お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。
Workflows

ワークフロー登録トリガーを設定する

更新日時 2021年 3月 4日

対象製品

Marketing Hub  Professional, Enterprise
Sales Hub  Professional, Enterprise
Service Hub  Professional, Enterprise

ワークフロー登録トリガーを設定すると、特定のトリガー条件が満たされた時点でレコードが自動的にワークフローに登録されるようになります。ワークフローのタイプによっては、複数の登録トリガーを利用できます。 

既定では、レコードがワークフローに登録されるのは、ワークフロー登録トリガーの条件を初めて満たした時点、または手動で登録する場合のみです。レコードがワークフローに再登録されるように再登録トリガーを使用する方法をご確認ください。

手動でワークフローにレコードを登録する場合や、別のワークフローの[ 別のワークフローに登録]アクションでレコードを登録する場合は、登録トリガーを設定する必要はありません。

チャットフローからワークフローにコンタクトを登録することもできます。

ご注意ください。セールスハブそしてサービスハブプロフェッショナル或いは企業ユーザーは任意のトリガーを使用することができます除いてマーケティングメールの活動、ページビュー、イベント、コールトゥアクション

 

すべてのワークフロータイプ

すべてのワークフロータイプで、プロパティーとアクティビティーを登録の基準として使用できます。

プロパティー

レコードのプロパティー値、および関連するオブジェクトに基づいてコンタクトを登録します。ワークフローオブジェクトに応じて、さまざまなオブジェクトプロパティーを登録トリガーとして使用できます。たとえば、見積もりベースのワークフローでは、見積もりが取引に関連付けられているため、取引または見積もりのプロパティーを使用して見積もりを登録できます

レコードの登録基準とするプロパティーのタイプを決定した後、ドロップダウンメニューを使用して特定のプロパティーを選択します。プロパティーを選択すると、右上のパネルにそのプロパティーの定義が表示されます。カスタムプロパティーについて定義が表示されるのは、プロパティーの内部説明がある場合のみです。プロパティーの管理について詳細をご確認ください。

workflow-enroll-property-definition

プロパティーのフィールドタイプに応じて、異なるフィルタリングオプションが表示されます。たとえば、HubSpotライフサイクルステージのコンタクトプロパティーがラジオ選択フィールドタイプの場合、既存のオプション値または履歴オプション値を選択できます。取引の[金額]プロパティーは、数値フィールドタイプであるため、[次と一致する][次の値以下][次の値より大きい]などの算術演算子、または履歴の数値を選択することができます。

注:数値フィールドタイプでは値が空または0になる可能性があるため、トリガー基準によって特定のレコードが含まれたり、除外されたりすることがあります。数値フィールドタイプを条件として使用する方法について詳細をご確認ください。

アクティビティー

アクティビティーに基づいてレコードをワークフローに登録します。アクティビティーには、HubSpotの中でレコードに記録されたミーティング、コミュニケーション、タスク、コメント、1対1のEメール、および電話が含まれます。フィルターでアクティビティーのプロパティーを使用する方法について詳細をご確認ください。

会社、取引、見積もり、チケット、カスタムオブジェクトに基づくワークフローのみ

データのないオブジェクトを除外する/含める

会社、取引、見積もり、チケット、およびカスタムオブジェクトベースのワークフローでの登録基準としてプロパティーを使用する場合、データのないオブジェクトを除外したり含めたりするための追加のフィルターオプションが表示されます。このフィルターオプションにより、所定のプロパティーに値が設定されていないレコードをワークフローに登録するかどうかが制御されます。 

exclude-include-objects-with-no-data
既定では、[データのないオブジェクトを除外する]がオンになっています。フィルターで指定されたプロパティーに値が設定されていない場合にレコードをワークフローに登録するには、[データのないオブジェクトを含める]オプションをオンにします。 

注:あるレコードに以前は関連付けがあったが、その後それが削除された場合、そのレコードの関連オブジェクトプロパティーの値は0になります。関連オブジェクトプロパティーにデータがないのは、関連付けがなされたことが一度もないレコードのみです。

商品項目

取引ベースのワークフローでは、関連する商品項目に基づいて取引を登録することができます。これにより、取引に関連する製品に基づいて自動化することができます。

たとえば、「割引率%が10より大きい」というフィルターに基づいて、ワークフローを設定することができます。関連する製品の割引率が10%を超える取引であれば、すべてワークフローに登録すされることになります。

注:商品項目に基づいて取引を再登録することはできません。トリガーでは各取引を1度だけ登録できます。

workflow-enroll-line-item

コンタクトベースのワークフローのみ

プライバシーに関する同意

特定のCookie同意ステータスに基づいてコンタクトを登録します。コンタクトがウェブサイトを訪問し、CookieポリシーバナーでCookieによる追跡を同意、拒否、または取り消すと、この同意ステータスの値が取得されます。

このフィルターを使用するには、[コンタクトのプロパティー]を選択し、[プライバシーに関する同意]までスクロールダウンして、これを選択します。

リストメンバーシップ

特定のリストに参加した時点でコンタクトをワークフローに登録します。コンタクトがリストの条件を満たした時点で、リストのメンバーになり、その後ワークフローに登録されます。

contact-based-workflow-list-membership-criteria

フォーム送信

送信するフォームに基づいてコンタクトをワークフローに登録します。[フォーム送信]トリガーを選択した後、次の操作を行います。

  1. ドロップダウンメニューをクリックし、特定のフォームを選択します。これにより、この特定のフォームを送信したすべてのコンタクトが登録されます。[任意のフォーム送信]を選択して、任意のフォームを送信するコンタクトを登録します。
  2. 特定のフォームを選択した後、ドロップダウンメニューをクリックし、特定のフォームを選択します。これにより、その特定のページで特定のフォームに送信したすべてのコンタクトに絞り込まれます。特定のページがない場合は、[いずれかのページ]を選択します。
  3. 日時およびコンタクトがフォームを送信した回数で送信を絞り込みます。このステップは省略可能です。

