティングエンゲージメントとしてCRMに同期されます。


このカレンダー同期により、CRMのコンタクトレコードに直接作成されたミーティングにより、実際のカレンダーイベントの招待がコンタクトに送信されます。カレンダーが接続されていない場合は、カレンダーイベントの招待が送信されていないレコードに対してミーティングエンゲージメントが作成されます。

必要な情報開示:Hubspotは、ミーティングツールの機能を提供するために、Googleカレンダーおよびそれ以外にGoogle経由でアクセスするカレンダーの両方にアクセスすると共に、CRMに登録されているコンタクトにイベントを関連付けることを可能にします。Hubspotは、カレンダーの作成または変更、およびカレンダー上の個々のイベントの更新を実行できるものとします。

接続されたカレンダーの設定をカスタマイズする

カレンダーを接続したら、Sales HubまたはService Hubの有料シートを割り当てられているユーザーが、既定のミーティングリンクURLをカスタマイズできるようになります。Marketing Hub ProfessionalまたはEnterpriseのユーザーは、HubSpotに接続されているカスタムドメインでミーティングリンクをホスティングすることもできます。すべてのユーザーは、各自の設定に追加のカレンダーを接続できます。

ミーティングURLと既定のミーティングリンクを編集する(Sales HubService Hub Starter、Professional、またはEnterpriseのみ)

ミーティングURLを変更したり、新しい既定のミーティングリンクを選択したりできます。このURLが、作成する各ミーティングリンクに使用されます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。
  • [カレンダー]タブをクリックします。
  • [ミーティングURL]フィールドで、URLを編集します。ミーティングURLへの変更はそれ以降のすべての新しいリンクには適用されますが、既存のミーティングリンクは変更しません。

editing-meeting-url-calendar-tab

  • 別の既定のミーティングリンクを選択するには、[既定のミーティングリンク]ドロップダウンメニューをクリックします。

追加のカレンダーを接続する

追加のカレンダーを統合カレンダーに接続することができます。コンタクトがミーティングを予約すると、HubSpotは各カレンダーで空き状況を確認し、予定が入っている時間をブロックします。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。
  • [カレンダー]タブをクリックします。
  • [選択済みカレンダー]ドロップダウンメニューをクリックし、追加のカレンダーを選択します。

    add-additional-calendars
  • 追加のカレンダーを削除するには、カレンダーの名前の横にある[X]をクリックします。
  • [保存]をクリックします。

追加できるカレンダーは、自分で所有しているものか、あるいは接続済みのGmailまたはOffice 365アカウントでEメールアドレスにアクセス権があるカレンダーのみです。新しいGoogleカレンダー新しいOffice 365カレンダーをセットアップする方法をご確認ください。プロスペクトがあなたとのミーティングを予約すると、ミーティングイベントは個人既定のカレンダーにのみ表示され、他の統合済みカレンダーには表示されません。

注:Marketing Hub StarterProfessionalまたはEnterpriseアカウント、あるいはCMS Hub ProfessionalまたはEnterpriseアカウントのユーザーは、カスタムドメインがドメインマネージャーで接続されている限り、そのカスタムドメインでミーティングリンクをホストできます。必要なサブスクリプションのいずれかがないユーザーがアカウントの中にある場合、ドロップダウンメニューから[app.hubspot.com]または[meetings.hubspot.com]のいずれかを選択することができます。


ミーティングリンクに独自のカスタムドメインを使用すると、ブランドを反映させたり、過去のフォーム送信からの情報を取り込むフォームフィールドを有効にしたりできます。

  • HubSpotアカウントにて、ナビゲーションバーに表示される[設定アイコン settings]をクリックします。
  • 左のサイドバーメニューで、[全般]に移動します。
  • [カレンダー]タブをクリックします。
  • [ミーティングドメイン]ドロップダウンメニューをクリックし、HubSpotアドレスの代わりにミーティングリンクをホストするカスタムドメインを選択します。ドメインマネージャーに接続されているドメインのみがドロップダウンメニューに表示されて選択できます。

meeting-domain-dropdown-menu

カスタムドメインでのミーティングリンクが検索エンジンによってインデックス登録されないようにするには、robots.txtファイル内で「Disallow: /meetings*」を追加します。

注:カスタムドメインを使用する場合でも、URLには他のドメインの既存のミーティングリンクとは異なるスラッグが必要です。

例えば、「http://yourcustomname.com/meetings/example」と「http://app.hubspot.com/meetings/example」は同じものと見なされるため、「http://app.hubspot.com/meetings/example」がすでに存在する場合、「http://yourcustomname.com/meetings/example」は使用できなくなります。

ミーティングツールの変更が完了したら、ミーティングリンクを作成または編集してコンタクトと共有する方法をご確認ください。