メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフローの登録トリガーを設定する

更新日時 2022年 6月 28日

対象製品

Marketing Hub Professional, Enterprise
Sales Hub Professional, Enterprise
Service Hub Professional, Enterprise
Operations Hub Professional, Enterprise

ワークフロー登録トリガーを設定すると、特定の条件が満たされた時点でレコードが自動的にワークフローに登録されるようになります。ワークフローのタイプによっては、複数の登録トリガーを利用できます。

この手順の概要を確認するには、以下の動画をご覧ください。

HubSpotアカデミーのレッスン「ワークフローの詳細」の全文をご覧ください

始める前に

以下の点にご注意ください。

ワークフロー登録の例外について、次の点にもご注意ください。

  • 登録のトリガーとしてページビューとCTAを使用できるのは、マーケティングハブプロフェッショナルまたはエンタープライズアカウントのみです。
  • 見積もりベースの登録トリガーを使用できるのは、「Sales Hub Professional」または「Enterprise」アカウントのみです。

一般的なワークフロー登録トリガー

ワークフロー登録の一般的なトリガーについて、下の表に詳細を記載します。 

ワークフローのタイプ 登録トリガー 詳細 

すべてのワークフロータイプ

プロパティー値

プロパティ値または関連するレコードのプロパティ値に基づいてレコードを登録します。プロパティーの管理について詳細をご確認ください。

  • ワークフローオブジェクトに応じて、さまざまなオブジェクトプロパティーを登録トリガーとして使用できます。例えば、見積もりベースのワークフローでは、見積もりが取引とサブスクリプションに関連付けられているため、取引、見積もり、またはサブスクリプションのプロパティーを使用して見積もりを登録できます
  • 数値フィールドタイプでは値が空または0になる可能性があるため、トリガー基準によって特定のレコードが含まれたり、除外されたりすることがあります。レコードに以前は関連付けがあったものの、その後それが削除された場合、そのレコードの関連オブジェクトプロパティーの値は「0」になります。関連オブジェクトプロパティーにデータがないのは、関連付けがなされたことが一度もないレコードのみです。
  • 既定では、会社、取引、見積もり、チケット、サブスクリプション、およびカスタムオブジェクトベースのワークフローは、データのないレコードを除外します。これらのレコードを含めるには、[「プロパティー名」が空のレコードを含める]チェックボックスをオンにします。

コンタクト、会社、取引、チケット、カスタムオブジェクト

関連付けラベル

既にレコードに複数の会社を関連付けて、これらの関連付けにラベルを付けている場合は、関連付けラベルに基づいて登録をさらにフィルタリングできます。

例えば、「ライフサイクルステージ」が「オポチュニティー」であるコンタクトに関連するすべての会社を登録する代わりに、同じ条件を満たす特定の[関連付けラベル]を基準にしてコンタクトに関連付けられた会社をさらにフィルタリングできます。

関連付けラベルを登録トリガーや他のワークフローアクションで使用する方法について詳細をご確認ください。

取引先責任者、企業、取引、チケット、見積もり、カスタムオブジェクト アクティビティー

次のようなHubSpotのレコードにログされた関連するアクティビティとエンゲージメントに基づいて、ワークフローにレコードを登録します。

  • ミーティング
  • コミュニケーション
  • タスク
  • メモ(コメント)
  • 1対1のEメール
  • 電話
アクティビティは再登録トリガーとして使用できません。フィルターでアクティビティーのプロパティーを使用する方法について詳細をご確認ください。
連絡先、会社、取引、チケット、見積 トラッキング対象の語句

コールトランスクリプトで検出された特定のトラッキング用語に基づいて、ワークフローにレコードを登録します。

  • 取引先責任者ベースのワークフローでは、[アクティビティ]プロパティの下に[トラッキング条件]オプションがあります。
  • 会社、取引、チケット、見積もりベースのワークフローでは、「エンゲージメント」の下に「トラッキングされた条件」を見つけることができます。
連絡先、取引、サブスクリプション、支払い

商品項目

関連する商品項目に基づいてレコードを登録します。例えば、「割引率が10%より大きい」というフィルターに基づいて取引を登録するワークフローを設定できます。この場合、関連する商品項目の割引率が10%より大きいすべての取引がワークフローに登録されます。

商品項目を再登録トリガーとして使用することはできません。 
企業、取引、見積もり、サブスクリプション、支払い

サブスクリプション

関連するサブスクリプションに基づいてレコードを登録します。購入者が支払いリンクを使用して定期的な支払いを行うか、支払いツールを使用して見積もりを作成すると、サブスクリプションが作成されてレコードに関連付けられます。