注:[has filled out any form submission on any page(いずれかのページのいずれかのフォーム送信に記入した)]という登録トリガーにより、ドキュメントを表示するためにEメールアドレスを入力したコンタクトが登録されます。

contact-based-workflow-form-submission-enrollment-trigger

マーケティングEメールアクティビティー

マーケティングEメールのアクティビティーに基づいてコンタクトをワークフローに登録します。[マーケティングEメール]フィルターを選択した後、次の操作を行います。

  1. マーケティングEメールのアクティビティーを選択します。
  2. ドロップダウンメニューをクリックし、特定のマーケティングEメールを選択します。
  3. 日付別にアクティビティーを絞り込みます。このステップは省略可能です。contacts-based-workflow-marketing-email-enrollment-trigger

Eメールサブスクリプション

Eメールサブスクリプションのステータスに基づいて、ワークフローにコンタクトを登録します。Eメールサブスクリプションのステータスを選択した後、ドロップダウンメニューをクリックしてサブスクリプションを選択します。contact-based-workflow-email-subscription-trigger

インポート

HubSpotに追加された時点で関係していたインポートに基づいてコンタクトを登録します。ドロップダウンメニューを使用して特定のインポートファイルを選択します。contact-based-workflow-import-enrollment-trigger

ページビュー

特定のページビューに基づいてコンタクトをワークフローに登録します。ページビューのオプションには、次のものが含まれます。

  1. コンタクトが過去にURL(完全一致)を訪問した/していない:指定されたURLに完全一致するページビューが、そのコンタクトレコードタイムライン内にあるコンタクト。
    • たとえば、「http://www.domain.com/pricing/marketing」と入力すると、これに完全一致するURLを含む特定のトラッキング対象ページを訪問したことがあるコンタクト、または訪問したことがないコンタクトが表示されます。」が含まれるウェブサイトのページを訪問したことがあるコンタクトが表示されます。ワイルドカード(*)は使用できません。
  2. コンタクトが過去に次を含むURLを訪問した/していない:URLの指定された部分が含まれるページビューが、そのコンタクト レコード タイムラインに内にあるコンタクト。
    • たとえば、「/marketing」と入力すると、http://www.domain.com/marketing/trade-showshttp://www.domain.com/contact/marketing-companyのように、ページURLに「/marketing」が含まれるウェブサイトのページを訪問したことがあるコンタクトが表示されます。ワイルドカード(*)は使用できません。
  3. コンタクトが正規表現に一致するURLを訪問した/していない:regexとも呼ばれるこの高度な機能は、HubSpotサポートではサポートされていないため、正規表現に慣れているユーザーが実装する必要があります。RegExrは、正規表現を学習、作成、テストするための有用なウェブサイトです。regexフィルターを使用した条件に対してコンタクトをテストするためにHubSpotの内部プロセスを複数回実行する必要がある場合、HubSpotは自動的にfalse値を返し、そのコンタクトはそのフィルターの評価に合格しません。このオプションについては、ワイルドカード(*)を使用できます。contact-based-workflow-page-view-enrollment-trigger
注:
  • ファイルマネージャーのファイルURLへの訪問はトラッキングされません。ページ ビュー フィルターにファイルURLを入力しても、登録条件に一致するコンタクトはありません。
  • HubSpotは、コンタクトレコード上の訪問先のURLからUTMパラメーターを切り捨てます。リストおよびワークフローでのクエリ文字列パラメーターの処理方法について詳細をご確認ください。
  • HubSpotは、コンタクトレコード上の訪問先のURLからアンカーリンク(#記号とその後ろに続くテキストなど)を切り捨てます。アンカーリンクまたは#記号を含むページ ビュー フィルターにテキストを入力すると、リスト条件を満たすコンタクトがなくなります。
  • HubSpotは、コンタクトレコード上の訪問先のURLからの末尾のスラッシュを切り捨てます。条件にURLを入力する場合は、末尾のスラッシュを削除する必要があります(末尾のスラッシュがHubSpotによって削除されるため、www.domain.com/directory/ではなく、enter www.domain.com/directoryと入力します)。

行動イベント

これは、HubSpotアカウントでの行動イベントに使用できます。だれがイベントを完了したか、または完了しなかったかに基づいてコンタクトを登録し、日付または回数別にこれを絞り込みます。イベントには、要素クリックイベントURL訪問イベントフォーム送信イベントカスタムイベントなどがあります。 

contact-based-workflow-event-enrollment-triggers

ワークフローステータス

ワークフローステータスに基づいてコンタクトを登録します。これにより、ワークフローでアクティブなコンタクトを登録し、ワークフローの目標を達成し、ワークフローの目標を達成することができます。
ワークフローステータスを選択し、ドロップダウンメニューをクリックしてワークフローを選択します。contact-based-workflow-workflow-status-enrollment-trigger

CTA(Call-To-Action)

特定のCTA(Call-to-Action)がコンタクトに表示された場合、表示されなかった場合、クリックした場合、またはクリックしなかった場合にコンタクトを登録し、日付または回数別に絞り込みます。contact-based-call-to-action-enrollment-trigger

AdWords、Facebook広告、またはLinkedIn広告のプロパティー

以下の広告アカウントでHubSpot広告ツールを使用している場合:

  • Google AdWords
  • Facebook広告
  • LinkedIn広告

対応するAdWords、Facebook広告、LinkedIn広告のプロパティーに基づいてコンタクトを登録します。たとえば、AdwordsのConversion(コンバージョン)のプロパティー値が「true」のコンタクトを登録することができます。