メインコンテンツにスキップ
お客さまへの大切なお知らせ:膨大なサポート情報を少しでも早くお客さまにお届けするため、本コンテンツの日本語版は人間の翻訳者を介さない自動翻訳で提供されております。正確な最新情報については本コンテンツの英語版をご覧ください。

目標に関するレポート

更新日時 2024年 6月 6日

以下の 製品でご利用いただけます(別途記載されている場合を除きます)。

Marketing Hub   Professional , Enterprise
Sales Hub   Professional , Enterprise
Service Hub   Professional , Enterprise

Sales , Service , Marketing or Custom目標を作成したら、そのパフォーマンスをレポートすることができます。目標データは、単一オブジェクトレポートビルダーで使用することも、売上目標参照線をレポートに追加して、長期的な影響を測定することもできます。 

目標別パフォーマンス表示レポート

目標ツール内で個人の目標パフォーマンスを表示。目標の総進捗とユーザー別パフォーマンスを分析する。 

  • HubSpotアカウントにて、[レポートとデータ]>[目標]の順に進みます。
  • 目標の名をクリックする。
  • パフォーマンスページの上部で、使用された目標テンプレート、パイプライン、期間、開始日、終了日および目標の作成者Created byを表示する。
  • サマリータブで、日付範囲ドロップダウンメニューをクリックし、日付範囲を選択する。サマリータブで以下をご覧ください:
    • 総進捗:目標が達成した全体的な進捗。 
    • 実際の目標対ユーザー別目標:目標の目標対実際の進行中を表示。レポートの右上にある「アクション」をクリックし、「レポートを保存」を選択することで、このレポートを保存し、ダッシュボードに追加することができます。 
    • リーダーボード:ユーザーと目標達成の進捗状況をランク付けします。レポートの右上にある「アクション」をクリックし、「レポートを保存」を選択することで、このレポートを保存し、ダッシュボードに追加することができます。 
    • User goals in progress:現在の目標を作成したユーザーによって作成された、ステータスがIn progressの目標の数。レポートの右上にある「アクション」をクリックし、「レポートを保存」を選択することで、このレポートを保存し、ダッシュボードに追加することができます。 
    • User goals achieved:現在の目標を作成したのと同じユーザーが作成した目標を達成した数。レポートの右上にある「アクション」をクリックし、「レポートを保存」を選択することで、このレポートを保存し、ダッシュボードに追加することができます。 
    • User goals missed:現在の目標を作成した同じユーザーが逃した目標の数。レポートの右上にある「アクション」をクリックし、「レポートを保存」を選択することで、このレポートを保存し、ダッシュボードに追加することができます。 
  • ユーザーパフォーマンスタブに移動します。テーブル上部のフィルターを使用して、進捗内訳、チーム、ユーザーでデータを絞り込む。

目標-ユーザー別パフォーマンスタブ

単一オブジェクト・レポート・ビルダーで目標レポートを作成する。

単一オブジェクトビルダーで目標ベースの単一オブジェクトのレポートを作成し、レポートをレポートライブラリーまたはダッシュボードに保存します。シングルオブジェクト・レポートビルダーによるレポート作成の詳細

注: Kpi ユニットタイプフィルタータイプが通貨に設定されている。例えば、番号のように、単位が異なる目標をビューするには、Kpi 単位タイプフィルターを編集します。

  • HubSpotアカウントにて、[レポートとデータ]>[レポート]の順に進みます。
  • 右上のCreate reportをクリックする。
  • レポートをゼロから作成 セクションで、 1種類のオブジェクト を選択します。
  • 目標 を選択する。次に、Nextをクリックします。
  • 上部で、レポートの名前をクリックして編集します。
  • 左のパネルで、目標プロパティーを追加をクリックして、レポートしたいプロパティーを参照し選択する。
    • これらのプロパティーを選択した後、左側のパネルで、プロパティーをドラッグ・アンド・ドロップして、右側の表の列を並べ替えます。
    • プロパティーを削除するには、プロパティー名の横にあるxをクリックします。

プロパティーに目標追加

  • 左上で、Filtersをクリックして、レポートに表示されるレコードをセグメント化します。データを表示するには、レポートに少なくとも1つのフィルターを追加する必要があります。
  • +フィルターを追加をクリックし、レポートをフィルターするプロパティーを参照または検索し、条件を設定します。このレポートはANDロジックを使用してレコードを絞り込むため、オブジェクトがレポートに表示されるためには、全てのフィルターが真でなければなりません。

目標レポートフィルター

  • Visualizationタブに移動し、自分のレポートの外観をカスタマイズします。 
  • 左のパネルで、チャートタイプを選択する。 
  • チャートの設定セクションで、プロパティーを表示セクションにドラッグ・アンド・ドロップして、チャートに追加します。データをプロットするには、日付プロパティーまたは特定のカウントを与えるプロパティーを選択する必要があります。 