例えば、「定期請求の頻度が次の値と等しい:月次」というフィルターに基づいて、レコードを登録するワークフローを設定できます。このワークフローを利用して、毎月商品を定期購入しているお客様に、次回のお支払いを知らせるEメールを送信することができます。

subscription-enrollment-trigger
企業、取引、見積もり、サブスクリプション、支払い

支払い

支払いが支払いリンクまたは支払いツールを使用して見積もりで行われた場合、支払い情報に基づいてレコードを登録します。

たとえば、支払ステータスが成功した場合のフィルターに基づいてレコードを登録するワークフローを設定できます。このワークフローを使用して、支払いが正常に行われた顧客に確認メールを送信できます。

フィードバック送信

フィードバック送信データ

[フィードバックセンチメント]、[アンケート名]などのフィードバック送信プロパティーに基づいてフィードバック送信を登録します。

また、関連するコンタクトやチケットの情報に基づいてフィードバック送信を登録することもできます。 

コミュニケーション

コミュニケーションデータ [エージェントの最初の対応時間]、[最後のメッセージ受信日]などのコミュニケーションプロパティーに基づいてコミュニケーションを登録します。

また、関連するコンタクトやチケットの情報に基づいてコミュニケーションを登録することもできます。 

コンタクトと会社

リストメンバーシップ レコードがアクティブまたは静的リストに参加したときに登録します。レコードがリストの条件を満たすと、リストのメンバーになり、ワークフローに登録します。

ワークフローでの登録は、そのワークフローと同じタイプのリストに基づいてのみ行うことができます。たとえば、コンタクトベースのワークフローはコンタクトリストからのみ登録できます。

コンタクト

プライバシーに関する同意 特定のCookie同意ステータスに基づいてコンタクトを登録します。コンタクトがウェブサイトを訪問し、CookieポリシーバナーでCookieによる追跡を同意、拒否、または取り消すと、この同意ステータスの値が取得されます。

コンタクト フォーム送信 HubSpotページで送信されるフォームに基づいて、コンタクトをワークフローで登録します。これは、連絡先がフォームを送信した日付または回数でさらに絞り込むことができます。

このトリガーは、ドキュメントを表示するためにEメールアドレスを入力したコンタクトにも適用されます。

コンタクト  マーケティングEメールアクティビティー メールのクリック、オープン、バウンス、購読解除などのマーケティングメールアクティビティに基づいて連絡先を登録します。

コンタクト  Eメール配信登録 Eメール配信登録ステータスに基づいてコンタクトを登録します。サブスクリプションの仕組みと連絡先のサブスクリプション を管理する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。


コンタクト  「インポート」 HubSpotに追加された時点で関係していたインポートに基づいてコンタクトを登録します。

コンタクト  ページビュー 特定のページにアクセスした連絡先を登録します。これは、連絡先がページにアクセスした日付または回数でさらに絞り込むことができます。ページビューをフィルターとして使用する方法について詳しくは、こちらをご覧ください。 

コンタクト  行動イベント

イベントを完了したか完了していない連絡先を登録します。

  • [取引先責任者が完了しました]オプションが選択されている場合、イベントが完了した日付または回数でフィルタを絞り込むことができます。
  • [取引先責任者が完了していない]オプションが選択されている場合、フィルタをさらに絞り込むことはできません。

この登録トリガーは、レガシー行動イベントが使用されているHubSpotアカウントでのみ使用できます。手動でトラッキングされる行動イベントなど、更新されたカスタム行動イベントツールで作成されたイベントは、このトリガーに表示されません。

コンタクト ワークフロー アクティブな、完了した、ワークフローの目標を達成したなどの連絡先を、このまたはアカウントの他のワークフローに登録します。 


コンタクト   CTA(Call-To-Action)  特定のコールトゥアクションが表示された、表示されなかった、クリックされた、またはクリックされなかった連絡先を登録します。これは、問い合わせがCTAとやり取りした日付または回数によってさらに絞り込むことができます。

コンタクト  Google広告、Facebook広告、LinkedIn広告のプロパティ Google、Facebook、LinkedInの広告アカウントをHubSpotに接続している場合は、対応する広告プロパティに基づいて連絡先を登録できます。

たとえば、Google Ads広告のクリックIDプロパティの値が既知の連絡先を登録できます。

 

Was this article helpful?
This form is used for documentation feedback only. Learn how to get help with HubSpot.