ドラッグゴールプロパティー

  • 上のグラフは、目標に対する進捗状況を示している。これは、KPI値、目標金額。
  • 日付プロパティーを持つ折れ線グラフまたはエリア・チャートをレポート・メジャーとして選択した場合、現在のデータ・セットを以前の期間と比較することができます。右上で、表示オプションドロップダウンメニューをクリックします。比較ドロップダウンメニューをクリックし、現在のデータと比較したい日付範囲を選択します。
  • レポートデータのファイルを受け取るには、右上の「エクスポート」をクリックします。ダイアログボックスで、ファイルタイプを選択し、エクスポートをクリックします。

注:エクスポートは、Dataタブの「選択したプロパティー」セクションに追加されたプロパティーだけを含めます。

  • レポートが完成したら、「保存」をクリックして、保存したレポートのリストに追加します。

取引ベースのレポートに取引ベースの目標データを追加する。

取引ベースのレポートに売上目標データを使用します。目標データは、「棒」グラフ、「縦棒」グラフ、「折れ線」グラフ、「面」グラフで使用できます。

注:ゴールは、1種類のオブジェクトのみを使用して作成されたレポートビルダーおよびで作成されたレポートのドロップダウンメニューに表示されます。 

  • HubSpotアカウントにて、[レポートとデータ]>[ダッシュボード]の順に進みます。
  • 取引ベースのレポートの右上で、filter表示と絞り込みアイコンをクリックします。

表示と絞り込み

  • フィルター タブで、 目標 ドロップダウンメニュー をクリックし、 目標 を選択する。[目標]ドロップダウンメニューには、同じ日付プロパティーとレポートの頻度を使用している目標のみが表示されます。
  • レポートが更新され、目標データが表示されます。

注:

  • 例えば、レポートの頻度を月間に設定すると、週間目標は月間目標として表示されます。一方、その逆にはなりません。月間目標を週間目標として表示することはできません。
  • 目標の日付範囲は、レポートの日付範囲内でなければならない。


目標のレポート

  • 右側のパネルで、必要なフィルターを追加します。目標を選択した後にレポートフィルターを編集した場合、目標はレポートから削除され、再度選択する必要があります。
  • レポートをさらにカスタマイズするには、左下の[カスタマイズ」をクリックします。目標データがグラフに表示されているレポートの場合、そのレポートをそれ以上カスタマイズすることはできないため、このオプションは無効になっています。カスタマイズオプションを有効にするには、レポートから目標を削除します。
  • [保存]をクリックします。

レポートビルダーに売上目標の基準線を追加する

単一オブジェクトの取引レポートを作成して収益目標を追跡することにより、経時的な影響を測定できます。HubSpotはレポートライブラリー標準レポート一式を提供しており、ProfessionalおよびEnterpriseユーザーはこれらのレポートをカスタマイズまたはカスタムレポートを作成することができます。

このタイプのレポートは視覚化を目的として使用されるべきであり、売上目標データをレポートに追加することはない。 

収益目標レポートを作成する際には、次の点にご留意ください。

  • レポートビルダーの表示オプションを調整することで、レポートに収益目標を追加することができます。日付プロパティーを含む単一オブジェクトの取引レポートである必要があります。また、レポートでは「線」グラフ、あるいは「面」グラフを使用する必要があります。

    月次の基準線を含める
  • カスタム単一オブジェクトレポートで収益目標を使用する場合は、目標に関連付けされた特定のパイプラインのフィルターを含めることをお勧めします。それ以外の場合は、全てのパイプラインがレポートに含まれます。
  • 収益目標は、(目標収益/選択された日付範囲の合計日数)x選択された日付範囲内での現在までの日数として計算されます。例えば、レポートの日付範囲が「今月」に設定されている場合、次のように計算されます:(目標収益/今月の日数)x現在までの今月の日数。

高度なカスタム レポート ビルダーで作成したレポートに手動で目標を追加できます。月間目標は、カスタム レポート ビルダーにより以下のチャートタイプで追加できます。

  • X軸が日付プロパティーの縦棒グラフ、折れ線グラフ、面グラフ。
  • Y軸が日付プロパティーの横棒グラフ。

レポートが上記の条件のいずれかを満たしている場合、レポートビルダーのConfigureタブのChart Settingsをクリックすることで、レポートに月間目標を追加することができます。

レポートビルダーのグラフ設定

この記事はお役に立ちましたか?
こちらのフォームではドキュメントに関するご意見をご提供ください。HubSpotがご提供しているヘルプはこちらでご確認ください。